【呪術廻戦】釘崎野薔薇がかっこいい!かっこいいシーンや名言、イラスト画像を紹介!
出典:pixiv@時島シクカ

呪術廻戦の釘崎野薔薇は呪術高専1年生で紅一点、気が強いことで有名です。毒舌が目立ちがちですが、言う事成す事には常に芯が通っており、読者の人気も高い人物。今回は、そんな釘崎野薔薇のかっこいい一面をご紹介していきます。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇のかっこいい名言集


「懸けられるわ 私が私であるためだもの」単行本1巻5話

 

「なんで呪術高専に来たんだ?」と虎杖悠二に聞かれ、「東京に住みたかったから」と答えた釘崎野薔薇。お金のことを気にせず東京にくる方法がこれだったと言う釘崎野薔薇に対し、「そんなことで命懸けられんの?」と虎杖悠二の問いに対する答えがこのセリフです。

自分が自分であるために、辺境の村から出てきた釘崎野薔薇。このセリフだけでも、釘崎野薔薇の芯の強さが分かります。


「コテンパンにしてやんのよ!!真希さんのためにも!!」」単行本4巻33話

 

京都姉妹校交流会の直前に、東京組で気合を入れているシーンでのセリフ。

実力があるのに、呪力がないことで階級が低いままの禪院真希(ぜんいんまき)。姉妹校交流会で結果を残せば、上の連中に見直されると考えた釘崎野薔薇の言葉がこれでした。先輩の中でも特に禪院真希を慕っている釘崎野薔薇。先輩のために!という気持ちがかっこいいです。

「答えがない問題もあんでしょ」単行本7巻53話

 

京都姉妹校交流会での特級呪霊の襲撃後、伏黒恵の部屋に見舞いに来た釘崎野薔薇と虎杖悠二。1年生3人組で談笑中、答えがない事を考えすぎている伏黒恵に対して、釘崎野薔薇が放った言葉がこれでした。

そして「考えすぎハゲるわよ」と足されたセリフ。言葉がぶっきらぼうでも、同級生に対する優しさが見て取れる一幕です。


「我慢比べしよっか」単行本7巻60話

 

八十八橋(やそはちばし)での任務中、別件で現れた受胎九相図の2人に応戦することになった釘崎野薔薇と虎杖悠二。

自身の術式である「共鳴り(ともなり)」を使い、相互にダメージを負う状況にした釘崎野薔薇。釘を自分の腕に打ち込み、激痛のはずなのに笑って見せるその姿。そんな釘崎野薔薇から目を離せない一幕です。

「じゃあ 共犯ね 私達」単行本8巻63話

 

八十八橋での戦闘で、受胎九相図の2人を殺すことで終わりを迎えた場面。「人を殺す」ということについて歩きながら話す釘崎野薔薇と虎杖悠二。

自分が助かって、釘崎野薔薇も助かって嬉しい…けど、殺した相手は死んだ弟を見て泣いてたんだ、と話す虎杖悠二に対して言ったセリフがこれでした。「やらなきゃやられてた」とか「仕方ない」といったセリフではなく、「共犯ね」と言った釘崎野薔薇。こんなセリフが出てくる彼女の人柄は、かっこいい、に尽きます。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇のかっこいい戦闘シーン3選


①「テメェの人生は仕事かよ」単行本5巻41話


おすすめの記事