【呪術廻戦】術式とは?全キャラの術式を一覧で総まとめ!
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

呪術廻戦の登場キャラは、呪力をコントロールしてさまざまな術式を使用します。
今回の記事では、全キャラの術式を一覧にまとめました。

術式に関する用語や術式の発展会などについても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

【呪術廻戦】術式に関する用語

呪いとは

呪いについて説明する伏黒恵
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

呪いとは、人間が生み出す負の感情です。
呪術廻戦では、日本国内で年1万人を超える怪死者・行方不明者のほとんどは呪いによるものとされています。

作中では、呪術や呪霊のことを呪いと呼ぶこともあります。
学校や病院のような場所は呪いが溜まりやすく、呪霊が発生しやすいです。

呪術の本質は呪いであって、呪術を使う場合は負の感情が重要とされています。

呪力とは

術式と呪力の違い
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

呪力は負の感情のエネルギーを表す言葉で、基本的に全ての人間が呪力を持っています。
呪いに対しては呪力で対抗するしかなく、呪力を操れない人間は呪霊にダメージを与えることはできません。

ただし、非術師の持つ呪力はごくわずかで、呪力を操ることや呪いを見ることはできません。
呪力は呪術師の強さを測る上で重要な要素で、呪力総量・呪力出力・呪力操作は強さに直結します。

呪力は肉体の強度を強化することもでき、術式を使うためにも呪力が必要です。

生得術式とは

術式を家電に例えた説明
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

生得術式は術師の体に刻まれた術式のことで、作中で術式と言う場合は基本的に生得術式のことです。
術式に呪力を流し込むことで、呪力だけでは不可能なさまざまな異能を発揮できます。

呪力が尽きてしまうと、術式も発動することはできません。
術式は基本的に生まれつき持っているもので、原則として1人の人間の術式は1つだけです。

術式の能力や呪力量などは生まれつき決まっているため、呪術師の能力は才能8割と言われています。

【呪術廻戦】術式の発展形とは

術式の解釈を広げる拡張術式

七海の拡張術式
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

術式の解釈を広げることで、独自の術式を生み出すのが拡張術式です。
生得術式を後天的に変えることはできませんが、独自の解釈で今までにない効果を生むことはできます。

術式の効果を応用したものなので、元々の術式と関係の深い能力になります。
伏黒恵ふしぐろめぐみ不知井底せいていしらず七海建人ななみけんと瓦落瓦落がらがら脹相ちょうそう超新星ちょうしんせいが拡張術式です。

正のエネルギーで治療を行う反転術式

反転術式で傷を治す五条悟
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

反転術式は、正のエネルギーを生み出して傷の治療などを行う技です。
呪力は本来負のエネルギーですが、負のエネルギーと負のエネルギーを掛け合わせて正のエネルギーを生み出します。

術式という名前がついていますが、厳密には術式ではなく、技に該当します。
理論上は呪力があれば誰でも使えますが、呪力の高度なコントロールが必要なので使える人間はわずかです。

正のエネルギーをアウトプットすれば他人の治療も可能ですが、作中で他人を治療しているのは家入硝子いえいりしょうこ乙骨憂太おっこつゆうた両面宿儺りょうめんすくなの3人だけです。

反転術式で生み出した正のエネルギーを流し込めば、樹齢を倒すこともできます。

効果を反転させる術式反転

五条悟の術式反転
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

術式反転は、術式本来の効果と逆の効果を生み出す技です。
負のエネルギーを使う通常の術式を術式順転と呼びます。

反転術式で生み出した正のエネルギーで、術式反転は可能になります。
そのため、反転術式を使えないと、術式反転も使えません。

反転術式自体を使える術師が少ないため、作中で術式反転を使用しているのは五条悟ごじょうさとる羂索けんじゃくだけです。
羂索は重力を無効化する反重力機構アンチグラビティシステムを反転させ、重力場を生み出していました。

おすすめの記事