あの花アイキャッチ
出典:あの花公式サイト

アニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」は全11話構成で、2011年4月から6月までフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送されました。2012年には漫画化、2013年には劇場版が公開されました。

  • あの花って人気だけど、実際どうなの?
  • あの花を無料で見る方法は?

こんな疑問を持っている方のために、今回は「あの花」の動画を無料でフル視聴する方法と魅力や感想をご紹介します。

少しでも気になった方は、ぜひ読んでみてください!

アニメ「あの花」の動画を無料でフル視聴する方法は?(図解)

有料動画配信サービスの無料お試し期間を利用して視聴する!

有料動画配信サービスの無料お試し期間を利用すれば、なんと!アニメ「あの花」を無料で視聴することができます!

さらに無料期間中であれば、他の気になる作品も視聴することができるのです!

※無料期間中に解約しなければ有料となってしまいますので、ご利用期間・ご利用方法にはご注意ください。

「あの花」の動画配信サービス一覧表

サービス名 配信状況 無料体験期間 月額料金(税込) 作品数
U-NEXT 31日間 2,189円 約16万本
hulu × 2週間 1,026円 約5万本
2週間 976円 約3万本
30日間 500円
(※年会費4900円)
約1.4万本
dアニメストア 30日間 440円 約2,900本
dTV × 31日間 550円 約12万本
※ ◯は見放題です。
注意
こちらの情報は2020年2月時点のものです。
サービスに登録する際は、見たい作品が配信されているかご自身でお確かめの上、登録するようにしてください。
ここからは、各動画配信サービスの特徴を簡単にご紹介します。

U-NEXTの特徴

  • お試し期間の31日間は無料で動画が見放題!
  • 無料登録時も600ポイント付与!アニメの続きや新作マンガが、約一冊すぐに無料で読める!
  • 有料会員は月額2,189円だが、毎月1200ポイント付与!新作漫画が毎月2~3冊無料で読める!
  • 作品数が16万本で業界最多!
  • 最大4人まで同時視聴可能!家族や友達と使えばかなりお得!
  • 漫画購入毎に40%のポイント還元!お得に全巻楽しめる!

FODプレミアムの特徴

  • 人気ドラマやアニメなどのフジテレビ番組が見放題!
  • 海外ドラマや映画も見放題で視聴可能!FODオリジナル作品も見逃せない!
  • 毎月最大1,300円分のポイントをゲットできる!月額料金以上におトク!
  • アニメ好きにはたまらないノイタミナ作品が豊富です!
  • 100誌以上の人気雑誌が読み放題!期間限定で無料で読めるコミックもあります!

dアニメストアの特徴

  • 業界最安値!月額440円(税込み)で利用ができる!
  • 名作から最新作まで約2,900作品のアニメが見放題!
  • 最新作の見逃し配信が充実!
  • 声優のフォロー機能やタグ検索が優秀!

Amazonプライムビデオの特徴

  • 年会費4,900円(税込)のプライム会員で動画見放題!30日間の無料トライアルも実施中!
  • 最新作から、Amazonオリジナル作品まで豊富に揃ったラインナップ!
  • 動画だけじゃなく、プライム会員でお急ぎ便使い放題や音楽聴き放題など多彩なサービスが利用できる!
  • スマホはもちろん、Kindleやスマートテレビ、ゲーム機など色々なデバイスで楽しめる!

アニメ「あの花」の動画を無料で視聴する手順

これまで、アニメ「あの花」の無料で観れる動画動画配信サービスをご紹介してきました。

ここからは、実際にアニメ「あの花」を無料視聴する流れを図でご紹介します。

無料動画配信サービスの登録方法の図解

アニメ「あの花」の基本情報・あらすじ

ノイタミナとして2011年に人気を博していた「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」が映画化。2013年8月31日に映画として公開されました。

全国64スクリーンで公開され、2013年8月31日、9月1日の初日2日間で興収1億9,817万7,700円、動員16万1225人となり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となります。

あの花のキャッチコピーは「前を向けばきっと会える。」です。

【あの花】の基本情報

「あの花」の基本情報として、「キャスト」「スタッフ」を紹介します。

<キャスト>

宿海仁太(やどみ じんた) 入野自由
本間芽衣子(ほんま めいこ) 茅野愛衣
安城鳴子(あんじょう なるこ) 戸松遥
松雪集(まつゆき あつむ) 櫻井孝宏
鶴見知利子(つるみ ちりこ) 早見沙織
久川鉄道(ひさかわ てつどう) 近藤孝行
仁太(幼少) 田村睦心
集(幼少) 瀬戸麻沙美
鉄道(幼少) 豊崎愛生
宿海篤 小形満

<スタッフ>

監督・絵コンテ  長井龍雪
脚本 岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督 田中将賀
演出 吉岡忍
音響監督 明田川仁
音楽 REMEDIOS
アニメーション制作 A-1 Pictures
制作 あの花」製作委員会(アニプレックスフジテレビジョン電通
配給 アニプレックス

 

「あの花」のスタッフやキャストを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここからは、あらすじを紹介していきます。

【あの花】のあらすじ

 

幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道の6人。「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地で遊ぶ間柄でした。しかし芽衣子の死がきっかけに、彼らは仲たがいしてしまうのです。

お互いに様々な思いを持ちながらも時が経ってしまいました。数年が経ち、仁太は引きこもりをしています。ある日、仁太の元に亡くなった芽衣子が、現れるのです。そして芽衣子から仁太にあるお願いをします。

そのお願いを仁太は必死にかなえようと模索するのです。この仁太の行動が、離れていた「超平和バスターズ」の仲間を再び集めることになります。

 

仁太は、芽衣子のお願いを叶えることはできるのか?

