【ワンピース】世界最高権力「五老星」の正体とは?目的やイム様についても考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

1044話でワンピース史上最大ともいえる「ゴムゴムの実 偽名トリック」が明かされ大いに盛り上がりましたが、それと同時に五老星も「不老不死である可能性が高い」として話題になりました。

今回はそんな五老星の正体や目的からイムとの関係まで、徹底的に考察していきます!

五老星とは?


それではまず、五老星について判明している情報を振り返っていきましょう。

五老星は「天竜人の最高位」であり「世界政府の最高権力者」

五老星とは世界政府の表向きのトップ「世界政府の最高権力者」であり、「天竜人の最高位」です。

しかし実際は「イム」と呼ばれる謎の人物が五老星の”もっと上”に存在します。

五老星はいつも5人そろって登場しており、他の天竜人の宇宙服のような恰好とは違い、5人中4人がスーツ、1人が白装束を着用とどことなく「死」を連想させる恰好をしているのも特徴です。

その他にも、本来守られる立場の天竜人であるにもかかわらず五老星の体には複数の傷跡があり、一般の天竜人とは全く違う印象が強いです。

また登場シーンはいつも、政府関係者以外立ち入り禁止となっている聖地マリージョアのパンゲア城中にある「権力の間」にいるため、居住地は他の天竜人と同じく聖地マリージョアだと思われます。


天竜人(世界貴族)とは?

 

天竜人とはワンピースで”世界貴族”と呼ばれている貴族の別称です。
天竜人という呼び名の由来は家紋の”天駆ける竜の蹄”で、世界貴族ではなく天竜人と呼ばれることがほとんどです。

彼らは、800年前に20の国の20人の王が「世界政府」を作り上げ、家族と共に聖地マリージョアに移り住んだ際の「創造主の末裔」で、ワンピースの世界では絶対的な権力を持っています。

ワンピースで”海賊という悪から守ってくれる海軍という正義”を生み出した創造主の一族ではありますが、800年もの長い時間をかけその価値観は歪んでいき、現在は人を人とも思わない外道として描かれることがほとんどです。

世界政府とは?

世界政府とは、加盟国が170ヵ国以上にも及ぶ、強い武力と権力を持った国際組織のことです。

世界政府内の組織「海軍」は、前述のようにワンピースの世界で海賊という「悪」に対抗する「正義」という位置づけで一般市民から信頼されています。

しかし、前述の「世界政府は800年前に20の国の20人の王によって創設された」という事しか明らかになっておらず、創設の理由や経緯などは空白の100年に隠されており判明していません。

また、政府は「空白の100年」を調査することを禁じており、その禁忌を破ったオハラという島は島毎消失させられたなど、正義という一言では済まされないような過激な面も持ち合わせています。

なお世界政府には加盟国170ヵ国と海軍のほか、以下のような行政・組織が存在します。

エニエス・ロビー

世界政府が直轄する裁判所がある“司法の島”
一年を通して夜が来ないため「不夜島」「昼島」と呼ばれている。

サイファーポール

世界貴族直属で"世界最強の諜報機関”と呼ばれるCP‐0や通常のCP-1〜CP-8が存在し、世界中で諜報活動を行っている。

加えて、CP-9という「非協力的市民や政府と敵対する者の殺害」を許可されている非公開の組織が存在する。

インペルダウン

“凪の海(カームベルト)”の海中にある大監獄。
LEVEL1~LEVEL6までのフロアに分かれており、基本的には罪が重いほど数字が大きく、下の階層のフロアに収監される。

五老星のメンバーとイムとは?

表向きのトップと言われる五老星と、その上に秘密裏に存在するイムについてみていきましょう。


名前が不明な”五老星”のモチーフとなった人物を考察

 

五老星は登場回数が少なくプロフィールも一切公開されていない謎の存在ですが、どうやらモデルとなった歴史上の人物がいるようです。

エイブラハム・リンカーン
アメリカ合衆国最初の共和党所属の大統領
板垣退助
幕末から明治時代にかけて活躍した日本の政治家
マハトマ・ガンジー
「インド独立の父」と呼ばれる政治家
カール・マルクス
プロイセン王国出身の経済学者・哲学者
ミハイル・ゴルバチョフ
ロシアの政治家・ソ連邦の初代にして最後の大統領

”赤犬” サカズキが言う「(五老星の)もっと上」とは?

サカズキが「(五老星の)もっと上」と表現する「イム様」とは一体何者でしょうか。

イム様の初登場は、世界会議編908話です。
表向きのトップ五老星ですらイム様の前では跪いているため、上司レベルではなく「圧倒的な権力の差」があると思われます。


おすすめの記事