呪術廻戦ネタバレ253話|宿儺の黒閃で真希生死不明!日下部が宿儺と戦う‼︎

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2024年3月11日発売の週刊少年ジャンプ15号に掲載される『呪術廻戦』253話のネタバレと考察をご紹介します。

呪術廻戦ネタバレ252話のおさらい

呪術廻戦ネタバレ252話①|真希の奇襲攻撃が成功した背景とは?

  • 252話は時間が少し遡り、虎杖と乙骨が領域内で宿儺と戦っているところから始まる
  • この時、日下部と猪野が領域のすぐ外に立っていた
  • 日下部によると、乙骨の領域の一部が崩れたタイミングで、真希が宿儺に奇襲を仕掛ける作戦だった
  • 「やっぱり何人かは領域に入って加勢した方が良い」と提案する猪野
  • しかし、真希の奇襲攻撃が失敗する可能性を考慮して、日下部はそれを却下する
  • こういった背景により、真希の奇襲攻撃は成功を収めた

呪術廻戦ネタバレ252話②|憂憂の術式で戦線離脱する乙骨

  • 宿儺の解を直撃した乙骨は、リカに運ばれる
  • その後、憂憂の術式で乙骨は戦線離脱する
  • 一方、宿儺は乙骨があえて領域を崩していたことに気づく
  • また、釈魂刀で貫かれた傷の治りが遅いのを宿儺は感じる
  • ここで、魂を観測できる者が釈魂刀で与えた傷は、反転術式では治らないことが判明
  • 傷を治すには、魂の形を知覚する必要がある
  • 宿儺は虎杖の身体に同居していたことで、魂を知覚していた
  • しかし、通常とは異なる反転術式の運用と、五条戦での後遺症から、宿儺は完全に対応できず

呪術廻戦ネタバレ252話③|虎杖の身体は限界を迎える

  • 虎杖は宿儺から受けた傷を治し、真希に加勢しようとする
  • しかし、途中で倒れて血を吐きだす
  • 反転術式で治しきれていない傷がどこかにあることに気づく
  • 治していない傷を必死に探す虎杖
  • すると、虎杖の前に脹相が現れ、「落ち着け」「イメージしろ」と声をかける
  • 脹相の言葉を参考にし、虎杖は傷の治療に専念する

呪術廻戦ネタバレ252話④|宿儺と真希の戦いが始まる

  • ここで、宿儺と真希の戦いが本格的に始まる
  • 2人は時折笑顔を見せながら、互角に戦う
  • 途中、宿儺が「番の流星」と唱えた解を発動するも、真希は避けていた
  • 宿儺は、真希が他の術師よりも術が見えていることに気づく
  • 真希の実力は、まるで渋谷で魔虚羅と戦ったときのようだと宿儺が感じるほど
  • 一方、真希は宿儺が心臓を治しながら、強制的に呪力で動かしていることに気づく
  • 心臓それ、私と戦いながら続けんのか?」と問う真希
  • その問いに宿儺は、「問題ないな」と笑いながら答えた

呪術廻戦ネタバレ252話⑤|秤と裏梅の様子が描かれる

  • ここで場面が変わり、秤と裏梅の様子が描かれる
  • 「宿儺の気配ってわかりやすいよな」と話す
  • 秤この言葉に裏梅が、「何がいいたい」と問う
  • 実は秤は、完全体となった宿儺を見たとき、危機感を覚えていた
  • しかし、宿儺の呪力が弱まっていることに、秤は安堵する
  • そして、「勝つのは俺たちだってこと」と、裏梅の問いに答える
  • すると裏梅は、「相手の呪力に興味がないと、呪力の波はいつもこんなものだ」と宿儺について語る
  • また、「緒戦の影響を差し引いても、宿儺様はまだ本気を出していない」と裏梅は話した

    呪術廻戦252話のネタバレ詳細を知りたい方は下記よりご覧ください

    呪術廻戦ネタバレ253話

    呪術廻戦ネタバレ253話①|「最強の一級術師は誰?」

    253話は、「最強の一級術師は誰?」という問いに、術師たちが答えるシーンから始まります。
    この問いに冥冥、七海、五条、日下部が答えていました。

    冥冥、七海、五条の3人が出した答えは、なんと日下部
    しかし一方、日下部は「俺と宇佐美以外の誰か」と謙虚な様子を見せます。

    突如挟まれたこの回想シーンには、果たしてどのような意味があるのでしょうか?

    呪術廻戦ネタバレ253話②|1対3でも難なく相手を跳ね除ける宿儺

    ここで場面は現在に戻り、真希と宿儺が戦う様子が描かれます。

    宿儺と真希は高速道路の上で戦っていました。
    252話までは互角に戦っていたものの、宿儺の「解」を受け止めた衝撃で、真希はビルに吹き飛ばされてしまいます。

    さらに真希は追い討ちをかけるように宿儺に接近され、「捌」を喰らってしまいます

    するとその直後、宿儺の背後に猪野が現れ、不意打ちを仕掛けようとしました。

    ところが、すぐさま宿儺に気づかれて、不意打ちは失敗。
    猪野は宿儺の蹴りを喰らい、白目を向いたまま蹴り飛ばされてしまいます。

    ここで宿儺は、猪野が七海の呪具を持っていなかったことに気づきます。
    なぜ呪具を持っていなかったのか、考える暇も与えぬ間に、日下部が宿儺の真上から不意打ちを仕掛けます。

    しかし、日下部の不意打ちも失敗し、あっけなく宿儺に殴り飛ばされてしまいました。

    宿儺は難なく、3人を同時に捌きます。

    おすすめの記事