【ワンピース】サボの現在はルルシア王国で死亡した?生存説をネタバレ考察!
出典:pixiv@如月

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ルフィの義兄弟として人気の高いサボ。義兄弟の3人の中では落ち着いており、革命軍の参謀総長を務めています。
そんなサボに死亡説が流れているのです。

この記事では、サボの死亡理由や本当に死んでしまったのかについて、徹底的に解説・考察していきます。

サボはレヴェリーで死亡せず生きていた

レヴェリー後の世界経済新聞社の報道により、読者の間で「サボ死亡説」が広まりました。
まずはこの死亡説について解説していきます。

死亡したのはコブラ王

モルガンズ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

レヴェリー後、世界経済新聞社は、「死亡」「殺人未遂」「議決結果」の3つの記事を報道しました。
この内、「議決結果」に関する報道は「王下七武海の撤廃」だと早々に明かされましたが、「死亡」と「殺人未遂」に関する報道はなかなか明かされませんでした。

レヴェリー後の報道を見たダダンやマキノの反応から、「サボ死亡説」が濃厚となっていました。

しかし、サボは死んでいませんでした。
死亡記事が出されたのは、コブラ王だったのです。

レヴェリーについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

サボは濡れ衣を着せられていた?

サボ-コブラ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

「コブラ王死亡」はサボが関わっていると報道されました。
サボがコブラ王を殺害したという報道です。

しかし、サボがコブラ王を殺害したという可能性は低いでしょう。
サボが殺害していないと考えられる理由は下記の3つです。

  1. コブラ王はもともと持病を持っていた
  2. コブラ王はルフィが救った王
  3. コブラ王が五老星と面会した

コブラ王はレヴェリーに向かう際、体調が悪い描写が強調されて描かれています。
これはコブラ王の死亡理由を惑わせるための一つの手法かもしれません。

ただ、病気で死亡した可能性も捨てきれないでしょう。

また、アラバスタ王国はルフィが救った国です。
この事実は革命軍にも伝わっているため、サボも知っていることでしょう。

義弟であるルフィが救った国の王をサボが殺害するとは考えらにくいですよね。

そして、ネフェルタリ家は800年前に現世界政府側だったものの外界に残ったいわば裏切り者。
この事実を確認するため、コブラ王は五老星と面会を希望していました。

この面会により、五老星はコブラ王を消すべき灯と捉えたのかもしれません。

以上の点から、サボはコブラ王を殺害していない可能性が高いと考えられます。

サボはイム様の正体を知った?

イム様-麦わら帽子
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

では、なぜ「サボがコブラ王を殺害した」という記事が出されたのでしょうか?

結論からいうと、サボはイム様の正体を知ってしまい、世界政府がサボの存在を厄介に感じたからだと考えられます。

レヴェリーを生き抜いたサボは、革命軍本部に生存確認の連絡を入れました。
この際、サボはイム様の存在について話し始めようとしていたのです。

つまり、サボはレヴェリーでイム様の存在を知ったということになります。

イム様は世間に知られてはいけない存在です。

そこで世界政府はイム様の存在を知ったサボを消すために情報操作を行ったと考えられます。

イム様についてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

サボの死亡理由

レヴェリーを生き抜いたサボでしたが、その後も死亡説が広まる事件が起きてしまいます。

ここではサボが死亡したと考えられる理由について解説していきます。

サボはルルシア王国で死亡した?

サボ
出典:pixiv@如月

 

サボがレヴェリーから逃げぬいた先は、ルルシア王国でした。

しかし、タイミングよくルルシア王国に謎の光線のような一撃が浴びせられました。
この一撃によりルルシア王国は島ごと消されたと考えられます。

この一撃をまともに食らったとすれば、サボの死亡は確実でしょう。
それほど衝撃的な一撃だと考えられます。

また、サボはメラメラの実の能力者です。
そのため、運よく一撃を避けたとしても海に落ちてしまうため、サボは死亡したと考えられています。

おすすめの記事