【ワンピース】古代兵器プルトン最新まとめ!正体や強さをネタバレ考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピースの世界に古くから存在する古代兵器として、作中で初めて名前が登場した古代兵器プルトン。

実物はワノ国で眠っていると判明しましたが、実際に作中でその姿が描かれたわけではなく、プルトンの正体が注目されています。

今回はそんなプルトンについて、正体や強さを徹底的に解説・考察していきます!

ワンピースのプルトンとは

まずはプルトンについて、基本的な情報をみていきましょう。

プルトンとは古代兵器の一つ

プルトンとは、ワンピースの世界で古代兵器と呼ばれる、古くから存在する兵器の名前です。

古代兵器は全部で3つ存在し、3つともが神の名前を冠しています。

プルトンは作中で初めて登場した古代兵器で、ワンピースの世界では“世界最悪の戦艦“とも呼ばれているようです。

プルトンの在り処は既に作中で明かされていますが、実物までは描かれておらず詳細は謎に包まれています。

古代兵器とは

古代兵器
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

古代兵器とは、ワンピースの世界に存在する兵器のことで、それぞれが世界に大きな影響を与えるほどの力があるとされています。

また、古代兵器の在り処はそれぞれ別の場所に存在するポーネグリフに刻まれているのですが、古代兵器が復活することを恐れている世界政府によって研究などは許されていません。

ポセイドン

作中で2番目に登場した古代兵器です。

その正体はなんと生きた人魚姫であり、現代のポセイドンはしらほし姫です。

ポセイドンの力を持つ人魚は数百年に一度のタイミングで生まれ、海王類と言葉を交わしたりその行動を操ることができるとされています。

悪意を持って使えば、世界を海に沈めることもできるほど強力な力ですが、正しく導くものが現れるとも言われており、魚人たちと人間が共存する上で重要な力なのではないかと考察されることが多いようです。

詳しくはこちらの記事で解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

ウラヌス

未だ実物が作中で登場していないと思われる古代兵器です。

名前以外、どのような形をしているのか、どんな能力を持っているかなど、全く明かされておらず、古代兵器の中で一番謎に包まれています。

正体の考察などはこちらの記事で詳しくまとめていますので、ぜひチェックしてみてください!

プルトン

本記事で紹介する、作中で一番最初に登場した古代兵器です。

プルトンを狙っていたクロコダイルのセリフによって、「島を一つ消し飛ばすほどの力を持った世界最悪の戦艦」だと判明しました。

造られたのはウォーターセブンですが、なぜか現物はワノ国に眠っており、まだまだ謎な部分が多いです。

プルトンの在り処とポーネグリフの場所

プルトンのポーネグリフ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

古代兵器は、在り処を示すポーネグリフがそれぞれ存在しています。

古代兵器ポーネグリフ在り処
ポセイドン空島スカイピア魚人島
ウラヌス不明不明
プルトンアラバスタワノ国

プルトンの在処は、アラバスタのポーネグリフに刻まれていました。

クロコダイルがプルトンを手に入れるためアラバスタを侵略し、ロビンと共にポーネグリフを見つけ出しますが、ロビンはこの時嘘の情報を伝えることでプルトンの在り処を隠しました。

ワンピースのプルトンの正体と強さ

次に、プルトンの正体と強さについてみていきましょう。

プルトンとは「島一つ消し飛ばす世界最悪の戦艦」のこと

古代兵器プルトン
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

前述のようにプルトンは世界最悪の戦艦と呼ばれています。

その威力は島を一つ消し飛ばすほどで、海賊であるクロコダイルのみならず、世界政府の機関であるCP-9もプルトンの設計図を狙っていました。

プルトンは実物がまだ描かれておらず、強さについて詳細な情報はありませんが、CP-9がその設計図を手に入れるためにわざわざウォーターセブンに数年間も潜伏していたことから、非常に強力な代物であることは間違いなさそうです。

また、その設計図を受け継いでいたアイスバーグとフランキーは、設計図を見ただけで一瞬言葉を失うほど衝撃を受けていました。

アイスバーグは「何の為にこんなもの…」とまで言っていたので、やはり見ただけで最悪と分かるような戦艦なのでしょう。

おすすめの記事