呪術廻戦174話ネタバレ|乙骨vsゴキブリの呪霊『黒沐死』戦、開幕!

仙台のこう着状態を崩した乙骨は、非術師を守りながら戦っていました。
四つ巴の他の強者である烏鷺と石流も、乙骨の動向に注目しています。
しかし、乙骨が倒したドルゥヴは、ゴキブリの呪霊の『黒沐死(くろうるし)』が休眠する条件を作っていた人物でもありました。
戦いは、特級術師・乙骨vs特級呪霊・黒沐死の構図となります。

それでは、第174話「仙台結界①」のネタバレです。

『呪術廻戦』前回173話のおさらい

伏黒に持ち点すべてを譲渡し、レジィは事切れました。
レジィの仲間だった麗美や黄櫨は生き残っていましたが、弔い合戦をするつもりはないようです。
特に黄櫨は、芸人術師・髙羽史彦の術式「超人(コメディアン)」に、すっかり翻弄されていました。
それもそのはず、この術式は「五条悟にも対抗し得る」力だったためです。
一方、レジィに勝ったものの伏黒は満身創痍でした。
倒れた伏黒のもとに姿を現したのは、天使・来栖華でした。

そして、場所は仙台へと移ります。
虎杖や伏黒に先んじて、結界内に進入していた乙骨は仙台にいました。
この結界は、強者4人の睨み合いが続いており、レジィが言っていたこう着状態がすでに始まっていました。
これを、乙骨は崩します。
91点を保有していたドルゥヴ・ラクダワラを撃破し、いよいよ乙骨の戦いが描かれることになります。

『呪術廻戦』174話ネタバレ①|乙骨の動向を見守る二人

石流も烏鷺も、ドルゥグ・ラクダワラが倒されたことを察知していました。
烏鷺はドルゥヴの式神の消滅を確認し、石流はドルゥヴの縄張りに接近していたためです。
ドルゥヴの式神が消えたことを、烏鷺は喜んでいました。
また石流も、ドルゥヴが乙骨との戦いで手一杯だったことを察知しています。
二人とも、乙骨が相応の実力者であることをこのようにして把握していました。

しかし、彼らが気にしていたのは乙骨のことだけではありませんでした。

「これで、黒沐死が動く……!!」

睨み合いの一角だった黒沐死は、ある条件のもとで休眠状態になっていました。
その条件を握っていたのが、ドルゥヴだったのです。
そのためドルゥヴの脱落は、黒沐死が動くことを意味していたのでした。

烏鷺は舌打ちと共に「最悪」と呟き、石流は不敵に笑って「面白くなるな」と言っていました。

『呪術廻戦』174話ネタバレ②|非術師を守る乙骨

戦いを終えた乙骨に、声をかける複数の人影がありました。
彼らに乙骨は、「もう出てきて大丈夫ですよ」と返事をします。
結界内にいた非術師の避難誘導も、乙骨はしていたのでした。
いたのは、だいたい10名前後ほどの人数の集団です。
中には幼い子どもや高齢の女性、赤ちゃんをおんぶした若い母親も含まれていました。
彼らを結界の外へ送り届けようと、乙骨は考えていたようです。
そのため、このまま結界の縁を目指して北上しようとしていました。
が、幼い子どもの体力には限界があります。
その他の人々も、疲れている様子でした。
これを見た乙骨は、ドルゥヴを倒したスタジアム付近で休憩することを提案します。
強い術師の縄張り付近に、近寄ってくる術師はいないだろうと考えたからでした。

しかし、そんな一行に、不穏な音が近づいてきました。

余談にはなりますが、この時点での乙骨の位置も、特定していた読者がいました。
現実の地理と重ね合わせることで、より呪術廻戦を楽しむことができそうですね。

『呪術廻戦』174話ネタバレ③|「つーか、やっぱ黒沐死、キモッ」

https://twitter.com/w5w_y4/status/1490360003298934785?s=20&t=FMcqNFF7w1MeRPdEzNbFZg

