ワンピース1052話ネタバレ|海軍大将「緑牛」ワノ国襲来!

週刊少年ジャンプ2022年6月13日(月)発売号の『ワンピース』本誌1052話のネタバレをご紹介します。

ワンピース1051話前回のおさらい


1051話では、モモの助がワノ国の新将軍になることをワノ国の人々の前で宣言しました。

大人の姿になったモモの助のスピーチは、これまでのモモの助の言動を考えると成長を感じるものでした。

また、ヤマトが麦わらの一味の前で船に乗せてもらうと言い、まだ船長であるルフィが目覚めていないのでヤマトが仲間になるのかわかりませんが、気になりましたね。

ワンピースネタバレ1052話の考察

ワンピースネタバレ1052話考察|お玉は黒炭の血筋だった!?

1051話では、ワノ国の新将軍がモモの助となり、モモの助のスピーチに人々は感動していました。

そのスピーチに感動した人の中にお玉もいましたが、その中でお玉の過去が少し明らかになりました。

ワノ国は、オロチが将軍になってからワノ国の人々は工場で働かされていました。

お玉の両親も働かされていたようでしたが、亡くなってしまったようです。

その時お玉は、両親の墓の前で狛ちよと共に手を合わせる描写がありましたが、墓石に書かれていた名前に驚きました。

なんと黒炭と書かれていたのです。

黒炭と言うと、オロチやカン十郎と同じ性であり、両者ともに怨念や復讐のために行動していました。

しかし、お玉は復讐や怨念などはなく、むしろ光月家の復活を信じていました。

また、オロチやカン十郎は人からひどいことをされたりしましたが、お玉はキビキビの実の能力で逆に人が懐いていました。

これは、長年伝わってきた復習の連鎖を終わらせる存在がお玉であるという事を伝えたかったのではないでしょうか。

光月家復活と共に、黒炭家の復讐の連鎖も終わるという事なのかもしれませんね。


ワンピースネタバレ1052話考察|ワノ国の次の話はマリージョア!?

現在ワノ国では、カイドウとルフィの戦いに決着が着き、見事ルフィが勝利しました。

ワノ国の新将軍もモモの助となり、まもなくワノ国編は終わるかもしれません。

そうなると次は、どこへ向かうのか?

次に向かう所は、マリージョアだと考えられます。

マリージョアと言えば、天竜人や五老星など世界政府がいる所です。

世界政府と言えば、ワノ国でCP0がロビンを捕えようとしたり、ルフィを抹殺しようとしていました。

しかし、それが理由でマリージョアにルフィたちが向かうわけではありません。

恐らく、今回の世界会議が原因でマリージョアに向かうのではないかと推測します。

まず、原因を話す上で世界政府が誕生した理由について触れていきます。

世界政府は、800年前に20の国の20の王がつくったとドフラミンゴが語っています。

王たちは、それぞれの家族を引き連れて聖地マリージョアに住み、天竜人となりましたが、そのうちアラバスタのネフェルタリ家だけは拒否したため、19の家族だけとなっています。

そして、世界会議の話に戻りますが、世界会議の時にアラバスタ王国国王のコブラが五老星に面会を求めていました。

その時五老星たちは、「ネフェルタリ家は800年前唯一下界に残った最初の20人の血族、言わば裏切り者だ、何かに気づいたか?話が抉れぬ事を祈ろう」と言っていました。

コブラは、ロビンに会ったあの日から、世界政府に問うてみたいことがあると言っています。

その後、マリージョアで死者が出たことが、モルガンズの話で明らかになり、また、ガープが世界会議解散後にアラバスタ王国に関する事件をネプチューン王に言っていました。

この話から恐らく、コブラは世界政府の禁忌に触れてしまい、消されてしまったのではないでしょうか。

しかし、世界政府が王国の王を殺したとなると、大ニュースです。

そこで、マリージョアに侵入していたサボに罪を擦り付けたのではないかと考えます。

新聞を読んでいた革命軍やダダンの反応から、サボに何かあったのは確かです。

恐らく、マリージョアに侵入していたサボを世界政府が捕えて、コブラの暗殺の罪をサボに擦りつけたのだと思います。

そのニュースを見たルフィが、サボを助けにマリージョアへと向かうのではないかと推測します。

エースの時のリベンジとして、今度は麦わらの一味で救出となるのでしょうか。

ワンピースネタバレ1052話考察|なぜ、ワノ国は鎖国するようになったのか?

現在、ワノ国は世界政府に加盟していない鎖国国家です。

ワノ国がなぜ、鎖国したのかはクローバー博士が読み解いたある巨大な王国が関係していると考えられます。

この巨大な王国は、世界政府と名乗る連合軍との戦争で敗北を悟り、ポーネグリフに真実を刻んだと判明しています。

ポーネグリフは、光月家の職人が作った書物であるので、光月家とこの巨大な王国には何か関係性があるはずです。

現在ポーネグリフが存在していた場所は、古代都市シャンドラ、アラバスタ王国、ゾウ、魚人島、ワノ国です。

まず、古代都市シャンドラはポーネグリフを守るために戦って滅んだことが明らかになっています。

そして、ワノ国は大昔に巨大な力から守るために光月家が鎖国をしたことが明らかになっています。

このことから、ポーネグリフが存在している国は昔、巨大な王国と関わりがあり、巨大な王国の真実はその関わりのある国にポーネグリフとして情報を散らばしたのだと考えられます。

