劇場版アニメ「イノセンス」の魅力・感想・評価をご紹介!
出典:Amazon.co.jp

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「イノセンス」とは、2004年に公開されたアニメ映画で、1995年に公開された映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の続編にあたります。

監督は前回に引き続き押井守で、原作は士郎正宗の描いた漫画です。

今回は、劇場版アニメ「イノセンス」の魅力や感想、評価さらには、無料で動画を視聴する方法をご紹介します。

アニメ「イノセンス」とは?

アニメ「イノセンス」の概要

「イノセンス」は内務省直轄の組織「公安第9課」、通称「攻殻機動隊」の活躍を描いた作品「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の続編です。

制作会社はProduction I.G, そしてスタジオジブリが協力しています。

前作の主人公草薙素子が行方をくらましてから3年後の時代となります。

主人公は草薙素子のパートナーだった男、バトーが主人公になります。

本作を理解するには、3つのキーワードがあります。

一つは「電脳化」これは脳や神経系にマイクロマシーンを注入して、ネットの情報とアクセスする技術です。 

もう一つは「義体化」、サイボーグ技術を意味しています。

 最後は「ゴースト」これは極めて哲学的な概念で、自分というものの認識、もしくは「自己」決定させる何かです。

アニメ「イノセンス」のあらすじ

内務省直轄の防諜・テロ対策機関「公安9課」に所属の女性捜査官草薙素子が行方をくらましてから3年の月日が経った頃、ロクスソルス社の愛玩用ガイノイド(人間の女性そっくりのアンドロイド)「ハダリ」が突然暴走し、持ち主を惨殺する事件が起きました。

被害者の中に政治家がいたことから、公安第9課が捜査することになり、バトーとトグサが捜査にあたりました。

アニメ「イノセンス」の登場人物

バトー

声優:大塚明夫  

本編の主人公。体の大半が義体化されています。銃の扱いに長け、高い戦闘力を持っていますが、本来の専門は諜報戦です。

かつてのパートナーである素子が行方不明になってから、喪失感を抱えるようになり、それを補うべく犬を飼うようになりました。

トグサ

声優:山寺宏一 

バトーのパートナー。公安第9課では唯一の刑事上がりです。電脳化されている以外はほぼ生身。所帯持ちで娘が一人います。

 

 

荒巻 大輔

(あらまき だいすけ)

声優:大木民夫

公安9課の部長にして、現場の司令塔。トグサ同様完全な生身です。優れた判断力と政治的駆け引きに長けた人物です。

肩書きが「部長」なのは、彼が公安部に所属していたためです。

アニメ「イノセンス」の主題歌

OP:傀儡謡 怨恨みて散る 作曲・演奏・編曲:川井憲次

本作のOPです。女性がコーラスで歌っており、前作同様、東洋的で神秘的な歌声と音楽が印象的です。どこか人形の魂の叫びを歌にしているような歌詞になっています。

ED:Follow Me 歌手:伊藤 君子

曲はロドリーゴ作曲のアランフエス協奏曲第2楽章に歌詞を付けたものです。どこか悲しげでせつないメロディが特徴的です。素子とバトーが何か語りかけているようにも聞こえます。

アニメ「イノセンス」の魅力とは?

おすすめの記事