サイコパス3
出典:「サイコパス3」公式サイト

本記事では、12月13日に放送されたアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第8話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに見逃し配信情報をご紹介します。

前回第7話では自爆テロの事件を解決し、潜入捜査のイグナトフ、そして妻の舞子を救出するという内容で終わりました。今回の第8話ではキツネのしっぽを掴み、ビフロストに接近します。イグナトフと慎導は舞子を守れなかったことにギスギスとした雰囲気を持ち続けますが、真実を掴む為に各々が行動を開始し、物語はクライマックスへ向かいます。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第8話のネタバレあらすじ

事件が解決したものの、キツネの存在やビフロストなど多くの問題を未だ抱えています。行動課、刑事課の推測のもと、再び小宮都知事が狙われるのではないかというところに行き着きます。小宮の護衛、ピースブレイカー、そして梓澤の追跡という目的のもと行動を開始します。

一方で慎導とイグナトフは喧嘩を引きずっています。ギスギスとした雰囲気の残る中、それぞれが行動を開始し、キツネの足取りを掴むことに成功。一方でイグナトフはコングレスマンに接触します。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第8話のネタバレ

ネタバレ①如月の告白とバラのメッセージ

如月はイグナトフを呼び出して罪を明かします。その内容は亡くなった恋人からメッセージが送られてくるというものでした。如月は過去に恋人を交通事故で亡くしています。色相が悪化し、施設送りになった如月はその後に執行官になります。

如月はキツネに少し関与していましたが、自分の犯していることの重大さに気づき、直ちにその行為を中断します。

すると、梓澤廣一が、死んだ恋人の名前で、バラが施されたメッセージカードが届くようになりました。「僕を忘れないで」と脅迫してくるようになったのだそうです。そしてそれは梓澤廣一による仕業でした。

イグナトフは霜月にこの件を報告し、結果として一係全員が知ることになります。

雛河はその話を聞いた後に個人的に如月を呼び出し、如月の行動データを差し出します。それはつまり身内でありながら如月を疑って調査していたということです。疑いが晴れて事情を聴くことが出来たので、雛河はそのデータを自身で破棄していいと返すのでした。

そして如月を囮にして梓澤廣一を捕まえる作戦を一係は提示します。その内容は如月から梓澤に連絡をして釣られるのを待つという方法です。

ネタバレ②慎導の免罪体質について

霜月は公安局長に慎導が免罪体質者であったため、何らかの取引の結果、監視官に推薦したのではないかと問います。公安局長は適正が規定を下回れば処分するのみ、今はビフロストが問題だと言います。

霜月はこの件についてシュビラシステムの運用以前に存在しなければ成立しないと推測します。その根拠について問われますが、あくまでこれは仮説の為、調査し立証しますと答えます。

