ヒロアカネタバレ364話|デクがついに戦場へ到着する?

2022年8月29日発売の週刊少年ジャンプ39号に掲載の「僕のヒーローアカデミア」第364話のネタバレをご紹介します。

ヒロアカネタバレ364話


ヒロアカネタバレ364話|オールフォーワンに託したもの

死穢八斎會が密造していた”個性”消失弾を奪い、”個性”因子を破壊する生成液を押収した死柄木。それを受け取った殻木(ドクター)はすぐに複製を試み、精製の過程で消失弾とは異なるオリジナルの効果に着目することに。

大元はエリちゃんの”個性”であり、終末論はやはり正論であったと再認識する殻木。使えるのは一度きりの「巻き戻し」の効果を持つものを生み出すと、自身に万が一があった場合に備え、詳細と共に潜伏予定地に残していました。

願わくばキミ自身の心に 憎悪が宿らん事を」と殻木が残したメッセージを聞きつつ、殻木の残したものを手にするオールフォーワン。このときオールフォーワンはなにを思ったのでしょうか。


ヒロアカネタバレ364話|オールフォーワンが全盛期の肉体を取り戻す

場面は現在へと戻り、肉体を若返らせつつ「誇れエンデヴァー!」「まさか君相手にこの切札を切るとは思っていなかった!」と口にするオールフォーワン。

オールフォーワンが全盛期の肉体を手にしたことに息絶え絶えの状態で言及するエンデヴァーと、オールフォーワンがエリちゃんの”個性”を再現したことに気付く常闇。

空中に浮いていたオールフォーワンが地面へと降りていくのを見て「マズい!」と追いかけていくホークスの一方で、オールフォーワン体が絹のように軽いという感覚を得ます。

そのまま地面に降り立ったオールフォーワンは、ヒーローの間を駆け抜けて”個性”を奪い、ついでに奪ったマントを裸の肉体に纏うことに…。

ヒロアカネタバレ364話|死柄木の元に向かうつもりのオールフォーワン

オールフォーワンの手からヒーローを奪い返しつつ反撃を加えたホークスに対し、肉体を再生させながら「この”巻き戻し”は使ったが最後 最終的に僕は消えて失くなる」と明かすオールフォーワン。

”夢”のバトンは死柄木に引き継がれていると続けるオールフォーワンは、自身の残る役目はヒーローたちの罠から死柄木を救い出すことであり「行かせてもらうよ」と口にします。

オールフォーワンが自滅上等の超強化をしていると察したホークスは、エンデヴァーがもう一発プロミネンスバーンを撃てればまだなんとかなると思い、時間を稼ぐためオールフォーワンの夢・OFAを手に入れた先の話を聞くことになります。


ヒロアカネタバレ364話|オールフォーワンの目的

ホークスの問いを受けて「単純だよ コミックに影響されてね」と答えるオールフォーワンは、コミックの悪役が世界中から恐れられていた理由を問い返します。

「悪いことするから?」とのホークスの返答に、オールフォーワンは「悪いこと」の定義について語り始めます。

文化も価値観も無数に広がる世界で、誰もが顔をしかめ嫌悪する行為の正体を、思い描く未来を阻まれることと言うオールフォーワン。

だから僕はね 世界中の未来を阻みたい」「ただ そう在りたいと願っただけだ」と、体を巻き戻しつつ自身の目的を明かすことになったのです。

ヒロアカネタバレ364話まとめ

今回ドクターは個性破壊精製液から巻き戻し精製液を創造、そしてオールフォーワンは全盛期の肉体に若返って復活してしまいました。しかし巻き戻りは止まらず最終的にはオールフォーワンは消滅してしまいます。

一方アメリカ大統領と先進国は、死柄木に迎合する方針を見せていました。これは意外でしたね…。ヒーローは、紡ぎ次に繋げる為に力を使ってきたのではないのかとブチギレるティムには同情しました。

そして今回最大の見せ場が、首だけになっても食らいつく覚悟のミルコでした。これは見ているだけでも辛かったですよね…。さらにエッジショットが忍法千枚通し極で、爆豪を蘇生手術していました。

果たして爆轟は助かるのでしょうか。

ヒロアカ365話の確定情報が出てきましたら、随時情報を更新していきますので、お楽しみに。


おすすめの記事