呪術廻戦ネタバレ225話|まさかの弱点を突かれて五条が大ピンチ!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

離れた場所から、宿儺と五条の戦いの様子を見守っている虎杖たち。
領域の話、展延の話、必中効果の話。
読者がうっかり忘れていたことや、見落としていたことがすべて語られていました。

そして、宿儺の領域展開がどれだけあり得ない離れ業なのかも、改めて描写されます。

観戦組の疑問は解決しないまま、戦局はついに双方の領域展開へと突入。
そのとき、誰もが忘れていたある事実が、五条をピンチに追い込んだのです。

まさかのラストに読者から悲鳴が上がった第225話「人外魔境新宿決戦③」のネタバレです。

呪術廻戦前回224話のおさらい

先制攻撃に成功した五条でしたが、宿儺は五条の「挑戦者」という言葉を嘲笑います。
宿儺に言わせれば、五条は俎板の上の魚であり、他より多少活きがいいだけの獲物にすぎない。
一方の五条も、伏黒甚爾そっくりな伏黒恵が相手であれば、手加減なしで戦えると言い放ちます。

ビルを巻き込みながら戦い続ける五条と宿儺。
しかし宿儺の「解」は、やはり五条には届きません。
遮蔽物を利用しながら戦い続ける二人のおかげで、新宿の街に甚大な被害が早くも生じていました。

今のところ、五条も宿儺も無傷です。
五条は、この破壊はすべて宿儺のせいにする、と発言。
聞き流す宿儺にも、まだかなりの余裕が感じられました。

呪術廻戦ネタバレ最新話225話の考察

呪術廻戦ネタバレ最新話225話の考察|歌姫の術式の効果はいつまで?

「一時的に」呪力総量や出力を増幅する、という効果を持っていた歌姫の術式ですが、いつまで効果は続くのでしょうか?

辞書での「一時的」の意味は、「そのときだけ。暫くの間」となっています。
長続きしないこと、といった定義もあるようなので、あまり長時間は継続しなさそうですね。

見方を変えれば、これは「歌姫の術式効果が継続している間に宿儺を叩く」という作戦なのかもしれません。
初手で有利な流れを作ったことからも、この作戦を五条が採用している可能性は髙そうですね。

呪術廻戦ネタバレ最新話225話の考察|「200%の威力」具体的にどんなもの?

223話で五条が放った「200%の威力の虚式・茈」は、具体的にどのくらいの破壊力を持っていたのでしょうか。

あのとき五条がいた場所は、渋谷駅の地下5階だったと明言されています。
一方の宿儺がいた場所ですが、サブタイトルなどから「新宿センタービル」の屋上にいたのではないかと考えられます。

距離にして、およそ4kmほど離れた場所にいたと考えられるんですね。
五条が放った「茈」は、これだけ離れた場所にいた宿儺を直撃したことになります。
射程範囲内の軌道上にあった建物は、ことごとく崩壊していました。

これを腕一本の犠牲でしのいだ宿儺は、やはりさすがと言うしかありませんね。

ちなみに、渋谷駅と新宿センタービルの間には、代々木公園と明治神宮が存在しています。
おそらく、これも「茈」で木っ端微塵になった建造物に含まれると考えられます。

「街がもたない!」という煽り文句が大袈裟ではないことが、改めて実感できますね。

呪術廻戦ネタバレ225話

呪術廻戦ネタバレ225話|領域展延

冥冥の術式のおかげで、虎杖たちはモニター越しに五条と宿儺の戦いを観戦することが可能でした。
場に居合わせているのは、鹿紫雲や日車を含めた虎杖陣営の面々です。
秤や真希、乙骨の姿もあり、一同は戦闘の影響のない場所から様子を見守っているようでした。

宿儺は五条の無下限呪術に、領域展延で対抗しているようです。
渋谷事変で花御や漏瑚が使った技で、どうやら無下限呪術への対抗策として周知されてしまっているようです。

簡易領域を使える日下部曰く、
「簡易領域を練り上げた感じ」
「術式を付与しない領域をまとうことで、空いた容量に相手の術式を流し込み、中和する」
という仕組みなのだそう。

ちなみに、日下部は展延はできないと断言しています。
領域展延も、だいぶ高度な技術のようですね。
これを感覚で掴んでいる日車は、そもそも素質が高い人物だということもわかります。

なお、天使が言及していますが、生得術式と展延は併用できません。
これは宿儺も例外ではなく、宿儺は術式なしで五条と渡り合っているという状況のようです。

展延以外の手段で無下限呪術を攻略されたら、五条は負ける。
天使の言葉が重いですね。

呪術廻戦ネタバレ225話|領域の押し合い

ここで三輪が、「なぜ領域の押し合いで勝負しないのか」という疑問を投げかけます。

領域の必中効果は、五条の術式を貫通することができます。
ならば、領域の押し合いに持ち込んで相手の術式を使用困難な状態に追い込み、勝負をかければいいのでは?
それをしないということは、宿儺は領域の押し合いで五条に勝てないと判断しているのかもしれない。

