【ワンピースネタバレ考察】青玉鱗は無償のエネルギー?古代文明と難病の関係を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

青玉鱗せいぎょくりんの治療法をベガパンクが知っていることが判明しました。
しかし、ベガパンクが研究する古代エネルギーに注目すると、青玉鱗との不気味な類似点も見えてきます。

青玉鱗と古代エネルギーの関係について考察します。

青玉鱗に関して判明した事実と考察

ベガパンクは青玉鱗の治療法を知っていた
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ベガパンクは治療法を知っていた

1099話では、ベガパンクは青玉鱗の治療法をすでに知っていることが判明しました。
ただし、青玉鱗を治療するためには、サイボーグを作るような費用と手間がかかるようです。

ベガパンクは、くまの血液の提供とクローン兵を作る許可を条件に、無料で青玉鱗の治療をすることを約束しました。

ベガパンクは青玉鱗の治療法を医療現場に下ろしていないと言っていますが、どういった経緯で青玉鱗の治療法を知ったのかは気になるところです。

青玉鱗は正常な肝細胞を移植すれば治る

青玉鱗の治療法は、正常な肝細胞を移植すれば治ることが判明しました。
幹細胞は、人間の体を作り出す細胞を生み出す機能を持った細胞です。

幹細胞は大きく分けて特定の組織や内臓などの細胞を作り続ける組織幹細胞、どんな細胞でも作り出すことができる多能性幹細胞の2種類があります。

かつて話題になったiPS細胞は、人工的に作り出された多能性幹細胞です。

青玉鱗は肝細胞が正常に機能しなくなった病気?

青玉鱗は幹細胞が正常に機能しなくなったことで、異常な皮膚が作られる病気と考えられます。

青玉鱗は、皮膚が青い石のように変化する病気です。
皮膚が変質する原因はさまざまですが、皮膚を作る幹細胞が正常に機能しなくなった可能性があります。

正常な肝細胞を移植すれば治るということは、青玉鱗になった人間の肝細胞が正常に機能していない可能性が高いです。

青玉鱗と古代文明のエネルギーの不気味な類似点

青玉鱗は自然光で悪化する
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

古代文明のエネルギーは太陽光から作られる

古代文明のエネルギーは、太陽光から作られたエネルギーの可能性があります。
ベガパンクは無尽蔵のエネルギーを開発しようとしており、発言から以下の事実が判明しています

  • 研究を進めると古代のエネルギーに行きつく
  • エネルギーは世界中に満ちている
  • ベガパンクはエネルギー開発で太陽を強く意識している

古代文明では無尽蔵のエネルギーを利用しようとしていたと思われ、そのエネルギーは太陽に関係していた可能性が高いです。

ベガパンクは、太陽のようなエネルギー源を開発しようとしていた可能性もあるでしょう。
ただ、エネルギーは世界中に満ちているという発言は、太陽光からエネルギーを作り出そうとしているとも考えられます

青玉鱗は自然の光を浴びることで肌に青い石が発生する

青玉鱗は自然の光を浴びることで、肌が青い石のように固くなる病気です。
皮膚が固くなるとされていますが、本当に肌に青い石が発生しているのかもしれません。。

太陽光から古代エネルギーが作られるのなら、古代エネルギーのメカニズムと自然光を浴びた人間の体内で青い石が発生する青玉鱗はかなり似ていることになります。

青玉鱗は太陽光だけでなく、月の光などでも皮膚が石化すると医者は言っていました。
この点は古代エネルギーと異なるようですが、実はそうではありません。

おすすめの記事