【ワンピース】革命軍まとめ完全版!幹部の能力や今後の動向を徹底解説!
出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

ワンピースの物語も最終章に入り、謎の多かった革命軍の動きも本格的になってきました。
神の騎士団と戦う可能性もあり、今後物語で重要なポジションになりそうです。

革命軍の幹部の能力やマリージョアでの行動、今後の動向などをまとめました。

革命軍とは?

まずは革命軍についておさらいしていきましょう。

打倒世界政府を目的に暗躍する反政府組織

 

革命軍は、「打倒世界政府」を目的に活動している組織です。
不条理な社会とその未来を正すため、世界中にその思想を広め、クーデターや革命を引き起こしています。

世界政府はもちろん革命軍を危険視していますおり、革命軍のメンバーにも海賊同様、賞金首が設定されています。
しかし、なかなか革命軍に関する手がかりを掴めずにいるようです。

革命軍は世界政府を敵対していますが、あくまで倒そうとしているのは天竜人だけです。
世界政府加盟国は敵対視しておらず、海軍とも積極的に戦うつもりはないと考えられます。

革命軍トップはドラゴン

 

革命軍のトップは総司令官であるモンキー・D・ドラゴンです。
革命軍トップであるため、世界政府からもかなり危険視されており、「世界最悪の犯罪者」と言われています。

また、ドラゴンはガープの息子であり、ルフィの父親でもあります。
その立場から素性を多く語っていないようで、海兵は愚か、革命軍幹部ですらこの事実を知りませんでしたが、マリンフォード頂上戦争にて世間に公表されました。

しかし、ルフィはドラゴンと全く面識がありません。
ただ、ローグタウンにて、スモーカーに捕らえられたルフィを助けている点から、ルフィを息子として大切にしていると考えられます。

革命軍のトップですが、世界政府の科学者であるベガパンクと付き合いがあることが判明しています。
また、くまの過去を描いた回想で、元々は海軍にいたことも明かされました。

オハラの一件から革命軍結成を決意

 

ドラゴンは、革命軍が結成される前は、「自勇軍」の隊長として活動していました。
ドラゴンは戦争嫌いであるため、自勇軍は、戦闘を行わなずに革命を起こす組織だったようです。

しかし、22年前にオハラがバスターコールによって滅亡します。
オハラのクローバー博士と面識があったドラゴンは、世界政府の暴力による弾圧に怒りを覚え、戦える軍隊の結成を決意します。

この直後にドラゴンは革命軍を結成したと思われます。
ワンピース1066話でドラゴンは、ベガパンクと会い、革命軍を作ることを話していました。

ソルベ王国の悪政を止め革命軍結成

 

ワンピース1096話では、ドラゴンが革命軍を結成する様子が描かれました。

22年前のソルベ王国国王は天上金支払いの足手まといになる国の南部を切り捨て、南部の国民を奴隷にしようとします。

悪政に抗議したバーソロミュー・くまは逮捕されてしまいますが、自由軍が力づくで奴隷政策を破棄させます

イワンコフの奴隷時代の仲間だったくまとジニーを仲間に加え、革命軍が結成されました。

革命軍の本拠地

 

革命軍の本拠地は偉大なる航路のとある海域に存在しているバルディゴです。
数十年に渡ってバルディゴを本拠地としており、その数十年間、一切見つかりませんでした。

しかし、ドレスローザから帰還している際に、黒ひげ海賊団のバージェスに侵入され、その居場所がバレてしまいました。
そして、黒ひげ海賊団はバルディゴを襲撃し、革命軍総本部が壊滅状態になったのです。

そのため、現在は本拠地をカマバッカ王国に移転しています。
革命軍には大した被害は出ていないようなので、元々拠点を移す予定だった可能性もあります。

革命軍のメンバーまとめ

次に、革命軍のメンバーについて解説していきます。

革命軍No.2はサボ

 

革命軍のNo.2は参謀総長のサボです。

サボはルフィやエースと兄弟の盃を交わし、共に幼少期を過ごしていました。
ただ、サボは貴族生まれであり、2人とは少し考え方が違っていました。

グレイターミナルの放火があった際も、放火の黒幕が国や貴族であることを知ると、貴族に生まれたことを心から恥じていました。
そして、このままゴア王国で過ごすことで人格が変わることを恐れ、サボはこの翌日に海に出る決意を固めたのです。

しかし、ちょうど天竜人の船が横切り、サボは砲撃を受けて生死不明となりました。
そのため、エースとルフィはサボが死んだものと思っていたのです。

しかし、実は天竜人の式典の後にドラゴンによって救出されていました。
その後、自ら志願して革命軍に加わり、No.2のポジションまで上り詰めました。

8カ国革命は炎帝サボと呼ばれるようになり、ドラゴンを凌ぐほどの影響力とも呼ばれています。

革命軍軍隊長と副隊長

 

革命軍には、「東の海」「西の海」「南の海」「北の海」に加えてグランドラインそれぞれに軍隊長が位置づけられています。
それぞれの配属は下記の表のとおりです。

隊長副隊長
G軍(グランドライン)エンポリオ・イワンコフイナズマ
東軍(東の海)ベロ・ベティあひる
西軍(西の海)モーリーウシアーノ
南軍(南の海)リンドバーグギャンボ
北軍(北の海)カラスジロン

その他幹部や主な構成員

 

隊長などの役職はないにしろ、革命軍で名前のついたキャラクターもいます。
ここでは、5人ご紹介します。

コアラ

1人目は、コアラです。

コアラは革命軍の幹部の一人として活動しています。
もともと天竜人の奴隷という経験を持っていますが、フィッシャー・タイガー率いるタイヨウの海賊団によって救われ、現在は明るく生活をしています。

ハック

2人目は、ハックです。
ハックは魚人空手師範代であり、革命軍では兵士として活動しています。
コアラやサボの師匠に当たる存在であることから、相当な実力者であることが分かります。

テリー・ギルテオ

3人目は、テリー・ギルテオです。
テリーは革命軍の情報管制官で、世界中から送られてくる戦況情報の解析を行っています。

バニー・ジョー

4人目は、バニー・ジョーです。
ジョーの役職は明らかになっていませんが、テキーラウルフにてロビンに声をかけ、革命軍に招待していました。

バーソロミュー・くま

5人目として、バーソロミュー・くまについてご紹介します。
くまは、現在天竜人の無敵奴隷に改造されましたが、もともとは革命軍の軍団長でした。

革命軍結成の地でもあるソルベ王国の出身で、バッカニア族だったために奴隷にされています。
奴隷時代にイワンコフと出会っていたことが縁で、革命軍に勧誘されました。

革命軍を抜けた後は、悪政を敷いたブルドッグ王を倒して国王にもなっています。

ジニー

最後に6人目としてジニーを紹介します。
ジニーは奴隷時代のイワンコフの妹分であり、奴隷でなくなった後はくまと生活していた女性です。

ジュエリー・ボニーの母親でもあり、革命軍時代は東軍軍団長だったことが分かっています。

おすすめの記事