【呪術廻戦】伏黒甚爾(禪院甚爾)とは?過去、強さや魅力を総まとめ!
出典:pixiv@味噌乃

週刊少年ジャンプで連載される大人気漫画『呪術廻戦』の人気キャラクター伏黒甚爾(禪院甚爾)。初登場では読者に大きなインパクトを与え、多くのファンを虜にしました。
SNSでは「パパ黒」の愛称で呼ばれ、第2回キャラクター人気投票では第9位を獲得するなど、その人気を不動のものとしています。

そこで今回は、伏黒甚爾(禪院甚爾)のプロフィールや過去、強さを徹底的に調査してみました!伏黒甚爾(禪院甚爾)の魅力を余すことなく紹介しますので、最後までご覧ください。

【呪術廻戦】伏黒甚爾(禪院甚爾)とは?


伏黒甚爾(禪院甚爾)のプロフィールを紹介

 

名前伏黒甚爾/禪院甚爾(ふしぐろとうじ/ぜんいんとうじ)
誕生日12月31日
身長推定185㎝以上
体重不明
職業術師殺し/プロのヒモ
天与呪縛フィジカルギフテッド
趣味・特技ギャンブル
好きな食べ物肉、モツ
嫌いな食べ物酒(全く酔わないため)
ストレス禪院家
CVアニメ未登場のため不明

『呪術廻戦』に登場する伏黒甚爾(禪院甚爾)は伏黒恵の父で、過去に五条悟や夏油傑とも戦ったことがある術師殺しです。SNSでは「パパ黒」の愛称で呼ばれ、多くのファンがいる伏黒甚爾(禪院甚爾)ですが、実は物語における最重要人物といっても過言ではありません。

まずは伏黒甚爾(禪院甚爾)のプロフィールを紐解いていきましょう。


伏黒恵の父親

 

伏黒甚爾(禪院甚爾)は伏黒恵の父親です。恵ママと結婚する際に婿入りし、「伏黒」の姓を名乗るようになりました。恵ママと出会うまでの甚爾の私生活は荒んでおり、女性の家に転がり込んでは深い仲になって別れる、金が無くなると術師殺しで大金を稼いで散財する、といった生活を送っていました。基本的に定職には就いておらず、交際女性の収入に頼って生活をする、まさに「プロのヒモ」。

恵ママと結婚して多少は丸くなったものの、息子である恵に対する愛情はこれっぽちも持っていませんでした。恵は甚爾について、生まれた子供が男か女か確認せずに名前を付けるようなクソ野郎、と説明し、既に甚爾の顔すら思い出せない様子です。

また、甚爾は、恵が呪力を持っていると確信した際、禪院家に恵を売り飛ばそうとしました、一見、非道な行動に思えますが、これは甚爾なりの愛情だったことが後に判明しています。というのも、甚爾は恵の類まれな才能に気付き、自分のようなろくでなしの下で育つより禪院家で育った方が幸せだろう、と考え、禪院家に恵を売り飛ばしたのです。その裏には禪院家に対する甚爾の恨みもありますが、甚爾なりに恵の将来を考えた結果の行動だったようです。

伏黒甚爾の性格は作者も引くぐらいのろくでなし

 

伏黒甚爾(禪院甚爾)は作者の芥見下々先生から「僕が引くくらいのろくでなし」と評されています。上記でも説明しましたが、甚爾はプロのヒモと呼べるくらい交際女性に頼り切った生活を送っています。それに加え、定職にもつかず、貯金もせず、たまに仕事をして大金が入ったと思えばギャンブルにつぎ込む。この時点で性格が良いとは言えませんよね。

その一方で、仕事にストイックに打ち込む意外な一面も。仕事を請け負ってもすぐに行動に移さず、幾重にも策を巡らせ、相手が弱ったここぞという時に仕留める。用意周到さと狡猾さだけでなく、仕事に邪魔な人間は即座に斬り捨てるという大胆さも兼ね備えた人間です。

仕事を斡旋してくれる孔時雨は甚爾の実力を買っており、甚爾の人間性が最悪であることを理解しながらもコンスタントに仕事を依頼しています。甚爾と孔時雨は互いを腐れ縁だと認識していますが、仲が良いとかそういった単純な関係ではないようです。

【呪術廻戦】伏黒甚爾(禪院甚爾)のスペックは?強さや使用呪具を解説


天与呪縛によって高い身体能力を獲得

 

天与呪縛とは、本来持って生まれるはずだったものを持たずに生まれてきた場合、人間の域を超えた能力を付与されるというもの。伏黒甚爾(禪院甚爾)は御三家である禪院家の生まれのため呪力を持って生まれてくるはずでしたが、呪力は完全に0。禪院真希も同じく天与呪縛ですが、彼女は一般人並みの呪力は持っているので、呪力を一切持っていないのは世界中どこを探しても甚爾だけです。

甚爾は天与呪縛によって超人的な身体能力、いわゆるフィジカルギフテッドと呼ばれる特性を手に入れました。腕力や脚力はもちろんのこと、甚爾は視覚や嗅覚も圧倒的に強化されており、五感で呪霊を認識したり、匂いをたどって対象を追跡したり、呪いへの耐性があったり、人間の域を超えた能力が備わっています。

戦闘能力だけでも並みの術師を圧倒する甚爾ですが、実は術師殺しとして名を轟かせたのはフィジカルギフテッドによるものだけではありません。本来、術師は呪力で対象の居場所を探りますが、呪力が完全に0の甚爾にこの探索方法は通用しません。そのため、甚爾は術師に気付かれることなく仕事を遂行できるのです。

術師から完全に身を隠せる、並の術師では太刀打ちできない高い身体能力、狡猾かつ慎重な性格、全てがうまく作用して術師殺しとして名を轟かせるようになったのでしょう

武器庫呪霊を体内に格納

 

伏黒甚爾(禪院甚爾)は自らの体内に呪霊を格納しています。個体名は分かりませんが、この呪霊の中に武器や大量の呪霊を収納しているので「武器庫呪霊」と呼ばれています。ちなみに等級は3級。

とても便利な呪霊ですが、武器庫呪霊を連れて動き回るとその呪力をたどられてしまいます。上記でも説明したように呪力を全く持たない甚爾の利点「呪力探知が出来ない」が生かせません。そこで甚爾は武器庫呪霊を小さくして自身の体内に格納し、必要時に体内から武器庫呪霊を出し、そこから呪具や呪霊を取り出して戦闘に使用します。

ちなみに甚爾が死んだあとは夏油傑に取り込まれ、現在も使役されています。


特級呪具「天逆鉾(あまさかのほこ)」


おすすめの記事