キングダムネタバレ772話|李牧の好きな人が明らかに!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年9月28日発売の週刊ヤングジャンプ44号に掲載されるキングダム第772話のネタバレ情報をご紹介します。

キングダムネタバレ771話のおさらい

キングダムネタバレ771話①|強制労働に耐える壁

  • へきは宜安の戦いで捕虜になった後、1年もの間部下と共に強制労働をさせられていた。
  • 壁は部下を励ますが、彼自身も病に冒され、立つこともやっとの限界状態
  • 壁は「間違ってもいきなり番吾を狙うのだけはやめるよう ここにはすでに李牧の罠が仕掛けてある」と意味深な発言。

キングダムネタバレ771話②|王賁に問う信

  • 番吾はんご攻めの前夜、信は王賁おうほんと2人で対話し、信は「番吾攻めで、李牧を本当に出し抜いてると思うか?」と王賁に尋ねる。
  • 王賁は「番吾が無防備ではないということは、王翦将軍も承知の上だ」と答えた。
  • 王賁は「当然だ。父は勝つ戦しかせぬ人だ」と言うが、2人の表情は硬く、不安げだった。

キングダムネタバレ771話③|番吾攻めは趙の計画通り!

  • 玉鳳ぎょくほう飛信隊ひしんたいを含む、王翦おうせん楊端和ようたんわ連合軍が、ついに番吾はんごに向け出陣
  • そのことは宜安ぎあんにいる李牧りぼくにも知らされたが、それはすべて趙側の計画通りだった
  • 李牧は、趙軍が秦軍に対し、地の利、数の利、そして軍容の利で圧倒的に有利だと説明。
  • カン・サロジ・アガ、そして司馬尚をもって秦軍を討とうと考えている李牧。

キングダム771話の詳細をこちらより御覧ください。

キングダムネタバレ772話

※ネタバレが含まれておりますので、本誌派やアニメ派の方はご注意ください。

キングダムネタバレ772話①|縁談を持ち掛ける馬南慈

趙軍が番吾はんごへ出陣している最中、李牧りぼくは1人軍議部屋にいました。

そこへ、馬南慈ばなんじがやってきて、「嫁を貰う気はないか」と持ち掛けました。

この1年、番吾の戦いの準備をしていた李牧の代わりに、馬南慈は武安ぶあんの城主を務めていました。

彼のもとには、他国の王女を始め、貴族や公族の子女からの縁談が沢山舞い込んでいたのです。

キングダムネタバレ772話②|李牧の好きな人

2人の話を、部屋の外で聞いていたカイネは、「今や李牧りぼく様は国士の筆頭。結婚する相手は王公貴族だ。勘違いするところだった」と、失恋したショックで涙を流します。

そこで、李牧は「私はある程度戦争の片がついたら、全てを辞職して雁門がんもんに戻りますよ」と言いました。

馬南慈ばなんじは驚き、「では、誰を伴侶に」と尋ねます。

李牧は、「昔からよく知っていて、ずっと苦楽を共にしている者。側にいて安心する者に」と答えました。

その言葉に、カイネだと察した馬南慈は、「それが真なら、雁門の民は涙を流して喜びますぞ。彼女は本当のあなたを支えることが出来る、唯一の人間です」と賛同しました。

李牧は、「私は雁門に赴任して一番の幸運は、彼女と出会ったことです」と言い、番吾の戦いが終わったら、カイネに告白するつもりだと言います。

それを聞いていたカイネは、今度はうれしさで涙を流すのでした。

おすすめの記事