その夜、霜月は常守に厄介な人を推薦したと愚痴をこぼしますが、慎導とイグナトフの面倒は自分が責任を持つと話すのでした。

後日、ジャーナリストでもある六合塚弥生は正義についてのインタビューをさせて欲しいと霜月に依頼します。霜月は弥生さんの頼みならと承諾します。

そしてこれは常森のための行動なのかと問うと、弥生はそんな単純な話ではないと一言返すのでした。

慎導灼とイグナトフ監視官の2人が監視官になった理由は、2人がセットで選ばれたのではなく、それぞれの適性が認められたからだと、イグナトフは言います。

ネタバレ③インタビュー内容

■慎導・イグナトフ

Q、幼なじみで現場も同じ、上層部に意図があったと思うか

A、お互いの適正があっただけとイグナトフは答えます

■慎導

Q、刑事課に潜むキツネについて

A、事実無根。一係の結束は固いし、仲間を信頼していると答えます。

Q、ではなぜ本心を隠しているのか

A、・・・

■イグナトフ

Q、シュビラに選ばれた時の感想

A、シュビラに選ばれた時は嬉しかった。このスキルを平和のために使うことが出来るし、自分は良き人間だと思うことができた。

Q、正義とは

A、守るべきもの。そのために自分に嘘をつかない生き方をしている。

■廿六木

Q、正義とは

A、わからない。本気で言っている人は輝いて見える。

■入江

Q、正義とは

A、負け犬が吐く言葉。父もその言葉を信じ、死んでしまった。

■如月

Q、正義とは

A、命がけで他人を守る、それが私達の正義。

ネタバレ④刑事課と行動課による会議

ビフロストはシュビラシステムの盲点をつく存在だと霜月は話し始めます。犯罪係数の測定が可能かも不明。

イグナトフはコングレスマン、インスペクターという言葉を聞いたと話します。コングレスマンがトップでインスペクターがその部下にあたります。キツネは末端組織で自分が何をやっているかわからない一般市民にあたります。つまり、何の意識もなく、自分が何をやっているかがわからないからキツネは犯罪係数が上がらないということです。

彼らの居場所が特定できない理由は梓澤の経歴がでたらめのためでした。おそらく他人のIDを使って生活しているから足取りが追えないのではないかと慎導は推測します。

彼らの隠れている盲点に何らかの問題が発生し、安全に暮らしていた連中がそうはいかなくなったためリスクを選んだのではないかと狡噛は言います。

つまり、都知事がまた狙われるのではないかというところに話は落ち着きました。

また、ビフロストとは別に重火器を持った犯罪者が確認されました。ピースブレイカーの残党です。今はパスファインダーと名乗っています。

ピースブレイカーというのは闇経済や海外の略奪などに関わる極秘の特殊部隊。

行動課が生まれた理由の一つです。

キツネつまり如月が身内に潜んでいる件について、信用していいのかと問われますが霜月が全責任を負うと答えます。

ピースブレイカーの件は行動課、都知事護衛は刑事課と割り振りを決めます。梓澤の捜索については早い者勝ちにすることになりました。

ネタバレ⑤イグナトフと慎導

一方、イグナトフの妻の舞子が退院を取り消しになりました。理由はイグナトフの暴力行為が報道されていたからです。顔や名前は伏せていたものの、ニュースに取り上げられ、問題視されています。

そして小宮護衛にもイグナトフに対して入国者を護衛につけるのはやめて欲しいと言われます。

入国者関連のニュースもあり、状況を考えた霜月はイグナトフに待機を命じます。

イグナトフは腹立たしさを感じながらもキツネ狩りに集中できることを好機と考えることにしました。

キツネ狩りは廿六木、如月、イグナトフが担当。都知事の護衛は慎導、雛河、入江が担当。このような割り振りを霜月は命じます。

しかし、都知事は執行官を嫌うため、護衛は慎導一人でいいのではないかとイグナトフは提案します。

慎導とイグナトフがエレベーターで二人になったタイミングでイグナトフはメンタルトースはどこまで人を誘導出来るのかと慎導に問います。慎導は下手なカウンセリングよりは効果があると返します。

慎導の父はどうだったか、自分や舞子を誘導したことがあるかということも問います。自分のために使ったことはないと慎導は答えますが、自分のメンタルケアをするべきだと言い残し、イグナトフは去って行きます。

ネタバレ⑥キツネの発見・潜入作戦実行

慎導は一人で小宮都知事の護衛につきます。車の周りにはパパラッチドローンが多く飛び交っています。慎導はこのドローンの出所の捜査を依頼します。

出所を調べ上げた後、一人のキツネのしっぽを掴みます。しかしドミネーターを向けても犯罪係数は規定以下。クリアな状態ですが任意同行を要請し、聴取を開始します。

一方、囮となった如月に梓澤と思われる人物から連絡が来ます。イグナトフは廿六木や如月の反対を押し切って、怪しまれぬよう1人で呼び出された場所に乗り込みます。

そこに待っていたのはコングレスマンの宝斑でした。キツネではないがビフロストに関わり、今ここで命を狙われているとイグナトフに言います。ピースブレイカーの二人が追ってくると。

