グラブル第2期アイキャッチ
出典:GRANBLUE FANTASY The Animation Season2公式サイト

本記事ではアニメ「グランブルーファンタジー第2期」第10話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに見逃し配信情報をご紹介します。

前回第9話ではグランたちはグランサイファーの修理のためにガロンゾ島を訪れました。そこでラカムは自分とグランサイファーを知る謎の少年、ノアと出会います。ノアのことを思い出せないラカムは戸惑いますが、そこに帝国軍のポンメルンが襲撃、魔晶の力でノアを暴走させ、グランとルリアはさらわれてしまいました。

今回第10話ではグランとルリアの救出が描かれます。また、帝国宰相のフリーシアの野望が語られ、物語はクライマックスに向けて加速します。

「グランブルーファンタジー第2期」第10話のネタバレあらすじ

ポンメルンにさらわれたグランとルリアは帝国宰相(さいしょう)のフリーシアの前に連れて行かれます。
そこでグランたちはフリーシアにこの空の世界の歴史について説明されます。

遠い昔、星の民が空の世界に現れました。
星の民は未知の兵器で侵略し、空の世界を支配しました。
ですが、空の民は覇空戦争(はくうせんそう)という反乱を起こし、星の民から空の世界を取り戻しましたとさ。

しかし、その過去を認めないフリーシアは空の世界をあるべき姿に書き換えるために歴史を修正すると自らの野望を語ります。
そのためにルリアはこれまで帝国に利用されていたのでした。
一方、ラカムたちはグランを救うために行動を開始します。
首尾良く帝国軍駐屯地(ちゅうとんち)に忍び込みましたが、前回の最後にノアのことを思い出したラカムはグランたちだけでなくノアも放っておけないと言い、ロゼッタとともに別行動を取ります。
そして、カタリナたちはグランたちを、ラカムとロゼッタはノアを救出しましたが、その報告を受けたフリーシアはそれを気にする様子も見せず、計画を第4段階に進めます。

「グランブルーファンタジー第2期」第10話のネタバレ

ネタバレ① 空の世界の成り立ちとフリーシアの野望

フリーシアは先述のように空の世界の成り立ちを説明します。
彼女は今の空の世界は星の民たちが残したけがれの上に成り立った『誤った世界』と言います。
星の民の侵略という事実を消し去り、空の世界の本物の歴史を取り戻す、それがフリーシアの野望でした。
そんなことができるわけがないと言うグランに対し、フリーシアは強大な力を持つルリアならば可能だと言います。
帝国から脱出して旅に出たルリアですが、それこそが帝国の狙い、ルリアに様々な星晶獣の力を吸収させるための計画の一部でした。
しかし、計画のために必要なルリアに逃げ出されてもフリーシアはそれを気にせず、計画を次の段階に進めます。
ここでルリアが逃げ出すことさえもフリーシアの計画通りということでしょうか。
なお、フリーシアが自らの計画を語る際に、覇空戦争を描いたものだと思われる壁画が画面に映し出されます。
そこにはバハムートを思わせる巨大な竜が描かれています。
星の民の未知の兵器とは星晶獣のことでしょうか。
壁画を見るかぎり、フリーシアが全くのデタラメを言っているということは無さそうです。