ここからは、「あの花」の魅力や見どころを紹介していきます。

アニメ「あの花」の魅力や見どころは?

「あの花」の魅力を3つ紹介していきます。

【あの花】の魅力
  • 秩父の街並みを実感できる
  • 感情がふんだんに描かれている
  • TV版では描かれていなかった場面が追加されている!

【あの花】の魅力①:秩父の街並みが実感できる!

自然豊かな秩父の街並みが、映画の中で現実味を帯びた雰囲気で表現されています。秩父に言ったことがある人なら、新秩父橋、秩父神社、武甲山などにすぐに気づくことができますね。

都心から特急列車で、約1時間半で着く秩父。自然豊かで、どこか懐かしさを覚える雰囲気が、物語の世界観との調和をしています。今でも、聖地巡礼のため、秩父を訪れるファンの姿が見られるそうです。

【あの花】の魅力②感情がふんだんに描かれている!

芽衣子の突然の死の後に、主人公の仁太や他の「超平和バスターズ」のメンバーは、様々な思いを持って時を過ごします。仁太の元に、突然現れた芽衣子。あるお願いをします。

その願いを叶えるために、集まった「超平和バスターズ」のメンバー。それぞれの思いは複雑です。実は、メンバー同士の隠されていた恋心や嫉妬心などが複雑に入り混じりながら物語が進んでいきます。

また思春期特有の悩みや罪の意識も描かれており、登場人物達と同世代であれば、共感できるように描かれています。

【あの花】の魅力③TV版では描かれなかった場面が追加されている!

映画では、TVでは放送されていなかった、芽衣子が「超平和バスターズ」に入るエピソードが描かれています。さらに、TVシリーズの最終回から1年後の「超平和バスターズ」のメンバーが、芽衣子が戻ってきた日を振り返ります。芽衣子に対する思いを綴った手紙を紹介していく場面も公開されているのです。

映画を観た多くの人たちは、「やっぱり泣ける!」と評判です。これまでの作品を観ている人も、映画で初めて観る人も満足できる作品になっています。

アニメ「あの花」の感想・評価

ここからは「あの花」実際に見た筆者の感想と視聴者の口コミを紹介していきます。

【あの花】の筆者の感想

注目は、やはり芽衣子(めんま)の純粋な気持ちです。
めんまの死を通して、離れ離れになってしまった「超平和バスターズ」の5人。
そんな離れ離れの5人を昔のように仲良くしようとめんまが奮闘します。

めんまのことが見える仁太を通して、様々な出来事を引き起こします。
久しぶりに会ったメンバー達と会うことでそれぞれの思いがあらわになるのです。

メンバーたちの思いを聞くと「ちょっと嫌だなぁ~」と感じさせるほどの人間の苦悩が伝わってきます。

「めんまのことが見える!」と言う仁太のことを全く信用していないメンバー達。しかし、ゆきあつとめんましか知らないことを仁太が伝えることで「本当にめんまがいる」と信じ始めます。めんまとずっと会いたかったメンバー達は、涙を流したり自分たちの思いを必死に伝えようとします。

この場面は、本当に今でも何度観ても涙なしには観ることができませんね。

めんまの存在を感じたメンバー達は、めんまの願いを叶えようと、「打ち上げ花火」を企画します。そして、実際に打ち上げ花火をするのですが、めんまの姿は消えずに残っていました。その時めんまは自分の願いを思い出すのです。

「じんたんがもっと泣いたり笑ったりできるように!」

このめんまの願いは、「超平和バスターズ」が久々に揃った時にもうすでにかなえられていたのです。自分の願いを思い出しためんまは、仁太の目の前から姿を消していくのです。

めんま

出典:アニメ「あの花」公式サイト

 

めんまの思いを知ってからは、何度も目から涙が止まりませんでしたね。純粋なめんまの気持ちと「超平和バスターズ」のめんまへの思いが、簡単に涙腺を崩壊させてくれます。映画館に言った人たちのほとんどが泣いてしまう理由が実感できますね。

【あの花】の口コミ

【あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない】を観た人たちからは、こんな口コミが出ています。

やはり涙なしでは見れないと評判のようですね。劇場では、泣く人が続出で先着10万人に「泣いてもいいんだよティッシュボックス」が配られているほどでした。

アニメ「あの花」を観て今までにない感動体験に触れよう!

これまで、「あの花の名前を誰も知らない」の魅力や感想について紹介をしていきました。やはりラストの場面はいつ観ても泣けますね。

おすすめ作品一覧

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事