呪術廻戦ネタバレ251話|伏黒救出失敗で虎杖と乙骨敗北!真希が宿儺と戦う!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2024年2月19日発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載される『呪術廻戦』251話のネタバレと考察をご紹介します。

呪術廻戦ネタバレ250話のおさらい

呪術廻戦ネタバレ250話①|乙骨の領域の効果が明らかに!

  • 250話は、乙骨&虎杖vs宿儺の戦いの続きが描かれる
  • 最初に、乙骨の領域について、次の5つの効果が判明する
  • 模倣している術式から一つ選び、それを必中術式として結界に付与する
  • それ以外の術式は、領域内の刀にランダムに宿り、乙骨のみが使用可能
  • 刀を手に取るまでは、乙骨にも効果はわからない
  • 術式を使用すると、刀は消滅する
  • 使用できる剣の本数に、制限はない

呪術廻戦ネタバレ250話②|宿儺の負け筋がここで見える

  • 乙骨は虎杖とリカとの連携で、宿儺を追い込んでいく
  • 現在の宿儺は領域を使用できず、反転術式の効果も鈍い
  • 呪力総量も乙骨と同程度に落ちている
  • また、世界を断つ斬撃と彌虚葛籠いやこつづらの同時使用ができない
  • 一方、虎杖は「魂を捉える打撃」を使用して、伏黒の肉体と宿儺の魂の同調を阻害していた
  • 虎杖の攻撃を受けると、宿儺の呪力出力は低下し、肉体の支配も弱まるとのこと
  • 宿儺の見立てでは、彌虚葛籠が使用できなくなった時に、乙骨は天使の術式で宿儺を消滅させようとしている

呪術廻戦ネタバレ250話③|宿儺を消耗させていく虎杖と乙骨

  • 宿儺は彌虚葛籠を発動した状態で、虎杖と乙骨の攻撃を捌く
  • すると虎杖が、宿儺の腕にしがみつく
  • 宿儺が虎杖にはちで攻撃するも、すぐに回復して再び腕にしがみつく
  • 宿儺の身体が再び、ぐらつき始める
  • 宿儺が虎杖に注意を向けた隙に、乙骨が「呪言」「動くな」と命じる
  • 宿儺が一瞬動けなくなったところを、乙骨が宇守羅彈うすらびで攻撃する

呪術廻戦ネタバレ250話④|虎杖、乙骨、リカの猛攻に耐え続ける宿儺

  • 乙骨の「宇守羅彈」によって、吹き飛ばされる宿儺
  • そこへ間髪入れずにリカが現れ、宿儺を地面に叩き落とす
  • すぐさま虎杖と乙骨が宿儺の元へ向かう
  • すると宿儺が立ち上がり、「解」を発動
  • 虎杖と乙骨は捌ききれず、無数の斬撃を浴びせられる
  • その間、リカが宿儺に殴りかかる
  • 宿儺は蹴りでリカを飛ばそうとするも、押し負けて宿儺が殴り飛ばされる

呪術廻戦ネタバレ250話⑤|宿儺が感じた高専術師の違和感とは?

  • ここで、宿儺がある違和感を感じる
  • その違和感とは、ひと月前とは比べ物にならないほどの、高専術師の強さ
  • 今の宿儺の斬撃では、高専術師に触れた状態で発動しなければ、相手の致命傷にならない
  • 高専術師全員が宿儺の斬撃に耐えうる防御力を身につけたことに、宿儺は違和感を感じた
  • また、虎杖の反転術式や、術式の対象を宿儺のみにした乙骨の領域も、宿儺は「元からできたのか?」と疑問に感じた
  • 「このひと月、何をした?」と問う宿儺
  • 虎杖が「努力と根性」と答える一方、乙骨は「ズルしました」と答える

呪術廻戦ネタバレ250話⑥|乙骨の模倣した術式について考える宿儺

  • 再び、リカを含めた4人の戦いは激化する
  • 戦いながら乙骨は、「すでに条件インクは満たされている」と話す
  • すると乙骨は、宿儺の打撃を瞬時に避けて宿儺の顔に拳をクリーンヒットさせた
  • 乙骨の避け方を見た宿儺は、乙骨が未来予知の術式を使用しているのではないかと考える
  • ここで宿儺は、乙骨の模倣した術式が全て出揃ったのではないかと予想

呪術廻戦ネタバレ250話⑦|乙骨が宿儺の術式「捌」を発動!

  • 乙骨は初見の術式で宿儺の隙を作るため、とある術式の宿った刀を探していた
  • そして乙骨は、目当ての術式が宿った刀を引き当てることに成功
  • すると乙骨は、「空間を面で操る術式」で、自らの身を隠す
  • 次の瞬間、乙骨は刀で宿儺に刀を突き刺す
  • 宿儺は寸前に、素手で刀を受け止める
  • すると乙骨は、宿儺の術式である「捌」を発動
  • 宿儺に無数の斬撃が浴びせられる

呪術廻戦250話のネタバレ詳細を知りたい方は下記よりご覧ください

呪術廻戦ネタバレ251話

呪術廻戦ネタバレ251話①|宿儺の20本目の指の行方が明らかに!

251話は、宿儺に乙骨の発動した「はち」が直撃するシーンから始まります。

「これは俺の……」「いつだ……」と、乙骨が模倣した瞬間を振り返る宿儺。
しかし、その答えはすぐに明らかになります。

「宿儺の指」「最後の一本回収できなかったでしょう」と、乙骨が話しました。
この発言から宿儺は、「そうか 喰ったのか」と、宿儺の20本目の指を乙骨、もしくはリカが食べたのだと察します。

捌による斬撃を与えた後も、間髪入れずに虎杖と乙骨が宿儺に打撃を与えます。

呪術廻戦ネタバレ251話②|捨て身の「世界を断つ斬撃」の発動を試みる宿儺

宿儺に捌を与えた後、すぐさま打撃を与える虎杖と乙骨。

虎杖は宿儺の顔面に膝蹴りをしたり血を吹きかけたりし、乙骨やリカは隙を見て宿儺に打撃を与えていきます。

一方の宿儺は、呪力出力と伏黒の肉体の支配が、だいぶ鈍ってきたのを感じていました

そこで宿儺は、捨て身の行動に出ます。
それは、天使の術式を受けるリスクを承知の上で彌虚葛籠いやこつづらを解き、世界を断つ斬撃を発動することです。

しかし、宿儺がその行動に出ることは、乙骨も想定済み。
そこで乙骨は、呪詞の詠唱をさせないために、宿儺の腹の口を目掛けて殴って、そのまま腹の口の舌を引き抜きました。

ところが、宿儺は一方的に攻撃を受けるわけもなく、反撃に出ます。

呪術廻戦ネタバレ251話③|虎杖の血が宿儺に炸裂!

虎杖と乙骨、リカの猛攻を受ける宿儺。

宿儺は打撃や「解」で反撃をするも、術師たちの致命傷にはなりません。
むしろ乙骨は、宿儺の斬撃の威力が弱まっているのを感じ、「近づいても怖くない」と、一気に距離を詰めようとします。

そのとき、宿儺の顔面に吹きかけた虎杖の血が突然、炸裂しました。
これには宿儺も、「なんだ⁉︎と、驚きの様子を見せます。

これによって、宿儺に隙が生まれ、乙骨が刀を振るいました。
乙骨の一太刀で、宿儺の腕を一本失います。

おすすめの記事