アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」7話のネタバレと感想を紹介!
出典:「食戟のソーマ」公式サイト

本記事では、11月22日に放送されたアニメ「食戟のソーマ」第7話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

「食戟のソーマ」の第7話では、茜ヶ久保ももと薙切えりなの白熱した女子同士の戦いが繰り広げられます!

食材のメインは”黒糖”というスイーツにうってつけとも言われる食材になってしまうのです。薙切えりなはどんな戦い方をするのか!そしてそんな熱い戦いを制するのはどちらになるのか!?

「食戟のソーマ」第7話のネタバレあらすじ


”神の舌”をもつ薙切えりな(なきり・えりな)は、スイーツの女王として遠月学園を席巻し続けている、茜ヶ久保もも(あかねがくぼ・もも)と激突をすることになります。

女性同士の維持と維持のぶつかり合いでもあり、幸平創真(ゆきひら・そうま)達も固唾を飲んで見守っていました。

食材は「黒糖」であり茜ヶ久ももは、お得意のスイーツをテーマに捧げて、おしゃれでありながら可愛い料理を作り出します。そして薙切えりなは、それに対してどのようなスタイルで料理を出していくのか・・・。

 

「食戟のソーマ」第7話のネタバレ

ネタバレ①茜ヶ久保ももの実力発揮!

茜ヶ久保ももは、黒糖という事もありスイーツという対して絶対的な自信を持ち食戟に挑みました。
そして茜ヶ久保はカラフルなペースト生地を登場させ、観客たちは一気に盛り上がります。

茜ヶ久保は”ロールケーキ”を作るのではないかと予想されました。

茜ヶ久保は、「お絵描きタイム」と口で発し、普通は下書きをしなければならないものを一発書きで描いて見せました。更にはシュクレ・ティエ(引き飴)という高難度の技術をいとも簡単にやってのけてしまうのです!

そして茜ヶ久保ももは、ケーキを一つではなく一個ではなく複数作り始めました。
それはどんどんタワーのように積み重なり、完成品が徐々に出来上がります。

茜ヶ久保が完成させたものは、ロールケーキタワーのようにド派手に盛り付けられた料理でした!

茜ヶ久保は”醤油”という隠し味を使い、審査員も一瞬意識が飛んでしまうほどの力作を作り上げます。

簡単そうにロールケーキを作っていきながらも、審査員の口に飽きないように工夫をしていました。
飴細工も食べられたり、スイーツを変えながら食べたりすると更に美味しくなるなどと伝え、茜ヶ久保は料理を作り終えます。


ネタバレ②薙切えりなの意地!

薙切えりなは茜ヶ久保もものスイーツに対して、何で対抗するのかと全員が注目していました。


おすすめの記事