宝斑は条件を提示してきます。自分の存在を誰にも口外せず守ってくれれば見返りのイグナトフの妻を解放すると言います。協力し、宝斑に逃げ道をイグナトフは教えることにします。

宝斑を追ってきた人物は行動課の狡噛と宜野座が対峙しますが逃げられてしまいます。狡噛は気になることがあると呟きます。

宝斑はお前が一番願っているものを叶えることが出来ると囁きます。イグナトフにデバイスを受け渡します。それに生体認証をすれば自分の元で真実を知ることが出来ると言い残すのでした。

その後、イグナトフは生体認証を行い、13番目のインスペクターとなります。契約は成立。約束通りに舞子は解放され、イグナトフの元に帰ります。

舞子と慎導は電話で話します。イグナトフと揉めたことを知る舞子は心配をしていますが、イグナトフは怒りすぎたと反省していると教えます。

そして、舞子は怖いのはこの世界ではなく、私達が絆を失うことだと言います。

イグナトフが慎導を殴ったのを知っている舞子は、慎導にイグナトフを殴り返していいと言います。慎導はそれはいいねと返し、殴って謝って仲直りをすると言います。

ネタバレ⑦常守と狡噛、慎導、弥生

狡噛は監禁されている常守に会いに行きます。

狡噛は常守にあんたの信念は正しかったとただそれだけ伝えます。

過ちを犯さないために真実から逃げないと慎導は自分の父親そしてイグナトフに語りかけるように独り呟くのでした。

そして最後。工事現場に車が突っ込んだ事故のシーンで終わります。車の中には顔から血を流す弥生の姿。

その横にバイクで近づく謎の男の姿。「さらば伝説の女刑事」と呟いて終わります。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第8話の感想

筆者感想

ついに最終話を迎えました。そして映画化決定おめでとうございます。

多くの伏線を残したままのサイコパス最終話でした。とてもモヤモヤします。弥生の最後。常守はどうなるのか。そして慎導やイグナトフのこれから。慎導の父について。敵について。免罪体質について。色々と謎を含んだままの話が多いです。

難しい要素も盛りだくさんなのでこの話を何度も見返しましたがイマイチ敵の立ち位置や脅威、そして慎導の父の存在について理解が出来ていない部分があります。

情報が交錯していて行ったり来たりしますし、事件の内容の深さや用語の難しさなどもあるせいか今作の新しいキャラ一人一人についての情報が浅く感じてしまいました。

インタビューでの正義とは何か、この質問でキャラクターの特徴や過去に繋がる部分が多く見えたように感じました。

サイコパス3は深く様々な目線から考察する楽しさも勿論ありますが、私のように難しかったと声をあげる人も多いのではないでしょうか。

映画化に対して期待の声もあれば、伏線未回収のモヤモヤが残る引き延ばしにされた終わり方に不満の声もあるように感じます。

でもやはり余韻が残るくらいとても面白かったと感じますし、今の未解決部分が解決の方向に向かうのが楽しみでもあります。

1期から見ていたファンとしては常守と狡噛の会話や、宜野座と狡噛の共闘シーンは嬉しいです。胸が熱くなりました。

意味深な最後の狡噛のセリフは今後の動きに大きく常守が関わってくると考えてもいいのでしょうか。

映画化必ず観に行こうと思います。次回作に期待ですね。

みんなの感想・口コミ

1期のキャラの登場に高まるファン層がやはり多いですね。

狡噛と常守の関係性も、宜野座と狡噛の関係性も大好きです。

サイコパスは毎回誰かが亡くなっていますが、今作は平和に終わるのかと思ってました。最後の最後で視聴者の色相が濁るような展開・・・。

1話が1時間分あるとはいえ、やはり全8話だけでは収まりきらないだろうと皆さん思っていたみたいです。映画は来春公開予定のようです。それまで色相をクリアに保って映画の公開を待ちましょう。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え世界最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000タイトルが読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②割引やポイント還元等のキャンペーンが充実
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事