【ワンピースネタバレ考察】リリィとは何者なのか!?ビビとの関係も考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」1084話にて、アラバスタのネフェルタリ家とイム様に因縁があることが明らかになり、話題を呼んでいます。

本記事ではイム様とアラバスタ王国、そしてビビ王女との関係性について考察していきます。

ネフェルタリ家のリリィ女王とは?

”最初の20人”でありながら天竜人ではない

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ネフェルタリ家とはアラバスタ王国を収める、ネフェルタリ・コブラやビビの家系です。
そして800年前に「とある巨大な国」と戦った20カ国と、20人の王の一角となっています。

そんな20カ国が集まって作り上げた巨大な組織が、現在の世界政府です。
そして創造主となった王は、家族と共に聖地マリージョアに移り住み天竜人と呼ばれるようになりました。

しかし、ネフェルタリ家の女王リリィだけは、天竜人になることを拒否したことで、現在もネフェルタリ家は名前が残っています。

イム様はリリィに恋していた?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

そんなリリィ女王ですが、戦いの後国には帰らなかったようで、アラバスタ王国にはリリィの名前は残っていません。

五老星すら知らないリリィのその後でしたが、その理由には「空の玉座」に座るイム様が関わっていると思われます。

それだけではなく、イム様はリリィに特別な想いを抱いているとも思われるのです。

リリィはビビと瓜二つ?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

イム様がリリィに特別な感情を抱いていると思われる理由として、イム様がビビの写真を眺めていたことが挙げられます。
ビビがネフェルタリ家の血筋であるため、感慨に耽っていたというのもあるでしょう。

しかし血筋以上のものが、ビビとリリィにはあると考えられます。

その根拠となるのが、1023話の扉絵です。
「瓜二つ」というサブタイトルと共に、ビビが描かれていました。

単なる偶然……のようにも思えますが、「ワンピース」の扉絵には度々伏線が隠されているため、意図したものと思われます。

Dの一族はイム様の恋敵?

ルフィと黒ひげの写真をズタズタに

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

リリィに特別な感情を抱いていたイム様ですが、リリィは別の人間に惹かれていたと考えられます。

その相手こそが"Dの一族"の人間ではないか?と考えられるのです。
その理由としてイム様はビビの写真を見ている時、ルフィと黒ひげの写真をズタズタにしていたことが挙げられます。

普通他人の写真をズタズタにするなら、その人物に対して何かしら恨みがあると考えるべきです。

それを証明するように、世界政府はDの一族の名前を徹底的に隠そうとしてきました。

今までDの一族が何かしら大罪を犯したものと考えてきましたが、そこにはイム様の私怨が関わっている可能性が高いかもしれません。

おすすめの記事