呪術廻戦161話アイキャッチ
スポンサーリンク

ついに虎杖・伏黒・パンダ・秤が参戦した「死滅回游」。最新話では、虎杖と伏黒が同じコロニーに突入し、いよいよ戦闘が始まりました。

他のプレイヤーはどんな人物で、どんな術式を所持しているのでしょうか。第161話「東京第一結界①」のネタバレです。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』前回160話のおさらい

前回は、結界の中の一般人(非術者)たちの様子が描かれました。夢の中で羂索と遭遇し、「一度だけ自分の意思で結界の外に出られる」ことを伝えられる一般人たち。その中に、虎杖のかつての先輩である佐々木と井口もいました。

特に佐々木は羂索から「息子と仲良くしてくれてありがとう」という言葉もかけられていました。
どうやら佐々木は、この「ロン毛で袈裟の男」が言っていた「息子」が虎杖であることに、勘付いていたようです。

同じ頃、天使の捜索をしていた虎杖たちもいよいよ、結界への突入の準備をしていました。
伏黒津美紀の死滅回游宣誓期限まで、あと7日と12時間です。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』161話ネタバレ①|虎杖と伏黒の会話

出だしから、何やら不穏な雰囲気の女性が、トランシーバー越しに「甘井」という人物とやりとりしていました。
甘井は彼女に、合図を送る役目を負わされているようです。

ちょっと口答えしただけでも「は?」「あんまナメてると轢き殺すわよ?」とまで言われており、はっきりと上下関係があることがわかります。
この女性、髪がジェット機のように変形する様子も描かれていました。

おそらく、飛行系の術式の所持者なのでしょう。
甘井への態度といい、友好的な雰囲気とは言い難いキャラクターです。

虎杖と伏黒は、二人で「東京第一結界(コロニー)」に突入するつもりでした。
突入直前、二人は結界に進入したあとのことを話しあっていました。

主な方針は以下の通りです。

・受肉した過去の術師には要注意(命の価値がまるで違うため、殺し合いを厭わないため)

・鹿紫雲一や日車寛見(すでに100点を取っているプレイヤー)には話が通じない可能性がある

・現代人の術師とは積極的に情報交換を行う

こうした方針確認のもと、いよいよ二人も結界に突入することになりました。目下の目標は、日車寛見への接触です。
しかし、参戦を宣告した途端、予想外の事態が発生しました。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』161話ネタバレ②|総則に載っていない「法則」

結界に入った途端、虎杖と伏黒は強制的に二手に分かれさせられてしまいました。なんと、死滅回游にはすでに開示されていた「総則」には載っていない「法則」があったのです。
それがこの「結界に侵入したプレイヤーを、ランダムで9つの地点に転送する」というもの。

虎杖のように空中に転送された人物も、事前に何人かいたようですね。その証拠に、空中に放り出された虎杖の背景には、人が墜落死した痕跡のようなものが描きこまれています。
(これに関しては「術師なら空中に放り出されても無事なのでは?」「術式や強さによると思う」「ある程度実力ないとシステムに殺されるのか」などの感想が見られました)
術師や呪霊との戦闘だけでなく、こういったシステム上の「死」も、死滅回游には仕組まれているという事実は、多くの読者を震撼させました。

さらに、これは虎杖や伏黒にとってもうひとつ、よくない状況を引き起こしています。
虎杖は、渋谷事変で宿儺に肉体の主導権を奪われた経験から、伏黒と一緒に行動する予定でした。もしまた、宿儺が表に出てくるようなことになったら、渋谷事変の二の舞ですよね?
しかし、安易にこの二人を合流させてくれない展開が始まります。

『呪術廻戦』161話ネタバレ③|初心者狩りをするプレイヤーたち

冒頭の女性は、この「総則にない法則」で混乱している新規プレイヤーを狙う「初心者狩り」の術師でした。

甘井が誘導灯で送った合図と同時に、虎杖に思いっきり突っ込んでくる冒頭の女性。
この攻撃で虎杖は、ビルを貫通しつつも何とか着地し、体勢を立て直しました。女性本人が「大抵のプレイヤーはミンチになる」と言っているこの攻撃、確かにかなり強力です。
加えて、他者への攻撃(それも即死級の攻撃力のもの)を加えることに、一切ためらいがないことも、不安要素です。
ただ、虎杖にはこの攻撃も、通用しませんでしたね。平気な顔で立ち上がった虎杖は、呪力を込めたコンクリート片を女性に投擲!命中した女性は墜落していきました。

彼女に、日車や伏黒のことを尋ねようした虎杖の前に、次の他プレイヤーが登場します。
「人の女に何しとんのじゃ!!」と言い放つ、髪がプロペラ状に変形した男性です。動じることなく虎杖は、「コッチに聞けばいいか」と、対象を男性の方に切り替えました。
一方、女性を「羽生さん」、男性を「羽場さん」と呼んでいた甘井は、虎杖を知っていたような様子でした。
甘井は虎杖と、どんな関係のある人物なのでしょう?

『呪術廻戦』161話ネタバレ④|伏黒、妙な女に絡まれる

一方、想定外のはぐれ方をしたことに動揺する伏黒の前にも、他のプレイヤーが現れていました。
「どぉしてこんなことするのぉ??」
「言って?くだ……?」「教えて?くだ……?」
などのセリフから、かなりクセのありそうな女性であることがわかります。

しかし彼女、なんと日車のことを知っているようなのです。
彼女は「日車が100点を取っている」ことは知っているらしいのですが、果たして本当に居場所まで把握しているのでしょうか?
不安があるとは言え、彼女は今の伏黒にとって唯一の手掛かりと言える存在です。

伏黒が鵺を使って確認したところ、付近に虎杖はいない模様。「鵺でも見つけられない」「死滅回游の結界は渋谷よりずっと広い」ということを伏黒は把握しました。
「教えてあげてもいいけど、私のお願いも聞いて欲しいなぁ」と言う女性・麗美のお願いとは「私の騎士になって?」というもの。

伏黒は「分かった、それでいい」と承諾し、同行することになりました。現状、伏黒は「自分で100点獲ってもいいんだ」とは考えているようです。麗美を手にかけるという最悪の場合も、覚悟しているということでしょう。

伏黒はこのまま、日車に辿りつけるのでしょうか。

『呪術廻戦』161話の感想と考察!

ついに他のプレイヤーと遭遇し、戦闘が始まった161話。特に虎杖が遭遇したプレイヤーたちは、随分と好戦的な人物たちのように思われます。

彼らが「羂索によって覚醒した術者」なのか、「(最長で)1000年前から生きている術者」なのかは、まだ明らかになっていません。
もし、彼らが「術式を与えられた現代人」であれば、伏黒の見込みは大きく外れることになってしまいます。

「現代の術師との情報交換」は、果たしてうまくいくのでしょうか?
虎杖のことを知っていたらしい甘井の件も気になります。一体、どんなつながりがあるのでしょう?

一方の伏黒も、なかなかクセのある女性と遭遇していました。麗美と名乗った彼女は、所持している術式がまだ不明の存在です。
「髪型がサソリの尻尾に似ている」との感想も見受けられましたが、果たしてサソリの毒針のような術式を使うのでしょうか?

また、伏黒の「覚悟」という言葉も気になるところです。伏黒は、その覚悟を最後まで貫くことができるのでしょうか?

「肝心な時にその覚悟が鈍りそうで心配」というファンの不安が的中するようなことにはならないでしょうか?
そして、津美紀の運命は?

今後の展開から目が離せませんね。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!
DMM電子書籍
DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事