【鬼滅の刃】黒死牟の最後の死亡シーンが壮絶!誰がどう倒したのか死亡理由も解説!

上弦の壱・黒死牟は他の十二鬼月とは比べ物にならないほどの強さを誇っていました。

しかし、そんな最強の鬼も鬼殺隊によって倒されてしまいます。作中トップレベルで壮絶なバトルでした。

今回は、黒死牟が死亡するまでの経緯死亡シーン、そして死亡した理由について詳しく解説していきます。

「鬼滅の刃」アニメ2期の続きを今すぐお得に楽しめるサービス

題名収録巻
鬼滅の刃 アニメ1期漫画7巻の54話「こんばんわ煉獄さん」の冒頭まで放送
鬼滅刃 劇場版「無限列車編」漫画7巻の54話から8巻の69話まで収録
鬼滅の刃 アニメ2期「遊郭編」漫画8巻70話〜11巻97話まで収録
鬼滅の刃 アニメ3期「刀鍛冶の里編漫画12巻98話〜15巻127話まで収録

表の通り、アニメ2期の続きを読みたい方は漫画12巻から読むことをオススメします!

アニメの続きが気になって、漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟が死亡するまでの経緯


まず、黒死牟が死亡するまでの経緯を順に見ていきましょう。

黒死牟VS霞柱・時透無一郎&不死川玄弥

 

上弦の肆・鳴女の血鬼術により、無限城のどこかに散り散りに飛ばされた柱たち。
黒死牟とまず遭遇したのが、柱の中では最年少であり、剣術の天才・霧柱の時透無一郎でした。

その天才であっても、黒死牟は「他の上弦とは比べ物にならない」と思うほどの威厳を放っていました。
最初に攻撃を仕掛けた時透無一郎でしたが、その攻撃は軽くかわされ、左腕を切断されてしまいます。

右肩を刀で突き刺され、ピンチになったその時、陰に隠れていた不死川玄弥が銃で狙撃を試みます。
しかし、黒死牟には当たらず、一瞬で背後に回られ、不死川玄弥はバラバラにされてしまうのでした。


岩柱・悲鳴嶼行冥と風柱・不死川実弥が加勢

 

黒死牟が不死川玄弥にとどめを刺そうとした寸前で、不死川玄弥の兄である風柱の不死川実弥がなんとか救出。
その後、黒死牟との戦いになる不死川実弥ですが、その実力差は圧倒的でした。

柱の中でもトップクラスの実力を持つ不死川実弥でさえ、手も足も出なかったのです。
不死川実弥も攻撃を受け続け、死を覚悟したその時、柱のなかで一番の古参であり、一番の実力を持つ岩柱の悲鳴嶼行冥が駆けつけました。

攻撃は受けてはいたものの、黒死牟の攻撃に対応し、黒死牟の刀を折ることにも成功します。
その間に自分で治療した不死川実弥とともに、攻撃を仕掛け続けました。

そこで、黒死牟は刀の形を変化させ、本気を出してきます
そこからは、攻撃をかわすのが精一杯で、黒死牟に近づくことさえできなくなってしまいました。

本気の黒死牟VS玄弥&柱3人

 

不死川実弥と悲鳴嶼行冥が戦っている間、応急処置をしていた時透無一郎が動きます。
不死川玄弥は時透無一郎に体をくっつけてもらい、黒死牟の髪の毛を食べることで復活しました。


おすすめの記事