【ワンピース】クロコダイルの現在とは?懸賞金アップの理由や元女説など徹底考察!
出典:pixiv@藤田 チョビ

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

アラバスタ編では敵として、頂上戦争では味方として活躍したサー・クロコダイル。1058話で再登場した際には、あのバギーの傘下に加わっていたことで話題を呼びました。

本記事ではクロコダイルの現在の強さや、元女説などについて徹底考察していきます!

【ワンピース】サー・クロコダイルのプロフィール

クロコダイルの現在の懸賞金は?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

作中で初めてルフィに黒星をつけた存在が、クロコダイルです。
当時のルフィの懸賞金を2倍以上も上回る、8100万ベリーの賞金首として登場し、驚愕した読者も多いはずです。

しかしクロコダイルが所属していた王下七武海は、参加すると同時に手配書が取り下げられます。
その為、ルフィと初めて戦った時の懸賞金は、20数年前のものでした。

そして作中で七武海から除名され、ただの海賊に戻ったことで再びクロコダイルにも懸賞金がかけられます。

その額はなんと19億6500万ベリー。20億にも迫ろうとする額で、まさしく四皇級の賞金首です。
「第五の海の皇帝」と呼ばれ始めた時のルフィの賞金額が、15億だったことを踏まえると、その凄さが分かります。

懸賞金が上がった理由

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロコダイルの懸賞金が上がった理由としては、幾つか言及されていました。

まず自然系(ロギア)の能力者であることです。作中でも登場した能力者は少なく、ダメージを与えるにも一苦労する能力者となっています。
またクロコダイルはアラバスタ編で自ら、「能力を研ぎ澄ませている」と語っており、2年後にはさらに磨きがかかっていることでしょう。

2つ目の理由としては、「知力・統率力」が優れていることです。
クロコダイルはバロックワークスと言う「秘密運営会社」を、社長として経営していました。
その手腕により徹底した秘密主義がなされていた為、世界政府すらバロックワークスの存在を知りませんでした。

そして表向きは国を守る英雄として何年も海賊と戦い続けていたのです。その経営手腕は、海軍からすれば警戒すべき力でしょう。

クロコダイルの年齢

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロコダイルの年齢は44歳で、2年後の第2部では46歳となっています。
海峡のジンベエ、バーソロミューくまや、不死鳥マルコは、同世代の海賊です。

クロコダイルの世代はかなりの強者揃いですが、それもそのはずで彼らが20前半だった頃に大海賊時代が始まりました。
それから20年近く生き残っている海賊ですから、強くて当然ですよね。

またクロコダイルはかなり早い段階から海賊行為を行っていたようで、20歳の時にはダグラス・バレットと交戦していました。
ルフィ達の世代を「最悪の世代」と、作中では呼ばれていますが、クロコダイル達の方がよっぽど最悪の世代だと筆者は感じます。

【ワンピース】クロコダイルの過去は女?

先代アマゾン・リリー皇帝?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

実はクロコダイルは、先代アマゾン・リリー皇帝だったのでは?という考察が、あちこちでされています。

アマゾン・リリー皇帝といえば、先代と先々代の皇帝は死んだと語られていました。
しかし先日シャッキーが先々代皇帝と判明し、先代も死亡していない可能性が浮上したのです。
そこで先代皇帝としての疑惑が強まったのがクロコダイルでした。

そしてクロコダイルが元女である根拠としては、七武海のモデルが鍵を握っています。

七武海のモデルは、ロマンシングサガ2に登場する「七英雄」と言われてきました。
そして七英雄の中で、クロコダイルに該当するのがワグナスです。

このワグナスというキャラは、体は女性ですが、男性のような見た目をしています。
この「性別と身体が逆」と言う特徴が、クロコダイルが元女性であるという、ひとつの根拠です。

イワンコフの握る弱み

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロコダイルが元女性である説を強める根拠として、作中におけるイワンコフとのやり取りが挙げられます。

インペルダウン編にてルフィ達と再会した際に、イワンコフがクロコダイルを「弱みを握っている」と牽制しているのが見られました。
ここで重要な要素は「イワンコフが弱みを握っている」という点です。

イワンコフといえば、ホルホルの実の能力者で体内のホルモンを自在に操れます。そしてホルモンを操ることで、体の性別を自由に変化させることも可能です。
つまりイワンコフの握る弱みとは、かつてクロコダイルの性転換をイワンコフが行ったということではないでしょうか?

またイワンコフは、クロコダイルがルーキーだった頃に握った弱みとも言及していました。

当然ですが、手配書や七武海として名を挙げた後に性転換していたら、性別が変わったと話題になるはずです。
その為時期としても、クロコダイルが性転換したという説は、辻褄が合うと考えられます。

弱みは元女性ではなく元奴隷の可能性も?

ゴッドバレーから逃げ出す計画を立てる奴隷たち
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロコダイルの弱みは元女性だったことではなく、元奴隷だった過去ではないかという説もあります。
クロコダイルは誰も信じようとせず、大きな力を求める性格です。

誰も信じようとしないのは奴隷時代に虐げられた影響と考えられますし、大きな力を求めるのも力があれば何も失わずにすむという考えかもしれません。

劇場版に登場したギルド・テゾーロは元奴隷でしたが、力を求める部分などがクロコダイルに似ていると言われています。

イワンコフが元奴隷だったことが判明したことで、クロコダイルと奴隷時代に合っていたのではないかと言われるようになりました。

ただ、クロコダイルがルーキーの頃に弱みを握ったという事実を考えると、イワンコフの言う弱みが元奴隷という線はなさそうです。
元奴隷のイワンコフが、奴隷だった事実でクロコダイルを脅すとも考えにくいです。

おすすめの記事