【ワンピース考察】ハチノス島にてガープは死ぬ!?伏線や戦況を元に考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ガープ率いる海軍vs黒ひげ海賊団の死闘が続くハチノス島。
皆さんが気になるのは「ガープは生き残れるのかどうか?」でしょう。

本記事では、「ワンピース」1087話に隠された伏線も用いて、ガープの生死について考察していきます!

ハチノス島の戦闘はマリンフォード頂上戦争のオマージュ!?

熾烈な戦いが繰り広げられるハチノス島の戦闘ですが、ある戦いをオマージュしているのではないか?と思われます。
それが、あの白ひげとエースが亡くなったマリンフォード頂上戦争です。

ここからはマリンフォード頂上戦争とハチノス島の類似性と、隠された伏線を紹介していきます。

「ワンピース」1087話の扉絵にエースが描かれた意味

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

1087話でまず目を引かれるのは扉絵です。
ハチノス島の戦闘を描く今話の扉に、かつて頂上戦争で死亡したエースが描かれています。

それだけでは本編との繋がりがあるとは言えませんが、「ワンピース」といえば何気ない扉絵に伏線が貼られていることで有名です。

扉絵で描かれた描写の通り、エースが死んだというという前例すらあります。
そのため、エースと同じ末路をガープが辿る……なんてことも?

白ひげとガープの動向が酷似

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

次に言及したいのはガープが、頂上戦争で死んだ白ひげと重なる描写が幾つかあるという点です。
分かりやすくするため、下記に頂上戦争での白ひげとの類似点を纏めてみました。

  • 囚われた仲間を救うため奇策で敵の本拠地を襲撃
  • 不意をつかれ刺される
  • クザンに凍らされる
  • 大将を地中に落とす
  • 巨人を一撃で倒す

こうして並べてみると作者の尾田氏が、意図して頂上戦争と重ねているのは確定と言えます。

ここまでオマージュされている以上、最後は仲間を守るためガープも白ひげと同じ末路を辿る可能性はかなり高いでしょう。

ガープが頂上戦争で学んだ「迷う奴は弱い」

出典:『ONE PIECE』(C)尾田栄一郎 / 集英社

 

また描写だけでなく、ガープの思考の面からも頂上戦争との繋がりがありました。

例えばハチノス島の戦いでは、ガープが頂上戦争で学んだことが活かされています。
それが「迷う奴は弱い」という気づきです。

2年前の戦争でガープは、ルフィと戦うことや、エースが処刑されることに迷いが多く、本気を出せないまま戦っていました。

その時の過ちを活かし、ハチノス島では愛弟子であったクザンを容赦無くボコボコにしているのです。

ガープはクザンに勝てない!?

多くの死を思わせる描写があるガープですが、そこに追い討ちをかけるような事実も判明しています。

それがクザンの実力と、ガープの実力が拮抗していることです。

おすすめの記事