【ワンピースネタバレ考察】】新たなセラフィム登場!?「ゴボボ」という音の正体について考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」1112話にて、マーズ聖に配信電伝虫が発見されてしまいます。
しかし、そこには電伝虫だけでなく「ゴボボ」と音を立てる謎の物体がありました。

本記事では、パンクレコーズ内で聞こえた音の正体について考察していきます。

配信電伝虫はパンクレコーズ内に隠されていた

五老星がパンクレコーズを破壊できないことを利用

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ベガパンクは自分が死亡した後、「世界の真実」を世界中に広めるための仕掛けを施していました。

真実を語るまでの猶予はたった10分
そんな僅かな時間では、何人であっても邪魔はできないと考えられていました。

しかし、五老星は瞬間移動でエッグヘッドに現れ、残り数分を残して研究所を破壊します。

ですが、そんな五老星の動きも読んでいたのか、ベガパンクは五老星が手を出せない、パンクレコーズ内に配信電伝虫を隠していました

欲(ヨーク)も隠し場所を知らなかった理由は?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ベガパンクが作り出したサテライトの中で、唯一裏切ったヨーク。

ベガパンクのクローンだけあって、電伝虫で配信を収録した場所に勘づいていました。

しかし、ベガパンクと脳を共にしているはずのヨークですら、電伝虫の隠し場所は知らなかったようです。

このことから、電伝虫を隠したのはヨークが裏切った後か、ベガパンク本人が隠したと思われます。

「来れる距離ではない」という発言はブラフ?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

「ワンピース」1110話にて、サテライトの1人シャカは「中断させたいものがいても来れる距離ではない」と語っていました。

しかし、1112話にてマーズ聖は簡単に電伝虫の隠し場所まで辿り着いています。

ベガパンクほどの者が、五老星の存在を勘定に入れていなかったとは想像し難いです。

そのため、「来れる距離ではない」という発言は、ブラフではないかと考えられます。

つまり、電伝虫のある場所に辿り着いても無駄。

もしくは、辿り着いたとしても阻止できないような、罠が貼られている可能性があるのではないでしょうか?

「ゴボボ」という音の正体について考察

ベガパンクの巨大脳?

ベガパンクの脳はパンクレコーズに格納されている
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

1112話にて、電伝虫が隠されたパンクレコーズ内に侵入したマーズ聖。

そこには電伝虫の他に、「ゴボボ」と音を立てる何かがありました。

マーズ聖がパンクレコーズ内で目にしたものは、一体なんだったのでしょう?

まず「ゴボボ」というのは、液体の中に何かが浸されている擬音と考えられます。

そして、液体に沈められているのは、ベガパンクが切り出した脳の本体、パンクレコーズの核になる部分ではないでしょうか?

脳のような臓器物なら、特殊な液体に浸して保存されていても不思議ではありません。

おすすめの記事