ネタバレ② 記憶を失っても残ったラカムとノアの絆

前回さらわれた、というより脱走したところを捕まえられたノアはグランたちとは別れて研究所に連れて行かれたようです。
シェロカルテが言うには帝国は長年に渡り星晶獣の研究を行っており、ノアはそこで実験を受けているらしいとのことです。
カタリナたちと別行動を取り、ロゼッタとともに捜索するラカムは研究所で囚われているノアを見つけます。
ラカムはノアと約束のことを忘れてしまっていたと謝罪しますが、ノアはラカムのせいではないと言います。
長年の実験によりノアは力を奪われていき、それと同時に人々の記憶からも消えていきました。
また、誰の記憶からも消えてしまうことはノアの存在自体を危うくしてしまうことと同じことでした。
そんなノアを支えていたのはラカムとの約束でした。
ラカムとの約束を強く意識することで、時として消えてしまいそうな自分自身を繋ぎ止めることができたのだとノアは語りました。
そんなノアに対してラカムは自分も同じだと言います。
ノアのことも約束のことも忘れてしまったラカムですが、約束の時に感じた思いだけは残っていました。
誰も信じてくれなかったラカムの夢をノアだけは絶対に叶うと信じてくれた、その思いだけで今日までやってこれたのだと。
ノアは自分自身を強く保つことで消滅しないようにしてきましたが、その裏にはラカムの思いもあったのでしょう。

ネタバレ③ まだまだ残る謎

研究所に連れて行かれ実験を受けていたことから、ノアが星晶獣であることは間違いないようです。
しかし、未だ彼の謎は多いです。
ポンメルンの報告から、『捨てられし船』はノアのことであると思われます。
その言葉の意味するところが分かりません。
また、ノアは首輪をしていましたが、それが今回外れました。
ラカムが必死に解錠を試みていましたがどうにも外れません。
騒ぎを聞いた帝国兵が駆けつけ、もはやノアをこの場に残すしかないのか、というところで首輪があっけなく外れました。
もちろん、たまたま外れたというわけでは無いです。
その後のシーンで帝国兵が『捨てられし船のリミッターを解除した』と報告します。
このリミッターは首輪のことで間違い無いでしょう。
リミッターを外されたノアの力が何を巻き起こすのか。
今後の大きな火種になりそうです。

上記のリミッター解除の報告を受けたフリーシアの口から計画を次の段階に進めるとともに『プロトリアクターの実証実験を開始』という言葉が出ました。
また知らない言葉が出てきました。

さらにオイゲンは一人別行動を取り、何か大きな仕掛けを用意しているようです。
果たしてこれらの謎がどのように繋がっていくのでしょうか。

「グランブルーファンタジー第2期」第10話の感想

筆者感想

前回に引き続き、今回もクライマックスに向けての溜めの回という印象でした。
フリーシアの計画の全容が明らかになったかと思えば、計画に必要なはずのルリアを手放し、その代わりなのか新たに存在が示されたプロトリアクターなるもの。
動向の見えない黒騎士たちに対して、何やら動き出したオイゲン。
『捨てられし船』がノアだと分かったものの、その言葉の保つ意味は未だ解明せず。
既存の謎にさらに謎が重なったり、対象的に描かれたり、一部を明らかにしつつも核心には触れないままであったりと形は様々ですが謎は山積みです。

しかし、その一方で徐々に解き明かされる謎もありました。
・なぜ巨大な帝国がたった一つの騎空団相手にここまで手こずるのか
→ルリアに様々な星晶獣の力を手に入れさせるために泳がせていた。
・帝国はルリアをどのように利用するのか
→空の世界の歴史を書き変えるため。
・星の民と空の世界の関係
→かつて空の世界を支配したのが星の民であり、フリーシアはこの忌まわしい過去を消すために歴史を書き変える。
このように、それぞれの謎が解決し、一つの点に見事に収束していく流れはとても気持ち良かったです。

残された謎もこのように重なっていくのでしょうか。
物語のクライマックスは刻々と近付いていきます。

みんなの感想・口コミ

今週もラカムノアの話題で持ちきり。
ノアの謎も残っているので今後もこの二人の描写は外せないのですが、他の話題を考えると二人だけに時間を割き続けることもできないのです。
果たして今後はどうなるのか。

面白かったですね。顔だけおじさん。
筆者的にはテスカトリポカ(第1話で出てきた星晶獣)もツボでした。
ティアマトたちと違ってテスカトリポカだけゲームのメインストーリーで一切登場しないのに何故かアニメで登場してきたのですよ。
いいかげん忘れそうになったところを不意打ちされました。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事