ロジコマ

声優: 沢城みゆき

原作の「フチコマ」に該当するキャラクター。9課に運用されている熱光学迷彩装備の歩兵兵站用輸送支援車両で、正式名称は「ロジスティクス・コンベイヤー・マシン」です。

旧式のAIのためか、のんびりとしたしゃべり方をします。

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」の主題歌


OP:GHOST IN THE SHELL ARISE 歌:坂本真綾、コーネリアス 演奏・作曲:  小山田圭吾 

主演である、坂本真綾が歌っている曲です。浮遊感のある音楽のリズムによる未来的な雰囲気の曲です。ハードな雰囲気のある本編の内容と正反対な感じの曲です。

EDじぶんがいない 歌 : salyu×salyu 作曲・編曲 : 小山田圭吾(border:1)

神奈川県出身の女性歌手salyu × salyuが歌っている曲です。極端に甲高いわけではないのに、よく響く声質が印象的な歌手です。曲もどこか独特な感じがします。

ED外は戦場だよ 作詞・歌 :  青葉市子、コーネリアス  作曲・編曲 :小山田圭吾 (border:2

OP同様、どこかハードな雰囲気のある本編のイメージとは正反対に、穏やかな雰囲気の曲です。歌手の青葉市子は京都出身の歌手で、ナレーションや舞台出演も行っています。

EDHeart Grenade 作詞・歌 : ショーン・レノン、コーネリアス  作曲・編曲 :小山田圭吾                                          border:3

border:2まで女性の歌手が担当していましたが、こちらは男性の歌手が担当しました。歌い手のショーン・レノンは、ビートルズのジョン・レノンの実子で、当の本人も優秀な音楽家です。

EDSplit Spirit 作詞・歌 : 高橋幸宏 & METAFIVE  作曲・編曲 :小山田圭吾 (border:4

弾むようなリズムで奏でられる音楽が印象的な曲です。よく聴くとジャズのような音感が混じっているのが興味深いです。 高橋幸宏 & METAFIVEは2014年に一夜限りのユニットとして結成されたバンドです。

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」の魅力とは?



魅力①チーム結成前の素子たちの姿

ARISEは、前作のS.A.C.シリーズとは違う物語であり、内容もそれまでの攻殻機動隊で語られていなかった、9課に入る前の素子たちが描かれています。

その為、攻殻ファンはARISEを視聴する際、一度頭をリセットして今作に望むことをオススメします。

キャラクターに関して言えば、大人っぽい前作のキャラクターに対して、素子を含めて大半のキャラクターが不良っぽいキャラクターのようになっています。

素子は陸軍501機関所属と呼ばれる組織に所属しており、バトー、イシカワ、ボーマは傭兵、パズは軍警察で、サイトーはギャンブラー、トグサは刑事で、荒巻だけが公安に所属しています。

トグサと荒巻以外は、捜査や諜報活動よりむしろ、破壊活動のほうが向いてそうな癖の強いキャラクターになっています。

このように、今までの攻殻機動隊とはまるで違っており、別物として認識する必要がありますが、同時にこうした癖の強いキャラクター達が、いかなる物語を形成していくのかが注目すべき点でもあります。

魅力②はぐれ者ばかりが集まった愚連隊的な組織。

それまでの攻殻機動隊は公安に所属するプロフェッショナルな集団として描かれていましたが、今作「ARISE」の素子たちは、公安に所属しない独立部隊として活動しています。

厳密に言えば、荒巻の認可で公安9課の下請けとして働く傭兵部隊のような組織ですが、こうした社会のはぐれ者や、はみ出し者で構成されたチームというのは70年代の傑作漫画「ワイルド7」と似ています。

キャラクター達も前述したように、まったく違ったものになっており、素子は反抗的な跳ね返り娘、バトー達は柄の悪い傭兵、サイトーに至ってはなんとギャンブル狂いのスナイパーになっており、変わっていないのは荒巻トグサだけです。

公安というよりはテロリストのような彼らで、素子自身自分の部隊を公安に所属させる気は無いらしく、独立愚連隊のような部隊にしたがっているようです。そんな彼らが、どうやって公安9課に入り、チームとしてまとまっていくか気になります。


魅力③喧嘩だらけの仲間達。

今作の攻殻機動隊は癖の強いキャラクターとなってしまったので、全員我が強く、チーム内でいさかいが絶えません。

厳密に言うと素子と仲間達といさかいを起こしてしまうようです。今作の素子は気が強く反抗的な性格で、荒巻も時折彼女の言動に頭を痛めています。

そのうえ、素子はバトー達と元々敵同士であったために(トグサ以外)彼らのことをどこか信用していないようです。特にバトーとは犬猿の仲で、当初は本気で殺し合いをしていました。