また、ワノ国が鎖国をした理由は巨大な力、つまり巨大な王国と戦争をした世界政府からワノ国を守るために、鎖国したのです。

これが事実ならば、1050話でモモの助がまだ開国をしないと言った理由が理解できます。

麦わら大船団が誕生したときに、いずれ歴史に名を残す一大事件を引き起こすと明らかになっていますが、もしかしたらまるで巨大な王国の敵討ちのように、世界政府を倒してしまうかもしれませんね。

ワンピースネタバレ1052話


ワンピースネタバレ1052話|象主(ズニーシャ)が帰還

ワンピース1052話のサブタイトルは「新しい朝」となるようです。

ズニーシャは、モモの助がまだワノ国を開国しないと判断したため、去っていくようです。

ワノ国でのズニーシャの活躍が期待できそうでしたが、当分の間おあずけのようですね。

ワンピースネタバレ1052話|世界政府はまだ動く!?

五老星が四皇二人同時に敗れたことが世界に出回ることを恐れていました。

また、ゾウがワノ国近海から消えたという事を聞き、五老星の一人が開国はしないという事を理解しているようでした。

開国をしないという事で、世界政府の艦隊をワノ国に送り、直接支配するという計画は不可能になったという事が明らかになりましたが、ニコ・ロビンくらいは連れて帰るんだろうなと五老星がCP0に言っていたことから、ロビンだけでも捕縛しようとしています。

しかし、CP0と五老星の連絡を何者かが妨害念波で邪魔しました。これは1052話の最後にその正体がわかります。


ワンピースネタバレ1052話|ホーキンスの生存確率1%の占い結果

ドレークとホーキンスの会話が描かれるようです。

その内容は、ホーキンスが生存確率1%だと占いに出たのは、自分自身のことだったようです。
またその占いでカイドウが敗北することを知りながらも、裏切ることはなかったのは、自身のプライドに反するためだったようですね。

ワンピースネタバレ1052話|アシュラ童子とイゾウが戦死

ある神社でアシュラ童子とイゾウを弔っているシーンが描かれるようです。

アシュラ童子はカン十郎が描いた偽おでんの仕掛けた爆弾によって亡くなり、イゾウはCP-0のマハとの相打ちで戦死することが判明します。

ワンピースネタバレ1052話|ルフィとゾロも復活

戦いから一週間後、ルフィとゾロが目を覚ますようです。
ずっと意識を失っていたゾロも特に何か重大な意味があるわけではなかったみたいです。
二人が肉をバクバク食べて元気になる姿も描かれるようです。

ワンピースネタバレ1052話|ナミとヤマトの入浴シーンも?

ナミがヤマトと菊にお風呂を誘うシーンが描かれます。
そこで、ヤマトはなぜか男湯に裸のままで入浴するようです。(大事なシーンは湯気で見えません)

また、ここで気になるのがヤマトの仲間入りですが、1052話ではまだ不明です。
ただし、ヤマトとルフィ達が一緒に楽しく過ごしているシーンが描かれるみたいです。

ワンピースネタバレ1052話|世界経済新聞から新懸賞金が判明!

1052話では、新たな懸賞金が判明するようです。

アプーが世界経済新聞の内容を伝えるシーンが描かれおり、そこには新たな懸賞金額と新しく「海の皇帝」となる者達の名前について書かれているみたいです。

また、城の崩壊時に喧嘩していたアプーと一美の同盟はどうやらまだ継続しているみたいです。

カイドウやビックマムを倒したルフィ達の新たな懸賞金が楽しみですね。

ワンピースネタバレ1052話|海軍大将「緑牛」参戦!?

海軍大将の「緑牛」がワノ国へ向かって来るようです。このことから先ほどの五老星とCP0の連絡を妨害念波で邪魔したのも緑牛と考えられますね。

緑牛は絶食し、光合成をしていることから植物を使う能力と予想されておりましたが、その通り、1052話では緑牛の背中から花が咲いており、花をヒュンヒュン回転させながらワノ国へ向かっています。

緑牛の顔は1052話ではハッキリと描かれていないので判明しません。しかし、緑牛がワノ国へ向かっている中、サカズキが電伝虫で緑牛にワノ国で余計なことはするなと話してるみたいです。

ここでワンピース1052話は終了です。次回1053話では緑牛のお披露目とワノ国に来た目的が判明しそうですね。

ワンピースネタバレ1052話|1054話から最終章へ。その前に1ヶ月の休載

ワンピース1052話は6月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ28号に掲載されます。

ワンピース1053話は6月20日(月)発売の週刊少年ジャンプ29号に掲載される予定です。

その後、ワンピース1054話から最終章に突入するみたいです。しかし、最終章への準備期間として、1ヶ月の休載に入ります。

7月25日(月)発売の週刊少年ジャンプのワンピース1054話からついに最終章です!詳細が判明次第、随時情報を更新していきます。

ワンピースネタバレ1052話のまとめ

今回はワンピース1052話のネタバレについて紹介してきました。

今回は、ゾロとルフィがようやく目を覚まし、モモの助はワノ国中で宴会をしようとしていました。

そんな宴会ムードとは裏腹に、世界政府はロビンを捕縛しようとしてるなど、まだ何か動きそうな予感がします。

そして、海軍大将である緑牛がワノ国に向かっているという所に今回は注目が集まったかと思います。

果たして、緑牛は何をしに向かっているのか?また、何の能力なのかという所が気になりますね。


おすすめの記事