【呪術廻戦】裏梅の正体とは?術式や強さ、両面宿儺との関係もネタバレ考察!
出典:pixiv@黒蜜

「呪術廻戦」において、夏油と行動を共にしていた謎の呪術師・裏梅。

その見た目から五条悟と関係が深いと噂される人物ですが、正体が気になりますよね。

そこで今回は裏梅について紹介し、両面宿儺との関係まで考察したいと思います。

【呪術廻戦】裏梅とは?術式や強さを紹介


裏梅のプロフィールを紹介

名前裏梅(うらうめ)
年齢不明
誕生日不明
所属不明
趣味・特技不明(料理は得意)
ストレス不明
声優不明

裏梅は京都姉妹校交流会の際に、偽夏油に協力する謎の呪詛師として登場したキャラクターです。

本格的に本編に登場するのは渋谷事変からですが、初登場時とは打って変わって呪詛師らしい残忍な表情と圧倒的な強さで読者に衝撃を与えました。

可愛らしい見た目と華奢な体つきから女性のようにも見えますが、現時点では性別不詳。

詳しい正体も分かっていませんが、千年前から宿儺と面識があり、宿儺復活のために偽夏油(羂索)に協力しているようです。

裏梅の身長は分かっていませんが、重面春太や伊地知潔高と同じかそれ以下に見えるので、170㎝以下(165㎝位?)と推定されます。

また、五条悟と同じ白髪と長いまつげ、白っぽい瞳が特徴的で、五条家の人間ではないかと噂されました。

初登場時はセリフがなかったのでどんな性格なのか分かりませんでしたが、渋谷事変で再登場した際は呪詛師らしい残忍な表情を見せました。

千年前から宿儺と面識があり、未だに宿儺の完全復活を目論んでいるので、その忠誠心は相当なもの。

ちなみに虎杖悠仁を宿儺の肉体だと認識し、少しでも虎杖悠仁が無茶をしようものなら不機嫌になります。

普段は宿儺だけでなく偽夏油(羂索)一派にも丁寧な言葉づかいで話しかけていますが、戦闘時には雰囲気が一変。

荒々しい言葉遣いで怒りをあらわにし、日下部や脹相を圧倒しました。


裏梅の術式や強さは?

裏梅の術式は氷凝呪法(ひこりじゅほう)です。

絶対零度の氷を生み出し、氷で相手の動きを止めたり、鋭利な氷で攻撃したり、汎用性の高い術式です。

攻撃の範囲はとても広く、渋谷事変では5人以上の術師の動きを一斉に足止めしました。

自由自在に氷を操る技ですが、術師本人に限界が来ると氷は解けてしまいます。

また、裏梅は呪力コントロールに長けており、後述する霜凪を使った際は、虎杖悠仁だけ氷結具合を甘くしていました。

反転術式も使用でき、自身の体を回復させながら戦うことも可能。

本来、反転術式は高等技術であり、作中でも使用できる術師は限られています。

最強の呪術師である五条悟ですら命の危機に陥って初めて会得できた技術。

繊細な呪力操作が求められるため、作中でも使用できる者は限られています。

しかし、裏梅は当たり前のように反転術式を使いこなしており、呪術師としての強さ特級に匹敵するのではないかと考えられます。

裏梅が見せた氷凝呪法の技は以下の2つ。

氷凝呪法 霜凪(しもなぎ)

 

口から冷気を吐き出し、周囲を氷結させる技。

攻撃範囲が非常に広く、絶対零度の氷で氷結させるので、巻き込まれた呪術師は氷から抜け出すことは出来ません。

渋谷事変では虎杖悠仁、パンダ、加茂憲紀、日下部篤也、脹相の5人が巻き込まれ、足止めを余儀なくされました。

氷凝呪法 直瀑(ちょくばく)

 

巨大な氷を発生させる技で、攻撃にも防御にも応用可能。

敵の上部に氷を生み出し一気に落下させたり、敵めがけて鋭利な氷を投げ飛ばしたり、殺傷能力が高い技といえます。

また、自身の前に発生させることで防御として使うことも。

【呪術廻戦】裏梅の初登場はいつ?声優は誰?

裏梅の初登場は53話


おすすめの記事