【ワンピース】古代兵器ウラヌスはイム様と関係が?正体や能力を徹底考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピースの世界に古くから存在する古代兵器の中でも、唯一情報が全く明かされていない古代兵器ウラヌス。

これまでその正体について様々な考察がありましたが、1060話で国一つが丸ごと壊滅するという事態に、ウラヌスによる攻撃ではないかと注目が集まっています。

今回はそんなウラヌスについて、正体や強さを徹底的に解説・考察していきます!

ワンピースのウラヌスとは

まずはウラヌスについて、基本的な情報をみていきましょう。

ウラヌスとは古代兵器の一つ

ウラヌスとは古代兵器と呼ばれる、古くから存在し強大な力を持つと言われる兵器のうちの一つです。

ウラヌスを含めて3つの古代兵器があり、全てに神の名前がつけられています。

その中でもウラヌスは、唯一情報がほとんど明かされていない謎に包まれた代物です。

古代兵器とは

古代兵器とは前述のように、ワンピースの世界に古くから存在する兵器のことですが、詳しい情報はあまり明かされていません。

世界政府が研究を固く禁じていることも古代兵器について明かされていない理由の一つで、禁じている理由は古代兵器の復活を恐れているからだと言われています。

プルトン

古代兵器プルトンとは
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

作中で一番初めに登場した古代兵器で、世界最悪の戦艦と呼ばれています。

かつてウォーターセブンで造られたこと、設計図があったが現在は燃やされてしまったこと、実物はワノ国に眠っていることが判明していますが、実物は未だ描かれていません。

プルトンが眠っているのはワノ国の地下深くのようで、取り出すためには、ワノ国を囲んでいる巨大な壁を取り払い「開国」する必要があるそうです。

プルトンの威力は一発で島一つを丸ごと消し去るほどらしく、これまでにクロコダイルやCP-9が実物や設計図を手に入れようとしてきました。

プルトンについてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、是非チェックしてみてください!

ポセイドン

古代兵器ポセイドン
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

一番情報が明かされている古代兵器で、作中では2番目に登場しました。

その正体は「海王類と会話し行動を操ることができる人魚姫」のことで、現代のポセイドンはしらほし姫です。

ポセイドンは数百年に一度生まれてくるそうで、海王類たちはポセイドンのことを「王」と呼んでいます。

悪意の元に使えば世界を海に沈めてしまうほどの強力な力らしいのですが、ポセイドンが生まれる魚人島の王族には「ポセイドンの元には正しく導くものが現れる」と言い伝えられています。

ポセイドンについてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、是非チェックしてみてください!

ウラヌス

ウラヌスは本記事で紹介する古代兵器で、一番謎に包まれている代物です。

いつ造られたのか、誰が何のために造ったのかだけでなく、どのような形をしているのかすら明かされていません。

そんなウラヌスは現在、様々な内容の考察が登場しています。

  • 元々は月にあったのではない
  • 空を飛ぶ物体ではないか
  • 気象を操れるのではないか
  • 海軍が所有しているのではないか

ウラヌスの在り処とポーネグリフの場所はどこなのか

次にウラヌスの在り処とポーネグリフの場所について考察していきましょう。

古代兵器には在り処を示すポーネグリフが存在する

ポーネグリフには、それぞれの古代兵器の在り処を示すポーネグリフが存在します。

誰がどのような意図で遺したのかは判明していませんが、ポーネグリフは空白の100年に作られたもののため、古代兵器はその以前から存在していたことになります。

また、現代で唯一古代文字を解読できるロビンも、ウラヌスなどの古代兵器のことを「古代兵器」と呼んでいることから、ポーネグリフにも「古代兵器」と記されている可能性があります。

そうなると、空白の100年の時点ではすでに「古代から存在する代物」として扱われていたということになるため、もしかしたらウラヌスなどはもっとずっと前から存在しているのかもしれません。

なお、ポーネグリフや古代兵器の研究は世界政府が禁じており、それらの在り処はその土地の王族などの限られた人にしか伝わっていないようです。

空白の100年についてはこちらの記事で解説・考察していますので、是非チェックしてみてください!

ポセイドンの在り処とポーネグリフの場所

ポセイドンのポーネグリフ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ポセイドンの在り処は魚人島です。

レッドラインの上には天竜人が住む聖地マリージョアがあるのですが、魚人島はその真下の海底1万mの場所にあります。

現代のポセイドンはこの魚人島にあるリュウグウ王国の人魚姫です。

在り処が記されているポーネグリフは、スカイピアという空島のアッパーヤードと呼ばれる土地にあります。

アッパーヤードはジャヤ島ともいい、このジャヤ島にはシャンドラの鐘という巨大な鐘があるのですが、ポーネグリフはこの鐘の鐘楼の中に収められていました。

プルトンの在り処とポーネグリフの場所

プルトンのポーネグリフ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

プルトンの在り処はワノ国です。

世界政府の非加盟国で、島全体を囲む巨大な壁から常に流れ出ている水が滝となり、正規の入国方法以外では滝を登らないと入国できないという珍しい地形になっています。

そんな国の地下深くにプルトンは眠っており、取り出すためには「開国」と言って、島を囲う巨大な壁を取り除かなければいけないそうです。

在り処が記されているポーネグリフは、アラバスタにあります。

アラバスタの王宮近くには葬祭殿と呼ばれる場所があり、ここには王家の墓が安置されています。

ポーネグリフは、この葬祭殿にある隠し階段から進んだ先の地下祭殿にありました。

ウラヌスの在り処とポーネグリフの場所を考察

ウラヌスの在り処とポーネグリフの場所を考察するために、現在在り処が判明しているプルトンとポセイドンに共通すると言われる法則をみていきましょう。

神話との関連の法則

モデルになった神話に関連している法則

ポセイドン
モデルの神話海洋神
在り処海底にある魚人島
プルトン
モデルの神話冥府神
在り処ワノ国の地下

真逆の法則

ポセイドン
モデルの神話上空1万メートルの空島
在り処海底1万メートルの魚人島
プルトン
モデルの神話砂の国アラバスタ
在り処海に沈んだワノ国

ウラヌスとポーネグリフの場所

上記二つの法則に沿ってウラヌスとポーネグリフと場所を考察すると、以下の場所にある可能性が高いと言えます。

  • 神話のウラヌスは「天空神」のため、「天」「空」に関係している場所にある
  • ”宝樹アダム”があるエルバフ
  • ”陽樹イブ”がある聖地マリージョア

後ほど解説する1060話で登場した「巨大な何か」がウラヌスであった場合、現在世界政府の手中にあることになり「”陽樹イブ”がある聖地マリージョア」にあるという場所の考察とも合致します。

また、神話から場所を考察する説では、天空神という名前から空島にあるのではないかとも言われていましたが、こちらも「天」繋がりで、天竜人の元にあると考えることもできそうです。

天竜人についてはこちらの記事で詳しく解説・考察しています。ぜひチェックしてみてください!

おすすめの記事