ドクターストーン
出典:TVアニメ「Dr.STONE」公式サイト

本記事では、12月7日に放送されたアニメ「Dr.STONE」第23話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに見逃し配信情報をご紹介します。

前回第22話ではマグマと協力し、携帯電話を作るのに必要なタングステンを取りに洞窟に行くという内容で終わりました。今回の第23話は皆で協力しあって携帯を完成させる話です。

「Dr.STONE」第23話のネタバレあらすじ

司に勝利するために科学の力でスマホを作り、情報戦で打ち勝とうと戦略を立てる千空。スマホを作るには様々な道具の調達や物作りの作業が必須。石神村の皆と協力し合い、分担して作業を開始します。スマホが出来れば今どこで何をしているかなど味方同士のやりとりが簡単になり、勝利に一歩近づけると考えます。決戦は春。それまでに科学の力でスマホ作りを完成させるのか。

Dr.STONE」第23話のネタバレ

ネタバレ①携帯作りの開始

マグマと協力し、タングステンという青く光る宝石を手に入れた千空。まず真空管のフィラメントを作るところから始めます。

それにはこの宝石をまず砕く必要があります。マグマは力任せに武器で叩きつけ、宝石を砕こうとしますが、それを見て村の長コウヨウはマグマ自ら手を貸すのは珍しいと驚くのでした。

粉々になった宝石を化学の力でなんやかんやして歯磨き粉のようなペースト状にします。そしてこれを1000度以上の熱で温める必要があるのですが、ただガラスごと加熱するとガラスも溶けてしまいます。

どうにかタングステンだけを焼くにはどうしたらいいのか。その方法を千空はクロムに一任します。今まで教えた科学の力を活用してその方法を考えるよう伝えると、任せろと一言返してハイタッチを交わします。

それを見ていたカセキのじいさんは「羨ましい」と声を漏らすのでした。幼い頃から物作りが好きで未だに橋を直したり現役でいろいろと作業しているカセキは二人の姿を見て自分も物作り友達が欲しかったと言います。

その話を聞いたクロムはここに二人もいるじゃんと自分と千空を指さすのでした。50歳も歳が離れている二人ですが、今まで千空達と作ってきたものは少なくありません。年齢など関係なくもう三人は物作りの友達なのでした。

千空は科学で宝石をペーストする作業、クロムやカセキは1000度以上の熱で温める方法探しとその装置づくりにかかります。

ネタバレ②モノづくりによって芽生えた友情

しかし、真空管作りは想像を超えて難航します。クロムは今まで千空に教わった科学の知識を活かして大きなレンズで熱を集め、且つ、火を起こして加熱しますが目標とする温度に足りません。そこで電力も使ってコハクやマグマの人力によるパワーのもと、何とか完成しました。不格好な見た目の知識を全て混ぜ込んだ欲張りセットのような装置に千空は笑いますが、機能はバッチリです。

千空こわ作ったタングステンを細かくペーストした物を「タングステン歯磨き粉」と呼んでいますが、これを細長く歯磨き粉を歯ブラシに出すときのように細長く板に出します。

水に電気を合わせると水素が出ます。そしてクロムらが作った装置を使って高熱で温めることでサビを剥がします。これで耐熱金属のタングステンフィラメントが完成です。

これで携帯を作る全ての材料は揃いました。あとは特別な真空管を使って心臓部分を仕上げるのみです。ただし、この真空管は複雑の構造を使ったヒックマンポンプというものが必要です。今まで使ってきた真空管とは異なり、このヒックマンポンプというものは極限まで空気を吸い出してくれる仕組みになっています。ただこのポンプはガラスがかなり複雑で難しい形をしているのでした。

いざこれを作るとなると設計図を見たカセキは一度たじろいてしまいますが、ややこしい構造はワクワクふるとモノづくり心に火がつくのでした。千空とハイタッチをし、ポンプ作り作業の開始です。

