【ワンピースネタバレ考察】ボニーはくまにとってのニカ?ルフィとの共通点も踏まえ考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ボニーが有する「トシトシの実」は、その能力によってニカの姿すら再現してしまいます。

しかし、なぜボニーはニカの力を再現できるのか?気になりますよね。

そこで今回は、なぜボニーはニカになれるのか?その理由についても考察していきます。

ボニーは女版ルフィとしてデザインされている?

第1話の旅立ちのシーンが酷似している

歪んだ未来でアルファを倒すボニー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ボニーとニカについて話す前に、まずボニーとルフィの共通点について解説していきます。

というのも、ルフィとボニーは意図的に似たキャラとしてデザインされているからです。

まず第1話の旅立ちのシーン。
ルフィは恩人から受け取った帽子と共に出航し、立ち塞がった近海の主をゴムゴムの能力でいなしました。

そしてボニーもコニーから帽子を受け取り、CP8をゴムのような腕を再現したパンチで倒して出航しています。

父親が革命軍

ドラゴンは革命軍にいた
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ボニーとルフィの共通点2つ目は、父親が革命軍という点です。

言わずもがなボニーの父親であるくまは、ボニーが病気になる前は革命軍に所属していました。

そしてルフィの父親も革命軍のトップであるドラゴンです。

他にも大食いキャラや、純粋なキャラクター性など、ボニーは女版ルフィのように描かれていると感じられる点は多々ありますね。

父親の対応が明暗を分けた

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ボニーとルフィ、2人とも革命軍の父親を持つ者同士ですが、父との関係については全く違います。

ルフィは長らく自分の父親のことは知らず、ガープ以外の肉親はいませんでした。

それはドラゴンにとって子供の存在が、自分の弱点になると考えたからです。

もしドラゴンとルフィの血縁関係がバレれば、ルフィはドラゴンを狙う者に人質に取られるかもしれませんよね?

くまはボニーと共に暮らし、病気になってからは側に寄り添い続けていました。

そしてボニーの病気を治すことを条件に、世界政府の奴隷となってしまいます。
「子が親の弱点」と身をもって証明してしまった訳です。

ボニーの「トシトシの実」はニカになれる能力?

トシトシは「想像する未来」を再現する能力

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ここからはボニーとニカの関係について考察していきます。

そもそもボニーが有するトシトシの実の能力で、なぜニカの姿を再現することが出来るのでしょうか?

答えは簡単で、トシトシの能力は、ただの年齢操作ではないからです。

トシトシの能力の本質は「自分が想像した未来を再現できる」ことにあります。

つまり、ボニーはくまから聞いていた情報を元に、ニカの姿になった未来の自分を再現したのです。

勿論ボニーそのものがニカとして成長する未来はありません。

だからこそ想像した未来を再現する技名が「歪んだ未来ディストーションフューチャー」なのでしょう。

おすすめの記事