アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」9話のネタバレと感想を紹介!
出典:「食戟のソーマ」公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

本記事では、12月6日の放送された「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」第9話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介いたします。

「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」第9話では、”野ウサギ”という食材で勝負をしている司の実力が発揮される場面が多くなります。

タクミは竜胆に完敗し、1勝1敗で並んだ対決は、いよいよ第1席の料理によって決まることになるのです。一色がこれで勝てば、反逆者側の勝利が確定。そんな中、司は冷静に料理を完成させていきます。

果たして勝つのはどちらか!?

アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」9話のネタバレあらすじ

一色が紀ノ国との関係性を明かした中で、司は再び仲間にならないかと尋ねます。すると一色は司のマイペースさを称えます。司は目の色を急に変化させ、真剣な表情になります。そして司が完成させた料理がいよいよ登場することに!

司はかつてフランスの王様でもある、ルイ14世が食したオーソドックスな品で勝負してきました。一色は和のテイストを貫き通しましたが、司の方もオリジナルではない定番の料理で挑み、男と男の激しい料理対決が展開されていくことになります。

反逆者側連合が勝利を勝ち取るのか、それともセントラル側の十傑達が粘りを見せるのか!?

アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」9話のネタバレ

ネタバレ①司の絶品フランス料理!

司はルイ14世を初めとし、貴族たちが食べてきた料理を完成させました。司が作り出したのは「野ウサギの王室風仕立て」です。完成した料理は見た目だけでなく、香りや力強い盛り付けといった部分から既に高い評価を受けます。司は自信満々でこの料理を製作していたのでした。

しかし司の料理は、フランス料理の中で野ウサギという食材を使用するにあたり、定番料理となる作品でした。審査員はそれをどのように自分の味に染めたかどうかを不安材料として懸念します。しかし審査員は司の料理を実食すると、アンはその美味しさに悶絶をしてしまうのです。

それもそのはず、司が作り出した野ウサギの料理は、肉本来の独特なにおいを上手くかき消すことに成功させ、焼き加減はこれ以上にないほど完璧に仕上がっていました。”フォアグラ・チョコレート”を上手く駆使して、味の美味しさを繋げていることが判明します。

とはいえ他の審査員は一色の方が料理の味は上なのではないかと評価をします。しかし悶絶したアンは、ソースの下にある部分を他の審査員に伝えるのです。司はソースの下に一体どのような工夫を施したのでしょうか。

ネタバレ②司の天才技術

悶絶したアンは、ソースの下に目をつけていました。司の料理にはソースの下に、もう一つ別の層が練り込まれてあったのです!それはロワイヤルといい、日本語では茶わん蒸しという名のものが作り上げられていました。審査員はソースの下のロワイヤルを実際に実食します。

すると、今度は全く違う味が広がり”コンソメ”や”ポルチーニ茸”の食材のインパクトが強くなるのです!そして食管も非常に滑らかで、食べた瞬間口の中でとろけてしまう完成度でした。司はオーソドックスなフランス料理から、二つの層を作り上げたという天才的な技術を見せつけます。

そして隠していたものは他に沢山あることも、審査員は発見することになるのでした。「イチジクとリンゴのピュレソース」や、「栗のコンフィ」等を使用。それによりフルーツの酸味や甘みがこの料理を引き立たせていました。野ウサギ料理というボリュームある料理を飽きさせない工夫をしていたのです。

本当の料理人しか出来ない天才の技術を、司は大事な場面で失敗することなく披露してきたのでした。審査員は司の事を「天才、異常者ともいえるほど」と言わしめるほど。

おすすめの記事