東京リベンジャーズネタバレ270話|佐野真一郎のタイムリープの詳細

2022年9月21日発売の「週刊少年マガジン」43号の東京卍リベンジャーズ本誌第270話のネタバレをご紹介していきます。

東京リベンジャーズネタバレ270話


東京リベンジャーズネタバレ270話|真一郎は場地と共に春千夜を迎えに行く

助手席に座る場地に「やっと春千夜出所か 1年ぐらい入ってた?」と話しかける、真一郎。友達を斬りつけた春千夜をワザワザ迎えに行くことに不満を覚えている様子の場地に対し、マイキーへの悪口にキレたのが理由と聞いた真一郎は「春千夜らしいよ」と口にします。

やはり春千夜は、根はいい奴だったんですね。一方場地は中学には通っておらず、髪をグラデーションに染めた不登校野郎になっています。

この世界線では、場地と千冬の出会いも無かったと考えられますね。


東京リベンジャーズネタバレ270話|マイキーと春千夜の再会

少年院から出所した春千夜は、迎えに来た真一郎・場地の二人と顔を合わせることになります。一年ぶりにマイキーと対面した春千夜は、マイキーの生気のない様子に動揺を隠せないものの「俺が分かるか?春千夜だ」と話しかけてマイキーの腕を握りました。

しかしその瞬間、春千夜は腕の細さに驚愕して思わず手を離してしまいます。真一郎・マイキーの二人と別れて場地と二人で歩きながら、1年前より酷くなっているマイキーの病状に「あれはもうマイキーじゃねえ」と春千夜はこぼしました。

一方の場地は、病院の方に目をやり「真一郎くんが心配だ」と口にします。介護の資格を取るために勉強しながら病院で働いている真一郎は、寝る暇もなく本当はボロボロなはずと場地は推測していました。

そしてそんな場地が「けど…多分マイキーはもう長くねぇ…」と口にした通り、マイキーは1か月後に死亡してしまうのです。

東京リベンジャーズネタバレ270話|自暴自棄になる真一郎

真一郎は懸命に介護してきたマイキーが死亡してしまい、目から大量の涙を溢れさせていました。怒り・悲しみのままに壁に拳を振るう真一郎の顔は、般若のような形相をしていました。

数日後、手に包帯を巻いた真一郎は、万が一でもマイキーが助かるならとどんないかがわしい物にも手を出したと口にします。

しかし”なんちゃら療法”や宗教などどれも嘘っぱちであり、真一郎はだましてきたやつらを全員殺そうかと本気で考えるほど精神を病んでいたのです。


東京リベンジャーズネタバレ270話|真一郎はタイムリーパーを追う

話を聞いていたワカは自分の店に真一郎を連れて行くことにします。のみの最中、真一郎は騒いでいる団体客の方に目をやりました。

トンネルの下で寝ていたオッサンに小便をかけて蹴りを入れたと武勇伝のように話していた団体客は、そのオッサンが「オレは時を戻せるんだ」と口にしたと続けます。

オッサンに対して時を戻すように言うも、「トリガーがいないと無理」とワケわからない事を返されたことに言及し、「時を戻せるってそれタイムリーパーかよ!?」と笑う団体客…。

その話を聞いていた真一郎は、背後から団体客に近付いて「その話詳しく聞かせろ」と話しかけました。そして店を出た路地で真一郎は団体客をボコボコにし、狂気に染まった様子でタイムリーパーの所に案内するよう言い放つのでした。

東京リベンジャーズネタバレ270話まとめ

今回270話では、真一郎がタイムリープする前の1つ目の世界線が明らかになりました。そこではマイキーが事故によって植物状態となっており、タケミチなどの仲間も全く出てこないものでした。

そしてマイキーは死亡してしまい、真一郎は自暴自棄になってしまいます。さらにエマは家出、万作は死亡、場地は不登校…など、最初の世界線ではみんなが不幸だったんです。

こうやってみると、いかにマイキーの影響が大きいのかがわかりますね。東京リベンジャーズはこれからどういった展開になっていくのでしょうか?

東京リベンジャーズ271話の確定情報が出てきましたら、随時情報を更新していきますので、お楽しみに。


おすすめの記事