キングダムネタバレ730話|秦軍は宜安城を落とせる?

2022年8月25日発売の週刊ヤングジャンプ39号に掲載されるキングダム第730話のネタバレをご紹介します。

キングダムネタバレ730話考察


キングダムネタバレ730話考察|ついに出撃の許可がおりる?

第729話で紅春が宜安城に迫っていました。紅春は氾善と共にありましたが、彼は砂鬼一家と共に信達の元にいました。紅春がいると言う事は信達が出撃の許可を出したのでしょう。

信は砂鬼一家を連れていくのに非常に不服だとは思いますが、損害が出ているので部下達からの説得を受け、渋々了承したのだと思います。

蒙恬は話を聞いて、一理あると評して許可を出したんじゃないでしょうか。

キングダムネタバレ730話


キングダムネタバレ730話|飛信隊は宜安城に向かう

飛信隊は楽華隊、氾善、砂鬼一家と共に宜安城を落としに向かいます。蒙恬が無事なようで安心しましたね。ただ陥落させるだけじゃなく、連動するように周辺にある赤麗、肥下も陥落させないと無意味です。

宜安の西の赤麗、東の肥下をとれれば、戦況は大きくうごくでしょう。そのためには桓騎隊との連携が大事になってくるのですが、彼らがどうしているか不明なのでちゃんと動いているのを前提として彼らは動いていました。

ちなみに桓騎は赤麗をせめているという前提になっています。果たして本当に攻めてくれているのか…やはり桓騎が戦いの大きなカギを握っていそうですね。

キングダムネタバレ730話|信に狙いを定める

一方で、趙国は戦いに勝利したのもあり、完全に舞い上がっていました。しかし、趙軍の将軍である虎白公だけは警戒心を捨ててはいませんでした。

その理由は飛信隊の存在であり、この部隊がいる限りは李牧の作戦通りに進まないと考えていました。今は桓騎を追って、残党狩りをしている趙軍。

だからこそ無視してしまった飛信隊が、強烈な勢いで迫ってくると感じ取っているのかもしれません。これからの展開を考えて、虎白公の考えは不運にも当たっているといえるでしょう。


キングダムネタバレ730話|紅春は力づくで突破?

紅春は数十人の兵士を乗せることが可能ですが、その反面その人数で敵を倒し、扉を開けないといけません。そのため、飛信隊の田有、竜川、中鉄の力自慢による突破が重要となって来るのです。

あたりまえですが、これは絶対に敵側も気づきます。なので精鋭部隊で一気に突破することが必要になるんです。つまりこの作戦を成功させるためには、一瞬で終わらせるのが重要という事になってきます。

キングダムネタバレ730話まとめ

今回蒙恬に宜安城攻めの事を話した信は、他人の協力があれば、落とせるかもしれないと言って攻める事にしました。李牧軍の方は殆どの者達は楽勝ムードを漂わせていたが、一部の者は信を警戒していたのです。

そして飛信隊は紅春に乗って突入していくが、数の多さに苦戦を強いられてしまいます。誰もが万全じゃない中、信は怪力三人衆の力で人を突破して城門を開けようとしたのです。

果たして飛信隊はこれからどうなっていくのでしょうか。

キングダム730話の確定情報が出てきましたら、随時情報を更新していきますので、お楽しみに。


おすすめの記事