ワンピース1072話ネタバレ|覚醒カクVSゾロ!ステューシーの正体判明

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年1月23日(月)発売の週刊少年ジャンプ8号に掲載される『ONE PIECE』1072話のネタバレをご紹介します。

ワンピースネタバレ1071話のおさらい

ワンピースネタバレ1071話①くまはレッドポートに辿り着きある場所へ向かっていく

  • ワンピース1071話のタイトルは「英雄出撃」
  • 本編はレッドラインが映る場面から始まります。
  • くまはレッドラインにある港”レッドポート”に辿り着き、港にいた民衆はくまの突然の出現に慌てふためき、パニックに陥ってしまいました。
  • くまはそのまま、港とマリージョアを結ぶエレベーターの近くにある世界政府のシンボルへと向かっていきます。
  • 場面はエッグヘッドへと戻り、ルッチは海軍の命令に従うつもりはなく、ルフィとベガパンクを早く攻撃したいようです。
  • その後、ルッチはエッグヘッドの港を封鎖し、船が入ってこれない様にしました。
  • ルッチは「麦わらは四皇じゃない!!」といい、とても怒っています。

ワンピースネタバレ1071話②ベガパンク達の脱出には”あの人”の助けがいる

  • ベガパンク達はサニー号に乗って脱出する為に、バッグに必要な物を入れ、脱出準備を始めていました。
  • 麦わらの一味とベガパンク達の内の7人は脱出準備が出来て、サニー号へ乗り込みます。
  • そんな脱出準備をしている中、ベガパンクは自分達を助けてくれる人物がエッグヘッドに1人いるといいました。
  • ですが、エジソンはその人物が自分達を助けると、世界政府によって追い詰められ、エッグヘッドにいられなくなるといい、その人物への連絡を躊躇してしまいます。
  • しかし、ベガパンクはそれでも”あの人”の助けが要ると言い、”あの人”へ連絡しました。
  • ベガパンクの連絡に応じた”あの人”は丁寧な言葉づかいでベガパンクに話しかけます。
  • ベガパンクは”あの人”に自分達がエッグヘッドを離れている間、CP0の相手をしてくれないかと頼みました。
  • ”あの人”は「了解しました、自分が食い止めます。」といい、CP0の足止めを手伝ってくれることになります

ワンピースネタバレ1071話③ゾロVSカク、エッグヘッドの地にて再戦!

  • ラボにある制御室で、誰も操作していないにも関わらず、ラボを覆っていた”フロンティアドーム”が消えてしまいました。
  • ドームが消えたルッチ達は、自分達をおびき寄せる罠だと考え、ステューシーもそう考え困惑します。
  • それでもラボを覆っていたドームが消えたので、ルッチ達はカクとステューシーを引き連れ、月歩を使ってラボへと接近しました。
  • それ以外のCP0とセラフィムはその場で待機します。
  • その頃、ピタゴラスは何らかの理由でラボへと引き返しますが、既にルッチ達が侵入していました。
  • ルッチはラボフェーズの入り口に停めてあったサニー号を見つけ、カクに船を破壊する様に命じます。
  • 命令に応じたカクは、サニー号を”嵐脚”で破壊しようしますが、目が覚めたゾロに”嵐脚”を止められてしまいました。
  • その後、ゾロとカクは戦いを始めます。

ワンピースネタバレ1071話④ガープがコビー救出に!キッド達はエルバフ到着

      • ルフィ、チョッパー、ジンベエ達は、他の麦わら一味と合流できましたが、ベガパンクがいない事にロビンが気付きました。
      • その頃、ボニーはベガパンクを追いかけ、彼へ攻撃を仕掛けます。
      • ベガパンクはボニーに話を聞いてくれと言い、もうくまを元の人間に戻す事が出来ないと言ってしまいました。
      • くまが元の人間に戻れないには理由があるようです。
      • その頃、ルフィ達と別れたキッド達は、エルバフへと近づいていました。
      • 行く手を阻む霧の中には巨大な島のシルエットが写り、島の中にいる子供がキッド達の船を見て、とても興奮しています。
      • そして、海軍G-14支部へと場面が切り替わり、ドール中将は電伝虫越しに誰かと言い争っていました。
      • どうやら、ドールが話している人物はガープで、言い争っている内容は、ガープがヘルメッポ達を連れていこうとしているからです。
      • ドールは、黄猿の命令で、これから部下達を率いてエッグヘッドへと向かう事になっており、ガープがその命令の邪魔をしているようでした。
      • しかし、ガープが乗る軍艦は既にG-14支部へ到着しており、そこで泣いているヘルメッポとひばりに話かけます。
      • ガープは「ヘルメッポ、ワシの船に乗れ!!海賊を倒して、コビーを助けに行くぞ!!」と叫ぶところで終了です

          ワンピース前回1071話のネタバレ詳細は下記よりご覧ください。

          ワンピースネタバレ1072話

          ワンピース1072話のネタバレ情報をお届けします。

          ※本編ネタバレが含まれておりますので、本誌派やアニメ派の方はご注意ください。

          MADSが過去に作り出したクローン

          ワンピース1072話のタイトルは「記憶の重さ」です。

          扉絵連載はジェルマ66のあゝ無感情海遊記Vol. 28のタイトルは「殺戮兵器の大量生産」で、クイーンはウィルス、ジャッジは槍、シーザーは人造悪魔の実を造っている様です。