こう述べる憂憂に、家入が反論します。
性格の悪い(&六眼を持っている)五条が、それを見抜けないはずがない。
宿儺が「勝てない」と思っているなら、五条の方から仕掛けるはず。

この疑問に答えを提示したのは、脹相でした。

五条と宿儺が領域展開した場合、領域の押し合いにならない可能性がある。
それは、宿儺の領域が結界で閉じないタイプのものだから。

冥冥の話によれば、領域の押し合い=結界の外殻の押し合い、になるとのこと。
そもそも必中効果は結界に付与されるので、結界なしで必中効果を押し合うことはできないのでは、というのです。

呪術廻戦ネタバレ225話|結界で閉じない領域

羂索と宿儺が使う「結界で閉じない領域」は、日下部・鹿紫雲・秤・乙骨の全員が「あり得ない」と即答しました。
器なしで水を貯める。
キャンバス無しで空に絵を描く。
根も葉も茎もなく種から花が咲く。
結界で閉じない領域とは、そういうレベルのモノになると言います。

このたとえ話をわかりやすく説明するために、日下部は三輪に「そこの水を投げてくれ」と言いました。
三輪が水の入ったペットボトルを手にすると、「入れ物入らない、水だけくれ」と日下部は発言。
迷った三輪は、水を日下部にぶっかけるという暴挙に出ましたが、要はこれが「結界で閉じない領域」というものなのだということです。
器や入れ物なしで、中身の水だけ相手に渡すなんて、不可能ですよね。

ざっくり言えば、宿儺や羂索の領域は「どう考えても不可能なこと」をやってのけているということなのです。

ちなみに、伏黒がかつて展開した領域も、結界で閉じていないものでした。
しかしそれは、建物や既存の結界を外殻に利用したものであり、次元がまるで違うのだそうです。

呪術廻戦ネタバレ225話|結界の弱点

猪野は、安易に領域を展開しないのは呪力切れをおそれているためでは、と発言します。
が、これは即座に狗巻が否定。
五条には呪力切れは起こりません。
しかし猪野は、「呪力効率がべらぼうにいいから、恒常的な自己補完の範囲で消費した呪力量がおさまる前提」であることを指摘。
連続で領域展開をするような事態になれば、わからないのではというのが猪野の言い分です。

一方の宿儺に関しては、鹿紫雲が「神懸っている」と証言。
宿儺は、術式の発動、展延と生得術式の切り替え、それらすべてのキレがあまりによすぎるようです。
五条に六眼がなければ、呪力効率も宿儺が勝っていた、と鹿紫雲の目には映っている模様です。
加えて、乙骨以上の呪力総量も、五条は持っています。

まさか当人たち含めて、誰もこの戦いの行方、そして領域展開の激突がどうなるのかわからないのでは。

そう西宮が危惧した次の瞬間、五条と宿儺の双方が領域を展開しました。
大方の予想どおり、双方の術式は打ち消し合いを始めます。

が、ここで誰もが見落としていたことがありました。
宿儺の領域の効果範囲は、五条の領域の外殻より外側に達するのです。

そして、領域の結界は外からの攻撃には脆い。

宿儺の術式のよって、外側から攻撃された五条の領域は破られ、宿儺の斬撃が五条に到達してしまいました。

呪術廻戦ネタバレ225話のまとめ

いかがでしたか?

観戦組の考察や意見交換のおかげで、最強同士の戦いの様子についてわかったことが多くありました。
三輪のような素朴な視点の、読者により近い感覚での質問事項がありがたかったですね。

そして、意外と見落としていたこととして、宿儺の領域の件がありました。
結界で閉じない領域であることを知っているのは、そういえば読者だけでしたね。

登場人物の誰もがこれを想定していなかった理由も明らかになりました。
「結界で閉じない」のがどれだけあり得ないことなのか、改めて描写されたことは大きかったと思います。

これができる羂索と宿儺の規格外っぷりが、強調されたと言えます。

そして、今回も幕引きが気になるものになっていました。
首に攻撃が命中していた五条は無事なのでしょうか?
直前で「領域展開後は術式が使用困難になる」という話が出ていたこともあり、あれはおそらく防御できていないものと思われます。

領域の中でなら五条にも攻撃が当たる、という話もされていましたしね。

形成は宿儺に傾いたように思われますが、このまま五条が負けるとも思えません。
次回の展開に注目したいですね。

おすすめの記事