【鬼滅の刃】童磨の過去が悲しい!鬼になった理由をネタバレ解説!
出典:pixiv@ygks

いつもニコニコしていて人間っぽいところが多い童磨
鬼の中でも一番と言っていいほど楽しそうですよね。

そんな童磨も、実はつらく悲しい過去を経験していたことを知っていますか?
笑顔の裏には、ある真実が隠されていたのです。

今回は、そんな童磨の秘密をご紹介します!
童磨にはどんな人間時代があったのか、どうして鬼になってしまったのか、詳しく解説していきます。

「鬼滅の刃」アニメ2期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録

表の通り、アニメ2期の続きを読みたい方は漫画12巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【鬼滅の刃】上弦の弐・童磨とは?


 

鬼舞辻無惨の直属の配下である十二鬼月の一人が童磨。
2番目である『上弦の弐』の位が与えられています。

容姿は、人間とほぼ変わらないくらいのイケメン
常に愛想よく笑っていて、誰に対しても優しい性格。

しかし、感情が欠如していて、人を殺したり身内が殺されたりしても、なんとも思っていません。
まさにサイコパスっぽい、狂気的な言動が目立っています。

戦闘では、金色の扇を使い、人の肉を簡単に斬ることが可能。
血鬼術は、自分の血を凍らせて、冷気を操る能力で、その冷気を吸ってしまうと、肺が壊死してしまうほどの脅威があります。

【鬼滅の刃】童磨の人間時代の悲しい過去

童磨の人間時代は、かなり特殊でした。
その過去について語られているのは、『16巻の第142話「蟲柱・胡蝶しのぶ」』になります。

教祖として崇められていた子供時代

 

童磨は、万世極楽教の教祖だった親のもとに誕生しました。
童磨の容姿はかなり特殊で、瞳が虹色、髪が白橡色(しらつるばみいろ)

※橡とは、どんぐりの古名で、白橡とは白茶色に近い色。

そんな容姿であったことから、両親から「神の声が聞こえる特別な子」として、祭り上げられていました。
信者たちの悩みを優しく聞いてあげて、涙も流していた童磨は、信者たちに崇められて、神格化されていくことに。

しかし、実は優しくしたり涙したりしていたのは全て演技だったのです。
生まれた時から頭が良かった童磨は、初めから神の存在など信じてなく、内心では「極楽なんて存在しない。人間が妄想して創作したお伽話」だと思っていました。

そんな架空のものを信じている信者たちが可哀想だと思い、同情して涙していたのです。


両親が死亡しても無関心

 

ある日、童磨の父が万世極楽教の信者と浮気していたことがバレてしまいます。
それに激怒した母は、父をめった刺しにして殺し、母も毒を飲んで自殺


おすすめの記事