【ワンピースネタバレ考察】マザーフレイムが世界に与える影響を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

1089話では五老星とヨークの会話で、マザーフレイムについて触れられました。ルルシア王国消滅に関与したマザーフレイムですが、その存在が世界の情勢を左右する可能性も高くなってきました。マザーフレイムが世界に与える影響について考察します。

1089話で判明したマザーフレイムに関する事実と考察

マザーフレイムの製造施設がエッグヘッド内にあることが確定!

1089話のヨークと五老星の会話で、マザーフレイムを製造施設がエッグヘッド内にあることが確定しました。
マザーフレイムを世界政府に渡したのも、ベガパンクステラではなくヨークだったことも判明。

ヨークはマザーフレイムを世界政府に渡し、エッグヘッドで空白の100年に関する研究が行われていることを五老星に報告していました。

マザーフレイムは現在も製造可能で、ヨーク1人でも製造できるようです。

海軍はマザーフレイムの製造施設を破壊できない!

海軍は、マザーフレイムの製造施設を破壊できないこともわかりました。
マザーフレイムは開発されたばかりで、エッグヘッド以外の施設では製造できません。

世界政府がマザーフレイムをどのくらい保有しているのか不明です。
五老星が新しいマザーフレイムが欲しいと言っていることから、製造施設を破壊するとまずいことになります。

おそらく海軍は、マザーフレイムの製造施設を確保のために行動するでしょう。

マザーフレイムを使用した結果でエッグヘッドへの対応が変わった?

五老星はベガパンクを全員殺すつもりでしたが、マザーフレイムが役に立つとわかって対応を変えたようです。
エッグヘッド編で、ベガパンクは暗殺されそうになっています。

この展開から五老星は、問答無用でベガパンクを殺そうとすると考えられていました。
しかし、1089話では海軍はエッグヘッドを囲んでいるだけで、攻撃をしかけていません。

1086話で五老星は、「実験結果如何でエッグヘッドへの対応を考える」と発言
当初、マザーフレイムが本物とわかって、ベガパンクがさらに危険視されとも考察されました。

実際はマザーフレイムが必要になって、ベガパンクを簡単に殺せなくなる伏線だったようです。

五老星はヨークの要求を呑むつもりだった?

五老星は、天竜人になりたいというヨークの要求を受け入れる可能性が高くなりました。
CP0にベガパンク暗殺指令が出た際は、ステラとサテライト全員が抹殺対象でした。

ヨークは世界政府が自分を殺すつもりだと判断し、自分以外のベガパンクを殺して再度交渉するつもりだったようです。

マザーフレイム製造にヨークの協力は必要なので、彼女の判断は妥当でしょう。
1089話で五老星はヨークの要求を受け入れ、天竜人に迎えると約束しました。

しかし、ヨークは既に麦わらの一味に捕らえられており、脅されて五老星と交渉していました。
ヨークが人質に取られたことよって、世界政府側にとってかなり面倒なことになりました。

五老星は、海軍にヨーク救出を命令する可能性が高いです。

マザーフレイムの正体に関する考察

マザーフレイムは古代兵器を動かすエネルギーで確定?

1089話の会話で、マザーフレイムは古代兵器を動かせるエネルギーの可能性が非常に高くなりました。
五老星との会話で、ヨークはアレを生産できる融合路パワープラントと発言

アレは、マザーフレイムを意味すると思われます
パワープラントは発電所の意味で使われる多く、そこで生産されるマザーフレイムはエネルギーの可能性が高いです。

また、五老星はヨークにマザーフレイムをさらに作らせようとしています。
製造施設があればヨーク1人でも、マザーフレイムは作れるようです。

ルルシア王国の上空に浮かんだ巨大兵器が簡単に作れるとは考えにくく、このことからもマザーフレイムはエネルギーの可能性が高くなりました。

マザーフレイムは古代兵器のコピーの可能性も

ただし、マザーフレイムが兵器そのものである可能性はゼロではありません。
ルルシア王国とエニエス・ロビーの大穴が同じものなら、できた原因も同じ可能性が高いです。

エニエス・ロビーの穴は空白の100年にできた可能性が高く、年代的にも古代兵器で開けられたと考えられます。

マザーフレイムが兵器なら古代兵器と同じ攻撃ができることになり、古代兵器のコピーの可能性も考えられます。

おすすめの記事