アニメ「ちはやふる 3期」第7話のネタバレと感想を紹介!
出典:アニメ「ちはやふる」公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

11月19日に放送されたアニメ「ちはやふる3期」第7話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

第7話「あらしふく」では、東日本大会予選が控えていたが、修学旅行の日程が重なり、決断を迫られることになる。

アニメ「ちはやふる3」第7話のネタバレあらすじ

第7話「あらしふく」では、千早(ちはや)と太一による吉野会大会A級決勝戦が決します。
一方、敗戦により、決勝に立てなかった新(あらた)は、試合後、太一に自分の千早への想いを伝えます。
また、名人・クイーンの座を決める東日本大会予選も控えていたが、修学旅行の日程が重なり、千早はどちらに行くか決断を迫られることになります。

そして、修学旅行当日。
新幹線でクラスメイトが楽しむ中、そこには太一の姿はなかった。
高校2年の10月という時期。医学部志望の太一には、かるたに打ち込む時間は今しか無い。
そんな想い、強くなりたいという葛藤を抱えながら、白波会の扉を開くのだった。

アニメ「ちはやふる3」第7話のネタバレ

吉野会大会A級の優勝者が決定

千早と太一が真っ向からぶつかる吉野会大会決勝。
幾多の強者を退けて勝ち上がってきた二人だが、千早にとってはクイーンを目指す東日本大会に向けて勢いをつけたい大事な前哨戦。
その事をそばにいるからこそ感じている太一は、自らも念願だったタイトルを賭けた一戦にも関わらず、千早を思う気持ちが先行してしまう。
結果、僅かな気持ちの差で千早に軍配があがる。

千早は修学旅行に行く選択をする

クイーンになることを目標としている千早だが、それと同時に教師になりたいと言う夢も持っていた。
そのためには、今、修学旅行を経験しておいて来年東日本予選に出場することを涙ながらに千早の母に伝える。
しかし当日、修学旅行に行くも、太一の姿がないことに加え、その理由が東日本予選に参加するためと知り、動揺が隠せずいた。
太一の今後を考えた大会の出場に自分の選択が間違っていたのかを自問自答する。

おすすめの記事