ネタバレ③科学によって豊かになる村とスマホの完成

一方その様子を見ていたスイカも子供たちに出来ることはないかと千空に尋ねます。

千空は導線作りをスイカに任せ、ハイタッチをします。しかし時期は冬。手作業で行う細かな導線作りは寒さで手が冷たくなっていくのに耐えながら作っていくしかないのでした。

残る科学チーム千空、クロムはプラスチック作りへ。気を蒸し焼きにして出た汁をさらに煮て、熱々の銅につけるホルマリンが出来ます。石炭の燃えカスと水酸化ナトリウムとホルマリンを合わせれば土台が完成です

石炭が大量に必要なため銀狼、金狼、クロム、マグマ、コハクは森に石炭の調達に行きます。調達組が戻ったあと、千空は村の皆のために家の中に暖炉を作ります。寒さに耐えていたスイカ達は暖炉の暖かさに感動。作業も捗ります。千空は携帯作りに必要なのはあくまで燃えカスだから勝手に暖まれと一言告げます。

その光景の一部始終を見ていた村長のコウヨウはどんどん村が豊かになるのだなと感心します。それに対して千空は科学とはそういうものだと返すのでした。

また一方でゲンは黙々と1人でマンガン電池作りの作業をしていました。千空がマニュアルと道具を予め用意していたため思っていたよりも単純作業で安堵していました。作業が捗り、リズムに乗りながら楽しんでいた頃に千空が様子を見に来て、あと800個作れと言い残すのでした。打ちひしがれるゲンでしたが周りの協力もあって無事にマンガン電池も完成です。

そして最終作業、マイク作り。コハクにワインを樽ごと持ってきてもらいます。今回はこよワインの蓋やふちについているピンクの粒を使って、焼いた海藻とお湯に溶かすことで1つの部品として使います。

また、ロッシェル塩というキラキラの石を使用。これは音を電気に変える石で、プラスチックメガホンに付けるとマイクの完成です。

全員の協力の元、全てのパーツが揃い、スマホを入手しました!春が来る前に準備は万全を期しました。ついに司との最終決戦です!

「Dr.STONE」第23話の感想

筆者感想

ついに携帯が完成!何も無い村で携帯づくり。しかも使用するのは石やワインや海藻、様々な装置も手作り。今回も千空の知識量と閃が桁違いに素晴らしいお話でした。科学って凄い。

村の皆と千空の信頼関係やチームワークがわかる1話でもあったと感じています。最初は千空を認めていなかったマグマもしっかりと自らの意思で協力し、皆が自分に出来ることはないかと作業を進めていく今回のお話は淡々としているようで協調性や一人一人よ千空への信頼を感じました。

皆が一丸となって司に対抗するという目的の元、最高の科学チームが築けているのではないでしょうか。

それと同時に千空の村の皆への思いやりも感じました。カセキ爺さんのことを友達だと言ったシーンはもちろんの事、寒さに耐えるスイカや老夫婦の姿を見て暖炉を作るシーン、とても良かったですね。

この世界は科学で溢れていて、電気も暖房も携帯も武器も病気を治す薬も全てが科学の力。村長が千空を村の一員として認め、より豊かになる村を見て感動している想いのようなものも感じました。

司とその仲間の戦闘力や人数、武器などは分かりませんが、携帯による意思疎通がとれる科学チームはどこまで戦線に優位に立てるのでしょうか。時は流れてあっという間に春。次回はいよいよ司と決戦です!

みんなの感想・口コミ

 

ハイタッチのシーンではやはり感動した方も多いようです!皆が何か作業を割り振られてハイタッチするシーン、とても良かったです。

私の感想などでは触れていなかったのですが、マンガン電池を作っている時にゲンがノリノリで歌うこのシーンについて書いてる方がとても多かったです!

中毒性のある独特なゲンの歌をぜひ聞いてください!

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え世界最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000タイトルが読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②割引やポイント還元等のキャンペーンが充実
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事