【ワンピース最新】コブラ王の死亡が確定?死亡理由や黒幕をネタバレ考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピースで重要な場所とされるアラバスタ王国。そこで国王を務めるコブラ王に死亡説が流れています。
しかも、コブラ王を殺したのはサボという噂も。

この記事では、コブラ王が本当に死んでしまったのか、死亡理由や黒幕について徹底的に解説していきます。

コブラ王の死亡は確定?

まずはコブラ死亡説について明らかになっている情報から確認していきましょう。

コブラ王死亡の記事

サボ-コブラ王
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

世界経済新聞社のモルガンズは、レヴェリー後、「サボ、コブラ王を殺害」という報道をしています。
さらにコブラ王の娘であるビビも失踪していることが同時に報道されました。

レヴェリー後のコブラ王はまだ描かれていないため、死亡の真偽は謎のままです。

しかし、コブラ王の死亡フラグは事前に描かれていました。
そのため、コブラ王の死亡は十分にありえるでしょう。

レヴェリーについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

ビビの涙

ビビ
出典;pixiv@Riku

 

失踪したと報道されていたビビですが、第1074話では、レヴェリー後のビビが描かれました。
ビビがいた場所は、報道を出している世界経済新聞社の船だったのです。

ビビの様子を見ると、いつもどおりで元気そうに見えますが、モルガンズがビビのことを「昨日まで泣いてた小娘」と発言していました。
つまり、ビビが泣くような何かが起こったということになるでしょう。

そうすると、やはりコブラ王死亡説は濃厚だと考えられます。

コブラ王が生きている確率は低い

ビビ-コブラ王
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

コブラ王の死亡フラグは報道とビビの涙だけではありません。

レヴェリーに向かう際の船で、体調を伺われたコブラ王は「んん…よくはないな もう長くないかも知れん…」と病気を患っていることを強調する描写がわざわざ描かれました。
この描写はどちらかといえばネタ的な描写です。

しかし、ワンピースはネタ描写も伏線になることが多くあります。

つまり、コブラ王のセリフはそのまま伏線になり、もうすぐコブラ王が死亡するフラグとなっているのではないでしょうか?

コブラ王の死亡理由は?

次に、コブラ王の死亡理由について考察していきましょう。

サボが殺害したのは嘘

サボ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

先述したように、コブラ王の死亡はサボの殺害によるものだと報道されています。
しかし、この報道は嘘である可能性が高いでしょう。

まず、サボがコブラ王を殺害する動機がありません。

コブラ王殺害後、サボは8カ国革命から神のように崇められ始めました。
しかし、これはサボにとってメリットがないのです。

8カ国革命に対して革命軍は困惑している様子でした。
つまり、8カ国革命と革命軍の目指すものは異なるのでしょう。

このように、サボがコブラ王を殺害するメリットはありません。

実際、サボは電伝虫で革命軍本部に「コブラ王暗殺の犯人はおれじゃない!!」と報道を否定していました。
コブラ王が死亡した理由は他にある可能性が高いでしょう。

サボの現在についてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

おすすめの記事