【ワンピース】コビーの能力や強さは?昔から今までの成長や今後を考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ガープの弟子であり、「英雄」とも呼ばれているコビー。海賊王を目指すルフィとは、友人であり、ライバルともいえる存在です。

本記事ではそんなコビーの能力や強さに関して、徹底解説・考察していきます。

【ワンピース】コビーのプロフィール

ピンク髪が特徴的な好青年

 

コビーは海軍本部に所属する、ピンク色の髪と、丸メガネが特徴的な青年です。
敵味方問わず敬語で話す物腰の柔らかさが特徴的で、その容姿も相まって作中屈指の好青年となっています。

無用な犠牲を好まず、人を思いやる優しさを持っているため、市民から絶大な人気を誇っているようです。

また非常に肝が座っているのも特徴的で、自身よりずっと上の階級である赤犬に対して、自分の意見を押し通す。

四皇に囚われた時も、堂々とした態度で向き合っていたりと、物腰の柔らかさに見合わない度胸を見せていました。

階級は大佐

 

コビーの階級は大佐となっています。

実はコビーの出世のスピードは、作中でも異例です。
具体的にはルフィと別れた時には雑用の身だったのに、ルフィがウォーターセブンに辿り着いた時には曹長まで出世していました。

更に2年後には曹長から7つも階級が上がって、大佐まで昇進していました。

海軍で大佐といえば、初登場した時のスモーカーや、2年後のたしぎと同格の階級です。
海軍に所属してから、約2年でここまでの出世を見せた人物はそういないのではないでしょうか?

実は一瞬だけ少将に!?

 

現在は大佐まで上り詰めたコビーですが、実は一瞬だけ少将の地位まで上り詰めていました。

恐らく「どういうこと?」と困惑している方もいると思います。

この事の発端となったのは原作956話「ビッグニュース」です。
話の中でコビーが上司であるドレークから連絡を受けるシーンがあるのですが、そこで紹介されたコビーの地位が、連載時は少将となっていました。

しかし単行本95巻に収録された際には、階級が大佐に変更されていたのです。

もし大佐から少将への昇格となると、更に2階級の昇進となるので、余りにも早すぎるということで修正されたのかもしれません。

伝説の英雄ガープ中将の愛弟子

 

海軍の中で目覚ましい活躍を続けるコビー。

その師匠はルフィの祖父で、「海軍の英雄」と呼ばれるモンキー・D・ガープです。
元々雑用だったコビーでしたが、とある事件をきっかけにガープに引き取られ育てられることとなりました。

そしてガープの厳しい修行の成果もあり、立派な海兵として成長しました。

その実力はガープから、「海軍の未来」「愛弟子」と言われるほどです。
また「ロッキーポート事件」と呼ばれる事件での活躍をきっかけに、師と同じく「英雄」と呼ばれています。

【ワンピース】コビーの成長が目覚ましい!

昔は弱気な性格をしていた

 

度胸もあり「英雄」と市民から慕われるコビーですが、初登場時は今とは比べ物にならない軟弱な性格をしていました。

元々一般人でありながら、漁船と間違えてアルビダの海賊船に乗り込んでしまったことで、雑用兼航海士として働かされることに。
それから2年もの間、海賊達に殺されないよう、顔色を伺う生活をしていました。

そんな状況も相まって、とてもネガティブな性格をおり、ルフィから「お前みたいなの嫌い」とまで言われています。

しかし、ルフィとの出会いによって、自身の「海軍将校になる」という夢のため、徐々に勇気を見せ始めます。

コビーの奮闘記が扉絵連載

 

ルフィとシェルズタウンで別れたあと、モーガン大佐の息子であるヘルメッポと、海軍第153支部で雑用として働き始めます。

この時期のコビーの活躍は、扉絵連載である「コビメッポ奮闘記」で、83話から119話にわたって描かれていました。

内容としては、153支部で雑用を続けていた2人は、ある時本部に連行されるモーガンを引き取るためやってきたガープに出会います。

その際ガープに見込まれた2人は、本部に引き取られガープの元で厳しい訓練に明け暮れるようになりました。

おすすめの記事