仲間になっても素子とバトーは喧嘩ばかりしています。そんな彼らがどうやってチームになっていくか興味深いところです。

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」の感想

2013年に始まった「攻殻機動隊 ARISE」は、それまでの攻殻機動隊のファンを突き放すような作品となりました。

大人の女性のイメージであった素子はどこか幼く、短気で反抗的な思春期の少女のような性格になり、バトー達は柄の悪い傭兵となりました。

リメイク作品について回る宿業でもありますが、過去の作品をリメイクするときは、それまでのファンを意識したものをつくるか、それとも今までファンを突き放し、新しいファンを会得するために新しい姿に作り変えるかです。

ARISEは旧作品の因果を断ち切ることで新しい作品を作ることに賭けたのです。

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」口コミ・評価

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」の口コミ

やはり、キャラクター造詣の変化に戸惑う方が多いようです、その一方でオリジナリティを楽しむ人もいるようです。また今作では素子の恋愛シーンが登場するので、今までの攻殻ファンは戸惑うことになります。


アニメ「攻殻機動隊 ARISE」の筆者評価

総合評価:45点/50点
ストーリー
作画
音楽
独自性
メッセージ性

・ストーリー:8点/10点
冒頭が少々入りこみづらいようです。慣れてくるとサスペンスタッチでなかなか面白い。中盤からハリウッドのようなアクションと、カーチェイスの展開によって視聴者を惹きつけて来ます。

・作画:9点/10点
全体的に繊細なイメージになっています。特にネットにダイブする場面は、海のイメージでまとめられており、美しい描写でまとめられています。

・音楽:9点/10点
これまでの攻殻機動隊のイメージ曲同様、女性的な繊細な感じでまとめられており、ハードな作品と対になっています。浮遊感のある未来的な音楽も良い。

・独自性:8点/10点
それまでの攻殻機動隊のイメージとはまったく別物として見たほうが懸命です。特に素子とバトーが険悪な関係になっているので、ファン達はかなり面食らうはずです。

・メッセージ性:7点/10点
それまでの攻殻機動隊が、現実社会を反映させたテーマを掲げていたのに対し、今作のARISEはキャラクターの内面に焦点を絞って描写されています。

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」の動画を無料で見る方法は?

有料動画配信サービスの無料期間を利用しよう

有料動画配信サービスの無料お試し期間を利用すれば、なんと!「攻殻機動隊 ARISE」を無料で視聴することができます!さらに無料期間中であれば、他の気になる作品も視聴することができるのです!

※無料期間中に解約しなければ有料となってしまいますので、ご利用期間・ご利用方法にはご注意ください。


「攻殻機動隊 ARISE」の動画配信情報

「攻殻機動隊 ARISE」の動画配信サービス一覧表

サービス名配信状況月額料金(税込)作品数無料体験期間
Amazonプライムビデオレンタル500円
(※年会費4900円)
約1.4万本30日間
NETFLIX880円~非公表1か月間
注意
こちらの情報は2020年1月時点のものです。
登録する際は今一度、ご自身でお確かめになってから登録するようにしてください。

各動画配信サービスの特徴は?

現在、「攻殻機動隊 ARISE」を無料で視聴することができる動画配信サービスはNETFLIXのみとなっています。

ここからは各動画配信サービスの特徴をご紹介します!

NETFLIXの特徴

  • ベーシック:800円、スタンダード:1200円、プレミアム:1800円と利用人数と画質で値段が選べる!
  • NETFLIXオリジナル作品が大人気!
  • 最大4台の端末で同時視聴が可能!
  • 最大4台の端末で動画ダウンロードが可能!

Amazonプライムビデオの特徴

  • 年会費4,900円(税込)のプライム会員で動画見放題!30日間の無料トライアルも実施中!
  • 最新作から、Amazonオリジナル作品まで豊富に揃ったラインナップ!
  • 動画だけじゃなく、プライム会員でお急ぎ便使い放題や音楽聴き放題など多彩なサービスが利用できる!
  • スマホはもちろん、Kindleやスマートテレビ、ゲーム機など色々なデバイスで楽しめる!

アニメ「攻殻機動隊 ARISE」のまとめ

攻殻機動隊のキャラクターはとっつきづらい性格が多かったのですが、今作のキャラクター改変によって人間くさくなったと言えなくもありません。

旧来のファンの中には反感を持つ方もいたようですが、本作はヒットし、新しい攻殻機動隊のファンを会得することに成功しました。

これまでの攻殻機動隊の傾向を見ると、押井版は機械と人間の差異を哲学的に語る物語を、神山版はポリティカルフィクションに、組織と個人のありようを語る物語として描きました。

ARISEは素子個人に焦点をあてた、人間ドラマになったようです。

筆者としては、新しい攻殻機動隊ファンには、旧来の作品も拝見して、見比べるという楽しみも味わって欲しいと思っています。