【怪獣8号】怪獣一覧!能力や強さ・識別怪獣など種類の違いなども紹介
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

怪獣8号には、少年ジャンプ+で連載されている人気のバトル漫画です。
怪獣8号にはさまざまな怪獣が登場し防衛隊と戦いますが、どんな種類の怪獣がいるのでしょうか?

怪獣8号に登場する怪獣一覧をご紹介し、能力・強さ・種類の違いなどを解説します。

【怪獣8号】怪獣とはどんな存在なのか?

災害として扱われる巨大生物

怪獣8号1話の冒頭
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

怪獣は世界中で出現し、人間を襲撃する巨大生物です。
怪獣8号の世界では、怪獣は地震や台風のような災害として扱われています。

日本では室町時代以前から発生していることが分かっており、その歴史は古いです。
保科宗四郎の実家は、室町時代から続く怪獣討伐の家系として知られています。

怪獣の種類によってさまざまな特性があり、特性を発揮するための器官がユニ器官という名前です。
怪獣の種類によって、翼竜系・菌類系など分類分けもされています。

断層から生まれたエネルギーが、動植物の細胞や鉱物を怪獣に変異させるというのが怪獣が生まれるメカニズムとして有力な説です。

フォルティチュードという指標が怪獣の強さの目安

記録された異例のフォルティチュード
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

フォルティチュードは、怪獣の規模を表す数値で地震の規模を示すマグニチュードに近いです。
フォルティチュードが高いほど、怪獣の強度などが高くなるため、強さの目安になります。

ただし、戦い方の違いなどもあるため、単純にフォルティチュードが高いほど強い怪獣とは言い切れません。

本獣・余獣の違いとは

討伐された怪獣
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

怪獣は複数体が現れることが多く、メインとなる怪獣を本獣と呼び、続いて現れる脅威度の低い怪獣を余獣と呼びます

フォルティチュー6.0以上の怪獣を本獣クラスと呼びますが、実際は5.0以下の本獣も多数存在します。

フォルティチュード8.0以上は大怪獣・識別怪獣と呼ばれる

怪獣10号巨大化
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

フォルティチュードが8.0を超える怪獣は大怪獣と呼ばれ、特に強力なものや討伐に苦労したものを識別怪獣と呼びます。
識別怪獣には登録された順に数字が与えられ、怪獣8号のように呼称されます。

識別怪獣という名前ができたのは近年であり、怪獣1号以前の識別怪獣は存在しません。
フォルティチュード9.0を超えた怪獣は識別クラス、9.5を超えた怪獣は特識クラスと呼ばれることが分かっています。

作中でフォルティチュードが判明している限りでは、特識クラスに該当するのは怪獣6号と怪獣8号のみです。

【怪獣8号】一般的な怪獣一覧

冒頭で横浜市に現れた怪獣

怪獣8号の最初のシーン
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

怪獣8号の最初のページに登場した蜥蜴に似た怪獣です。
カラーで描かれた大型の怪獣で、かなり迫力があります。

フォルティチュード6.0で本獣クラスですが、亜白ミナに簡単に討伐されました。

レノを襲撃した怪獣

怪獣に立ち向かうカフカ
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

怪獣8号第1話で、市川レノを襲った人間のような顔をした怪獣です。
一番最初に現れた蜥蜴に似た怪獣の余獣で、第3部隊に討伐されています。

日比野カフカは、命がけでレノを救ったことで彼から慕われるようになりました。

二次試験の怪獣

二次試験のために用意された怪獣
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

防衛隊入隊試験の二次試験で、カフカたちが討伐することになった怪獣です。
一年前に八王子に現れた怪獣で、入隊試験の討伐用に捕獲されていました。

受験者の手で全滅させられましたが、怪獣9号にゾンビ化されて復活しました。

菌類系怪獣

菌類系の本獣
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

キノコのような形状の怪獣で、同種類の本獣と余獣が登場しています。
怪獣8号12話で、カフカが初任務で討伐することになった怪獣です。

繁殖力が高く余獣が1体残っただけで、簡単に増殖してしまいます。

翼竜系怪獣

翼竜系に乗って移動する怪獣9号
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

翼竜に似た姿の怪獣で、口から火を吐き空を飛ぶ能力を持ちます。
大きさは中型ですが、フォルティチュードは6.0以上で戦闘力は高いです。

年間で10件ほど出現する怪獣で、単独で出現することが多いです。
作中では怪獣10号に従う形で、初めて登場しました。

川崎沖に現れた怪獣

東京湾から現れた巨大怪獣
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

怪獣8号39話で、川崎に上陸しようとした二足歩行の恐竜に似た怪獣です。
鳴海弦に一瞬で討伐されたため、どんな能力を持っているのは分かっていません。

蟻型怪獣

暴れ回る蟻型怪獣
出典:『怪獣8号』(Ⅽ)松本直也/集英社

 

怪獣8号42話で、品川区に出現した蟻のような姿の怪獣です。
地底にコロニーを作り、蟻酸を吐くなど、生態も蟻に似ています。

普通は地上に現れる怪獣ではありませんが、怪獣9号に操られる形で大量の蟻型怪獣が地上に現れました。

おすすめの記事