【チェンソーマン】ポチタの正体をネタバレ考察!そもそも悪魔じゃない?
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

ポチタは、チェンソーマンに登場する子犬のようなかわいいキャラクターです。
チェンソーマンの中でも非常に重要な存在ですが、その正体などポチタには多くの謎があります。

チェンソーマンのポチタの正体についてネタバレ考察します。

ポチタの正体は何者なのか?

プロフィール

 

名前ポチタ
性別不明
正体チェンソーマン
契約者デンジ
誰かに抱きしめてもらうこと
声優井澤詩織

チェンソーがついた子犬に見える悪魔

 

ポチタは、顔にチェンソーが付いた子犬のような見た目の悪魔です。
尻尾がチェンソーのスターターのようになっており、尻尾を引っ張ると顔のチェンソーが回転します。

ポチタは、傷ついて倒れていたところを主人公のデンジに助けられ、血を飲む代わりに助け合う契約をして一緒に生活することに

第1話ではデンジはもぐりのデビルハンターをしており、ポチタと一緒に悪魔と戦っていました。
ポチタをチェンソー代わりにして、木を切るシーンも描かれています。

かわいらしい見た目で言葉も話せないポチタですが、デンジの夢などに現れる時は理知的で高い知性を感じさせる口調で話をします。

最後は契約してデンジの心臓に

 

ポチタは、心臓となることで死亡したデンジを復活させました。
力を合わせて生活していたデンジとポチタは、ゾンビの悪魔によってバラバラにされてしまいます。

死体はごみ箱に捨てられますが、デンジの血が口に流れ込んだことでポチタは蘇生します。

デンジは、「自分が死んだらポチタに体を上げるから普通の生活をして、普通の死に方をして欲しい」と言っていました。

ポチタは、「私の心臓をやるかわりにデンジの夢を見せて欲しい」と言い、デンジを復活させます。
現実の世界でのポチタの登場は、第1話が最後です。

しかし、ポチタは死んだわけでなく、デンジと共に生きています。

ネタバレ!本当の姿はチェンソーマン

 

ポチタの本当の姿は、地獄のヒーローと呼ばれるチェンソーマンでした。
ポチタはゾンビの悪魔に雑魚悪魔呼ばわりされていましたが、相当強力な悪魔です。

デンジはポチタと融合したことで、胸のスターターを引くとチェンソーマンに変身できるようになりました。
デンジのチェンソーマンの強さは本来の姿には及びませんが、並みの悪魔よりはるかに強いです。

また、殺されても胸のスターターを引くことで、復活することができます。
戦争の悪魔は、「何度殺してもチェンソーマンは立ち上がってくる」と言っていました。

戦争の悪魔と戦ったのは武器人間になる前なので、チェンソーマンはただの悪魔だった頃から死んでもすぐに復活する能力があった可能性があります。

助けを呼んだ者を助けに現れる地獄のヒーロー

 

チェンソーマンは、助けを呼んだも者の前に現れる地獄のヒーローと呼ばれています。
地獄にいた頃のチェンソーマンは助けを求めた悪魔の前に現れ、原因になった悪魔を殺していました。

しかし、助けを求めた相手まで殺してしまうため、悪魔から最も恐れられる悪魔とも呼ばれていたようです。
マキマから「チェンソーマンはやる事全部がめちゃくちゃでなきゃいけないの」と言われています。

悪魔から最も恐れられる理由は、食べた悪魔を概念ごと消滅させてしまう能力を持っているからです。
ただし、現世でコベニの助けに応じて現れた時は、人間のコベニは殺していません。

悪魔と違って人間は転生できないため、助けを求めたコベニは殺さなかったのかもしれません。
チェンソーマンに殺されて転生した悪魔もいるため、助けを求めた悪魔は食べていない可能性があります。

ポチタの正体は何の悪魔なのか考察

正体はチェンソーの悪魔ではない?

 

ポチタの正体は、チェンソーの悪魔ではない可能性があります。
デンジはチェンソーの悪魔になれると言われており、普通に考えればポチタの正体はチェンソーの悪魔のはずです。

しかし、チェンソーマンは、食べた悪魔を概念ごと消滅させる能力を持っています
トマトの悪魔がソーマンに食べられた場合、悪魔が消滅するだけでなくトマトの概念が世界から消えてしまうのです。

チェンソーマンに食べられたことで、核兵器や第2次世界大戦などが消滅し、人間の記憶からも消えてしまったようです。

チェンソーと関連性がなく、規格外の能力のためにポチタはチェンソーの悪魔とは別の悪魔の可能性があります

正体は神の悪魔?

 

ポチタの正体は、神の悪魔とも考えられます。
チェンソーマンには眷属がおり、名前はセラフィム・ビーム・カルガリ・ドミニオン・ヴァーチェ・パワー・プリンシ・エンジェルです。

チェンソーマンの眷属は、悪魔ですが名前が天使の階級になっています。
眷属は従属する存在ですが、天使が従属する存在は神以外にありません。

天使の名前の眷属を持つチェンソーマンが、神に該当する存在なのは確かでしょう。
チェンソーマンが悪魔なら、神の悪魔の可能性が高いです。

チェンソーマンの世界は神の概念がないため、神の悪魔はチェンソーマンに食べられているという考察もあります。

しかし、第2部で「神様」という単語が登場したため、神の概念は消滅していない可能性が高いです。

おすすめの記事