【ワンピースネタバレ考察】ルフィを見守っていた?くまがフーシャ村に来た理由を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

3年前、フーシャ村に来たくまがルフィの姿を見ていたことが明らかになりました。
くまはルフィの能力も見ており、3年前の時点でゴムゴムの実の正体に気づいていた可能性もありそうです。

くまがフーシャ村に来た理由について考察します。

最新話で判明した事実と考察

ドラゴンと話すくま
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

くまは3年前にルフィの姿を見ていた

ワンピース1101話で、くまは3年前のルフィの姿を見ていたことが判明しました。
海賊になる1年前なので、ルフィはすでにゴムゴムの戦斧で地面に大穴を開ける強さになっています。

くまがルフィの姿を見て、何を考えていたのかは不明です。
ただ、くまはゴムゴムの戦斧を使う姿を見ており、3年前の時点でルフィがゴムゴムの実を食べているのを知っていたことになります。

ルフィもくまの気配を感じ取っていますが、くまがすぐに姿を消したために2人が合うことはありませんでした。

くまは革命軍時代にドラゴンとフーシャ村の近くに来ていた

ワンピース1101話では、くまが革命軍時代にドラゴンとフーシャ村の近くに来ていたことも描かれました。
革命軍がゴア王国を訪れた際に、ドラゴンはフーシャ村に来てルフィのこと見ていたようです。

その様子を見ていたくまは、ルフィがドラゴンの息子であることを察したと思われます。

ドラゴンは誰にもルフィが息子だと話していない可能性が高い

ドラゴンは、ルフィが息子だと誰にも話していない可能性が高くなりました。
くまは、ルフィがドラゴンの息子だと知っています。

そのため、ドラゴンはくまに自分の息子がルフィだと話していると思われていました。
ただ、くまに教えているのに、ドラゴンがイワンコフに息子のことを話していないのには違和感があります。

くまはドラゴンにルフィの事を聞いていましたが、ドラゴンは一切話そうとしませんでした。
ドラゴンは子供は親の弱点だと考えており、子供の事を誰にも話すつもりはなさそうです。

自分もボニーのことで追い詰められているくまは、ドラゴンが息子のことを隠す理由を察して何も言えませんでした。

くまは自我が消えた時の準備を始めている

ワンピース1101話では、くまが自我が消えた時の準備をしていたことも明らかになりました。
ボニーに会うこと許されないくまは、1ヶ月10通ペースで手紙を出していたようです。

あと一年で意識が消えるとベガパンクに言われたくまは、一年の間に一生分の思いを綴るつもりだと言って手紙を書いています。

少なくともこの時点ではくまもベガパンクも、一度消えたくまの自我が元に戻るとは考えていないようです。

くまは記憶と感情を消されて自我を失った?

ベガパンクが人間としての記憶と人間の感情を消すことで、くまの自我を消そうとしていたことも明らかになりました。

くまの「自我を失うとはどういうことだ」という質問に、ベガパンクは記憶と感情を失うことと答えています。
現在のくまは、記憶と感情を失った状態の可能性が高いです。

記憶と感情を取り戻せば、くまの人格は元に戻るかもしれません。

くまがフーシャ村を訪れた理由を考察

商船を助けるくま
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

世界政府の命令でゴムゴムの実を食べたルフィを監視していた?

1100話でくまが世界政府から通信を受けて、フーシャ村に向かう姿が描かれました。
その後くまがルフィを見ていたため、世界政府の命令で監視しているようにも見えます。

ただ、ルフィがゴムゴムの実を食べたと知っていたのなら、世界政府は監視ではなく殺すか拘束する可能性が高いでしょう。

監視するならニカと関係の深いバッカニア族のくまではなく、世界政府の諜報員などに任せるのが自然です。
くまが世界政府の命令で、ルフィを監視していた可能性は低いでしょう。

おすすめの記事