【ワンピース】ウタの正体や能力をネタバレ!目的やシャンクスとの関係も解説!
出典:『FILM RED』公式サイト

2022年8月6に公開された映画『ONE PIECE FILM RED』のメインキャラクター”ウタ”

シャンクスの娘でありルフィの幼馴染であることから公開前からずっと注目されていたのですが、映画ではウタの悲しい過去や強力な悪魔の実などが描かれさらに盛り上がりをみせています。

今回はそんなウタについて、徹底的に解説と考察をしていきます!

ワンピースのウタとは?


まずはウタについて、基本的な情報をみていきましょう。

ウタのプロフィール

名前ウタ
年齢21歳
出身地不明
悪魔の実ウタウタの実
通り名世界の歌姫、プリンセス・ウタ
役職元:赤髪海賊団音楽家
登場作品『ONE PIECE FILM RED』
家族父:シャンクス(血縁関係はなし)

ウタは『ONE PIECE FILM RED』のメインキャラクター

 

ウタは『ONE PIECE FILM RED』で新しく登場したキャラクターです。

映画ではメインキャラクターでありメインヴィランでもある人物で、幼いころにシャンクス率いる赤髪海賊団に拾われ、シャンクスの娘であり赤髪海賊団の音楽家として育ちます。

ルフィとも幼馴染ですが、エレジアに起こった悲劇が原因で赤髪海賊団と離別することになり、それ以降はルフィとも会っていませんでした。

エレジアで暮らすようになってからはエレジアの住人であるゴードンが育て親となり、“歌を通じて世界を幸せにしたい”という信念と自分が信じる「新時代」を叶えるために、歌姫として活動していたようです。

映画で登場した時にはすでに「世界の歌姫」と呼ばれる存在になっており、そんなウタが開催した巨大ライブと隠された計画が『ONE PIECE FILM RED』で描かれました。

ウタの『ウタウタの実』の能力と強さ

次に『ONE PIECE FILM RED』のメインヴィランとして戦闘シーンも多く描かれた、ウタの悪魔の実の能力と強さについてみていきましょう。

ウタウタの実の能力

ウタが食べた悪魔の実は「ウタウタの実」です。

分類は明かされていませんが、恐らく超人系悪魔の実だと思われます。

名前の通り、能力は歌に関連しており

  • 能力者の歌を聞いた人間や動物たちを眠らせ、精神を仮想世界に招き入れる
  • 現実世界で眠った状態の人間や動物の体を操ることができる
  • 仮想世界の中では能力者が想像したことを実現できる

という能力を持っていて、『ONE PIECE FILM RED』ではこの仮想世界を「ウタワールド」と呼んでいます。

ヘッドフォンなどで対策し歌を聞かないようにすれば能力の対象にはなりませんが、映画では映像電伝虫を介したウタの歌声で世界総人口の7割が能力の対象になっていたため、機械を通していても歌声を聞いてしまえば能力の対象になるようです。

また、仮想世界の中では想像を実現することができるので、撃たれた傷でも直すことができます。

なお、能力解除には能力者が眠る必要があり、能力解除前に能力者が死亡してしまうと、仮想世界にいる精神は永遠に仮想世界からでられなくなります。


ウタウタの実の強さと技

ウタウタの実は前述のように、仮想世界の中では能力者が想像したことを実現する能力を持っています。

そのため、たとえ能力者相手であってもウタワールドの中で純粋な戦闘能力のみで勝つことは不可能に近いでしょう。

映画で技名は出ていませんが、能力を活用した技は以下のようなものが登場しています。

変幻自在な音符を操る

ウタワールドの中では音符を食べ物や飲み物、ぬいぐるみなどに変化させることができ、音符を操ってバリアにしたり物を運んだりすることも可能。

似たような能力で、対象(人間・動物・船など)を二頭身のマスコットのように変身させる様子も描かれている。

五線譜に拘束する

ウタワールドの中では五線譜を出して対象を拘束することができる。

空に浮かべた五線譜に貼り付けるようにして拘束したり、五線譜でぐるぐる巻きにして拘束する。

衣装を変化させ武装する

自分に限らずウタワールドの中にいる対象者の衣装を自在に変化させることができる。

自身の衣装をアーマーに変化させたり、槍や盾を生み出したりして武装する様子も描かれている。

戦士を生み出す

ウタワールドの中で出した音符を変化させているようで、武装した戦士を無限に生み出して操ることができる。

『ONE PIECE FILM RED』のネタバレ

ウタがメインキャラクターとメインヴィランとして活躍した映画『ONE PIECE FILM RED』をネタバレ解説していきます。

『ONE PIECE FILM RED』は”世界の歌姫”ウタのライブで始まる

 

『ONE PIECE FILM RED』は”世界の歌姫”であるウタのライブから始まります。

世界の歌姫として活動していたウタですが、これまでの活動はすべて電伝虫を通したものでした。

『ONE PIECE FILM RED』で描かれたのは、そんな”世界の歌姫”ウタが初めて公の場に姿を現しての巨大ライブです。

ルフィも麦わらの一味と一緒にこのライブに参戦したのですが、最初はウタが自分の幼馴染だとは気づいていませんでした。

ライブが始まって少し経ったころ、ウタが自分の幼馴染のウタであることに気づいたルフィはステージへと乱入するのですが、「なぜ歌姫と知り合いなのか」とウソップに聞かれたときにルフィから

「だってこいつシャンクスの娘だもん」

という衝撃のセリフが飛び出し、物語が急展開していきます。


『ONE PIECE FILM RED』ウタの目的が判明

”世界の歌姫”ウタは、大海賊時代の影響で苦しい生活をしている人々の心の支えのような存在でした。

そのため、「シャンクスの娘」という衝撃の事実が判明したことで、ライブ会場は一時混乱します。

しかし、ウタが乱入してきた海賊を撃退し、その上で誰も差別せず楽しく生きようと語る姿を観客に見せていたためか、混乱は収まっていきライブは進んでいきました。

ただ、その時間も長くは続きませんでした。

「ライブは永遠に続く」というウタの言葉を聞いて、だんだんとウタと観客の想いにズレがあることが見え始め、雲行きが怪しくなっていきます。

その後ウタと観客たちとのやり取りの中で、ウタの目的が「ウタワールドでみんなが平和で幸せに暮らす」であることが判明したのです。

これはウタにとっての「新時代」でしたが、観客にとっては肉体が現実世界に取り残され、精神だけがウタワールドに閉じ込められてしまうことを意味していました。

『ONE PIECE FILM RED』魔王トットムジカと戦闘

ウタの目的が判明した後、ウタのもとから一時逃げることに成功したルフィ達はウタのもう一人の育て親であるゴードンからウタの過去を聞きます。

その過去は、かつてエレジアを壊滅させたのは、幼いウタが召喚してしまった”魔王”トットムジカであるいうものでした。


おすすめの記事