          どうやら、各々が得意分野の殺戮兵器を作成しており、ハッキリ言って平和の為に研究しているとは思えません。
          やはり、MADSは平和とは名ばかりの殺戮組織なのでしょうか。

          本編はMADS時代のベガパンクのナレーションから始まります。

          どうやら、MADSは世界で初めてある女性のクローンを造り出した様ですが、世界からすれば人間が人間を造り出したという事に反対の声があるようですね。

          しかし、クローンは世界にとって平和への大きな一歩になるとベガパンクは確信している様です。

          少なくとも、ベガパンクはクローンを悪事に使うような人物ではないでしょう。このクローンの女性は一体誰なのでしょうか?

          ボニーの能力で赤ちゃんになるベガパンク

          場面は代わり、子供の姿になったボニーが泣いています。

          骨が折れたかもしれないと大声で泣くボニーに、それまで逃げていたベガパンクはボニーを心配し、医療班を呼ぶように手配しました。

          それまで自分を殺そうとしたボニーを心配するあたり、ベガパンクはお人よしといえるでしょう。

          しかし、ボニーは最初から骨が折れておらず、ベガパンクが近づくのを待っていたのです。

          ボニーは”ディストーションフューチャー”という直訳で”歪んだ未来”と呼ばれる技を叫び、大柄な女性になって鉄パイプでベガパンクを叩き潰そうとしました。

          ベガパンクはその攻撃を回避してそのまま逃走しますが、ボニーの次の攻撃を喰らってしまいます。

          その攻撃はベガパンクの年齢を赤ちゃんの年齢に戻す恐るべきモノでした。
          攻撃を喰らったベガパンクから光る宝石が飛び出し、この光る宝石こそがベガパンクの年月のようです。

          ベガパンクは「非力な子供に戻しておって…返せ私の輝ける年月!!」とボニーに怒りますが、彼よりも怒っているボニーには通用しませんでした。

          ボニーは怒りながら何故父を殺したのかと聞きますが、ベガパンクはその理由を頑なに話そうとしません。

          人の魂の重さは21グラム?

          場面が変わり、くまはレッドラインを素手で登っていました。しかし、海兵がくまを狙い撃ちし、彼を落とそうとしています。

          そんな現在のくまを映しながらも、ベガパンクは”くまを殺した理由”を娘であるボニーには絶対に話さないと約束していたようです。

          さらにベガパンクは自我を失うという決断はくま自身が決めたことをボニーに伝えました。

          そのベガパンクの言葉に、ボニーは「嘘をつけ!!父があたしを置いて死のうとする筈がねェ!!お前が殺したんだ!!」と叫びます。

          しかし、ベガパンクもくまの決断に「私だって辛かった!!思い出したくないくらいにな!!」と涙を流しボニーへ言い返しました。

          ボニーは質問に答えないベガパンクに苛立ち、彼を地面に叩き落します。その直後、ボニーは背後にあったあるものに気付きました。

          ベガパンクはボニーが気付いたものに対して、それは全くくまと関係ないと慌てて叫びますが、無視してそれに向かうボニー。

          ボニーが気付いたものとは、肉球のマークが描かれたロック付きのドアのことでした。

          ボニーはドアのロックを”オイルショック”という技で朽ちさせると、部屋に入ります。そして、ボニーの目の前に現れたのは巨大な肉球の形をしたエネルギーでした。

          ベガパンクはボニーが発見した肉球の形をしたエネルギーを見て、昔のことを思い出します。

          それはくまとベガパンクが実験室である話をしていました。

          それは西の海の学者が人は死ぬと21グラムの質量を失うということ、つまりその21グラムの質量こそが人の魂の重さになるらしいです。

          ベガパンクはそれが実に面白く、人の魂は確かに実在すると考えるようになります。

          そこで、ベガパンクは患者服姿のくまに対して、ニキュニキュの実の力は本来形にないものを形にする能力だといいました。

          痛みを形に出来るのであれば、想像や記憶も形に出来るのではないかと考え付いたようです。

          確かにスリラーバーグ編で、くまはルフィのダメージを肉球の形に変えていましたね。

          要するに、ベガパンクはくまの記憶をニキュニキュの実の力で弾きだして欲しいという事です。

          くまは俺に恥をさらせというのかといい、ベガパンクの頼みを断りますが、そこをなんとかと頼み込むベガパンク。

          そして場面は現在に戻り、巨大な肉球の形のエネルギーを目の前にするボニー。

          ベガパンクはその巨大な肉球の形のエネルギーは”痛み”であり、しかも死ぬほどの痛みだから触るなと叫びます。

          しかし、ボニーは父の能力ならよく知っているといい、このエネルギーの正体はくまの記憶だと見ぬいていたのです。

          つまり、くまはベガパンクの頼みに応じたという事になりますね。

          おすすめの記事