迫って来ていたのは、ゴキブリの大群でした。
逃げ遅れた非術者が、黒い波に飲まれていく様子が描かれています。
乙骨は、非術師をスタジアム内へと避難させ、まだ助けられそうなひとりの救出に向かいました。
しかし、無数のゴキブリに飲み込まれた非術師の青年は、あっという間に骨だけにされてしまいます。
波のように押し寄せるゴキブリはすべて本物d、一匹一匹に呪力が宿り、強化されたものでした。
単体であれば、乙骨が手こずるような相手ではありません。
ところがこれほどの数になれば、話は別です。
乙骨は『リカ』にスタジアムの入り口を封鎖させ、群がるゴキブリを刀で一掃しました。

この様子を、石流も烏鷺も見ていました。
出力や呪力の総量といった乙骨の実力を、彼らは冷静に分析しています。
ドルゥヴを撃破したのはマグレではないことを、烏鷺も石流も把握したのでした。

余談にはなりますが、ここの描写は多数の読者から悲鳴があがっていました。
やはり、ゴキブリはどうしても苦手な人が多いようですね。
そのため烏鷺の「やっぱ黒沐死キモッ」は、多くの読者の共感を誘ったようでした。

『呪術廻戦』174話ネタバレ④|乙骨が目指すもの

ドルゥヴと相性が悪かった黒沐死は、「ドルゥヴの結界内での生存」を休眠導入条件として眠っていました。
そのドルゥヴを、乙骨は倒したのです。
目覚めた黒沐死は、覚醒直後のため飢餓状態でした。
さらに、黒沐死は無限の食欲を持ち、食べただけ単為生殖を行います。
食事の邪魔をした乙骨を、貪り食うと黒沐死は決めるのでした。

ちなみに「単為生殖」は、雄または雌のどちらか一方の個体のみで、子孫を作り出す生殖のことです。

一方乙骨は、呪霊もプレイヤーとして参戦していることを知りました。
先ほど倒したドルゥヴと同様、外に出してはならないプレイヤーであることを、乙骨は察知しています。
乙骨は、事態を収拾するためには最低でも4回、ルール追加を行う必要があると考えていました。

・連絡手段の確立(プレイヤー同士で連絡を取り合えるようにする)
・結界の出入り(プレイヤーが自分の意思で、結界内に自由に出入りできるようにする)

この二つに加え、伏黒が提案した追加ルールが二つあり、合計で四つです。
しかし、結界の出入りを可能にするためには、ドルゥヴや黒沐死のように無差別に相手を襲う存在をそのままにしてはおけません。

さらに乙骨は、その先のことも考えていました。
死滅回游の収束、五条の解放、その先には羂索との戦いが待っています。

『先生に二度も、親友を殺させない』

理由は、「夏油は五条の、たった一人の親友だから」でしょう。
その親友を、五条は一度手にかけています(劇場版の内容ですね)。
同じことを五条にさせないよう、乙骨は立ち回るつもりのようです。

単独で400点を獲得する決意を固める乙骨に、黒沐死は「爛生刀」という武器を取り出すのでした。

『呪術廻戦』174話の感想と考察!

いかがでしたか?

回游のさらに先を見据え、五条のために羂索との戦いを決意する乙骨の姿に、多くの読者が心を動かされていました。
大ヒット中の劇場版の興奮が、本誌の展開と重なってくる流れになっていますから納得の反応でしょう。
SNSでも乙骨の名前がトレンド入りしていたほどです。
まさに、注目の戦いと言えますね。

ただ、その戦いの相手に関しては、読者の反応が分かれていました。
特に虫がとにかくダメ!という人の中には、それこそ絶叫しながら174話を読む羽目になった人もいたようです。
黒沐死の操るゴキブリの圧倒的な物量も、読者が悲鳴を上げる要因になっていました。
次回以降も、虫が苦手な人には辛い流れが続くことになりそうです。

とは言え、劇場版の内容以降、読者が知りたいと感じていた乙骨の謎についても、今後明らかになっていく可能性が高いです。
気になる幕引きとなった今回、次週は休載であることが予告されています。

期間は少し開きますが、これまでの内容を読み返すなどしながら楽しみに待ちましょう。


おすすめの記事