炭治郎
出典:pixiv@JET-HIROYA

アニメ鬼滅の刃だけ見ている方はわからないかもしれませんが、途中から『痣』というものが戦闘でかなり重要になってきます。

「痣って炭治郎の額にあるもの?」
そう思った方が多くいると思うのですが、半分正解で半分間違いです。

今回は、その痣について詳しく解説していきます。
物語中盤から最終回まで、痣がキーになってくるので、あまりわかっていない方はぜひ、この機会に理解しておきましょう。

「鬼滅の刃」アニメ2期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録

表の通り、アニメ2期の続きを読みたい方は漫画12巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【鬼滅の刃】一部の者のみが扱える痣とは?

まず、『痣』とは何なのか、痣が発現した時の効果と発現条件について解説していきます。

痣の効果で身体能力が向上

 

鬼滅の刃での『痣』とは、ある条件を満たすと体のどこかに浮かび上がる模様のことを表しています。
痣の本来の意味である「皮膚の内出血」とは意味が異なりますので、ご注意ください。

痣が発現すると、一時的に身体能力が向上
作中で痣を発現させることができるのは、炭治郎と柱の数人だけ
痣の位置や形は、人それぞれ異なります。

また、赫刀を使う前に痣を発現していたことから、赫刀の発動条件になっている可能性もあります。

赫刀とは、赤く変化した日輪刀のことです。
攻撃で斬った部分は回復が遅くなり、鬼に致命傷を与えることができます。


痣の発現条件

痣というものは、一定の条件を満たせば、意図的に発現させることができます。

現役の柱の中で一番最初に痣を発現させた霧柱・時透無一郎は、こう考察していました。
心拍数200以上、かつ体温39度以上で死ななければ、痣を発現させることができる」

ただし、普通の人間であれば、この条件に達しても死んでしまいます。
選ばれた人間のみが扱えるものということです。

また、痣が発現していた場面は上弦の鬼との戦闘がほとんどだったため、強敵との死闘をすることで痣が発現するとも解釈できます。

産屋敷の当主代理を務めた産屋敷あまねは、柱たちにこう説明していました。
「昔、鬼舞辻無惨を追い詰めた始まりの呼吸を使用する剣士たちは全員、炭治郎と同じような痣が発現していた

そしてもう一つの条件は、痣が発現した剣士の周りには、伝播するかのように周りの剣士たちも痣が発現するということです。
作中では、『刀鍛冶の里編』で炭治郎と共闘した恋柱・甘露寺蜜璃と、霞柱・時透無一郎にも痣が発現したことからも証明されています。

【鬼滅の刃】炭治郎の痣について

炭治郎にも、額に痣らしきものはありますよね。
それは、上記で説明した痣なのか、それとも違うのでしょうか。

炭治郎の額の痣は火傷だった

炭治郎の額の左側にある赤黒い痣。
これは第1話の人間の時からありました。


おすすめの記事