食戟のソーマ
出典:「食戟のソーマ」公式サイト
スポンサーリンク

本記事では12月20日に放送された「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」第11話を見逃してしまった方のために、ストーリーのネタバレや感想をご紹介していきます。

「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」の第11話では、司と竜胆のスペシャルコース後の、幸平とえりなの料理シーンが多く描かれています。司と竜胆は遠月学園の中でも最高峰の料理を作り出しました!勝ち目はないと薊に言われた幸平でしたが、勝利するビジョンは見えていたのです。果たして幸平とえりなの勝つ秘策、そしてどんな料理を作り出すのか!?

アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」11話のネタバレあらすじ

連帯食戟の最終戦、幸平とえりなはかつ手段を必死に考えていました。えりなの父親でもある薊総帥には勝ち目がないとも言われてしまいます。幸平は司との勝負時には出さなかった料理を作ることを言いました。更に司の料理を超えることを宣言。

しかし幸平とえりなが思い描いている料理は全く違うもので、会議も非常に長引いてしまいます。チームワークも司や竜胆にはこの時点で劣っていました。

幸平は連帯食戟の趣旨を予め確認。幸平はえりなに料理の味見をさせる行動に出るのです。連帯食戟では味見を任せるという事も可能であることから、えりなの”神の舌”という素晴らしい能力を手助けに加えることにします。

そして遂に始まった連帯食戟、幸平が出した料理は一体どのような料理なるのか!そしてえりなのメインディッシュはどのような作品になるのか!薊総帥に勝ち目がないといわれた二人は、勝利を目指して一心不乱に料理に専念します!

スポンサーリンク

アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」11話のネタバレ

ネタバレ①幸平の考えた勝利への道!

 

幸平はじゃんけんで負けてしまい前菜となってしまいましたが、司の料理を超えるものを作り出すことを約束します。幸平は自分の中で自信のある料理2つを作りだします。それは”うずらの詰め物リゾットと卵~生意気小僧風~”と”時限式・麻婆カレー麺”でした!

幸平はこの2つの料理をえりなに試食させ、旨いと思ったらメインディッシュを譲ると言おうとしていました。しかし、えりなは旨いと素直に言わずメインディッシュとしては欠けている部分が多いことを指摘します。味にインパクトを詰め込み、なおかつ実力を証明するものをメインディッシュにするということを幸平にバシッと伝えたのです!

えりなと幸平はそこからまた口論になってしまい、連帯食戟という意図を忘れつつありました。そこに一色が幸平にあるアドバイスをします。それはえりなの”神の舌”を利用し、最高の料理を作り上げるという事でした。幸平はそれを鵜呑みにし、興味深いアイデアと捉えます。

そしてえりなにソテーした鶏レバーを味見させ、料理の各パーツごとに味見をさせることで、司と竜胆の料理の味を超えようとしていました。それを繰り返し、幸平の前菜は徐々に完成形に近づいていたのでした。

ネタバレ②幸平の必殺料理!

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事