ワンピース1049話ネタバレ|カイドウの過去が明らかに。そして、ついに決着?

週刊少年ジャンプ2022年5月16日(月)発売号の『ワンピース』本誌1049話のネタバレをご紹介します。

ワンピース1048話前回のおさらい


1048話では、「ゴムゴムの猿神銃」(バジュラングガン)と「昇竜 火焔八卦」(しょうりゅう かえんはっけ)というカイドウとルフィの新技が激突しました。

また、傳ジローが日和を襲おうとしていたオロチを打ち、花の都の人々の願いが届いたようなシーンも描かれています。

ワンピースネタバレ1049話の考察

ワンピースネタバレ1049話考察|死にたがりなカイドウの謎

カイドウが初めて登場したときに、死に場所を探していたというナレーターがあり、空島から飛び降り自殺をしようとした描写がありました。

しかし、カイドウの目的が死ならば、例えば悪魔の実の能力者なので、海に落ちたり、もう一つ悪魔の実を食べるなどすれば、目的が達成できるはずです。

あるいは、カイドウの悪魔の実の性質上、海に落ちても死なないのか、そもそも死が目的なのではない可能性も考えられます。

恐らく、白ひげやロジャーのような宿敵と言えるような人物と戦って死にたかったのであって、今は宿敵と言えるような人物がいないため、自殺を繰り返していたのではないでしょうか。


ワンピースネタバレ1049話考察|カイドウは覇気だけが全てを凌駕すると言っているのに、なぜ能力者なのか?

1047話でカイドウは、「能力が世界を制することはない」、「覇気だけが全てを凌駕する」と言っていました。

この発言から、なぜカイドウは能力者なのか気になりますね。

また、ロジャーが悪魔の実の能力者ではないことがカイドウの発言から明らかになりました。

恐らくカイドウは、覇気には底知れない強さがあるということを能力者になった後に知ったのではないでしょうか。

覇気を知るまでは、能力だけが全てだと思っていたかもしれませんが、ロジャーのような能力者ではない覇気の使い手に負けたことによって、能力よりも覇気の方が強いことを知ったのだと思います。

能力が世界を制すことはないと言っても、ワンピースを目指すのは、何か狙いがあるのでしょうか。

ワンピースネタバレ1049話考察|モモの助は焔雲は出せない!?

ルフィとカイドウの戦いに決着をつけるためには、モモの助が焔雲を出して鬼ヶ島をどかさなければいけません。

しかし、このまま焔雲を出せない可能性もあります。

そうなった時に、どうやって鬼ヶ島をどかすのか?

モモの助には、ある切り札があります。

それは、象主です。

象主は、モモの助の命令しか聞かないことは、ジャックが攻めてきたとき明らかになっています。

ワノ国に象主がきているので、象主が活躍するには、モモの助の命令が不可欠です。

また、ルフィのことをジョイボーイが帰ってきたと言っていたので、モモの助の命令を遂行すれば、ジョイボーイの役に立ったという事にもなります。

象主の活躍の場所はまさに今だと思います。


ワンピースネタバレ1049話考察|ルフィはジョイボーイ本人ではなく、意思を継ぐ者?

以前、ズニーシャがルフィに対して「なあ、ジョイボーイ。まるでお前がそこにいるようだ。運命を感じすにはいられない。彼に伝えずにはいられないんだ」と発言していましたが、まるでルフィがジョイボーイであるかのような発言をしていました。

また、1043話でもズニーシャは「ジョイボーイが帰ってきた」と言う台詞を残していますが、正確にはジョイボーイの意思を継ぐものが新たに現れたという意味での発言だと考えられます。

ワンピースネタバレ1049話

ワンピースネタバレ1049話|カイドウの過去が明らかに!

1049話では、ルフィとカイドウの技が激突しています。

技の激突中にカイドウが自分の過去を思い出します。

カイドウはウォッカ王国という国で子供時代を過ごし、僅か10歳にして最強の戦士と言われていました。

しかし、カイドウは国が世界会議に参加するために、政治の道具として政府に引き渡されてしまいます。

それから海軍から脱走などを繰り返しながら時は経ち、現在黒ひげ海賊団が占拠している島である海賊島「ハチノス」でカイドウは白ひげと出会い、ロックスが会いたがっていたという事を白ひげはカイドウに伝えます。

これがきっかけで、カイドウはロックス海賊団に入ります。

そもそも、ウォッカ王国がカイドウを政府に渡さなければ、ここまで最悪な海賊になっていなかったかもしれません。


ワンピースネタバレ1049話|モモの助がついに…!

モモの助は、鬼ヶ島を落とさないために焔雲を出そうとしていますが、中々出すことができず、苦戦していました。

そんな時、雷ぞうが繰り出した大量の水が鬼ヶ島の外まで溢れ出してしまいます。

その水の影響でカイドウの焔雲も消えてしまい、鬼ヶ島が落ちようとしていました。

焔雲が消えてしまえば鬼ヶ島は墜落してしまうという、絶体絶命の場面でついにモモの助が焔雲を作り出すことに成功して、鬼ヶ島の墜落を防ぐことができたようです。。

やはり、土壇場の時に能力を引き出すことに成功したようですね。

ワンピースネタバレ1049話|カイドウがついに...!

1048話ではルフィとカイドウの技のぶつかり合いが描かれていましたね。

今回の話でも両者の技が激突していて、ルフィの拳にカイドウがかぶりつき、ルフィが劣勢になるかと思われましたが、見事打ち勝ちカイドウに技をぶつけることができました。

最後の力を振り絞ったのか、更にルフィの拳に勢いがあるように見えました。

その結果、カイドウは花の都の地面に向かって堕ちていきます。

遂にカイドウを吹き飛ばしたルフィは力が抜け、地面に落ち、焔雲を出すことに成功したモモの助も力を出し切ったように地面に落ちました。

20年の戦いは幕を閉じたのか、気になりますね。

ワンピースネタバレ1049話|ルフィ=ジョイボーイ!?

カイドウが花の都の地面に向かって堕ちて行く際に再び回想シーンが描かれています。

この時にカイドウはキングに対してジョイボーイの正体について話していました。

カイドウはここで「ジョイボーイはこの先おれを倒した男だ」と言い、キングはそれに対して「じゃあ、現れそうにないな」と言いました。

この回想があるという事は、ルフィはカイドウを倒したという事と同時に、ジョイボーイはルフィであるという事が言えます。

また、カイドウを殴る前カイドウに、どんな世界を作れるのか聞かれた際に、「友達が腹いっぱい食える世界」と言いましたが、その時カイドウは驚いていました。

まるで、過去に誰かが全く同じようなことを言っていたので、驚いた様子でした。

恐らく、ジョイボーイと同じことを言ったのか、ロジャーはルフィと同じことを言ったと明らかになっているので、ロジャーと同じことを言ったのかのどちらかだと考えます。

ジョイボーイとは何者なのか、気になりますね。

ワンピースネタバレ1049話のまとめ

今回はワンピース1049話のネタバレについて紹介してきました。

今回はルフィとカイドウの技が激突中に明らかになったカイドウの過去やモモの助が遂に焔雲を出すことに成功したことなど、多くの情報が描かれていましたね。

その中でも特に、カイドウの過去やジョイボーイについて、そしてカイドウは敗北したのかという所に注目が集まったはずです。

次回以降で果たしてどんな展開になるのか、期待が高まりますね。


おすすめの記事