「メイドインアビス」主人公レグの正体とは?作中情報からレグの正体を徹底考察!
出典:「メイドインアビス」公式サイト

メイドインアビスの主人公レグは、可愛らしい少年の姿をしたロボット…のように見えますが、その正体は謎に包まれています。

本人も記憶を無くしているので、何者かわかりません。

今回は、メイドインアビスの主人公レグの正体を様々な人物の証言や、アビスやライザとの関係から探っていきます。

アニメ「メイドインアビス」の続きの漫画をお得に読む方法
メイドインアビス アニメ2期「烈日の黄金郷」の放送が2022年に決定しました。アニメ2期を楽しみにしている方も多いですよね。
題名収録巻
メイドインアビス アニメ1期漫画1巻〜4巻26話「新たなるスタート」まで収録
メイドインアビス 劇場版「深き魂の黎明」漫画4巻27話「禁断の花畑」〜5巻38話「挑む者たち」まで収録
メイドインアビス アニメ2期「烈日の黄金郷」漫画6巻39話「還らずの都」〜
表の通り、アニメ1期の続きは原作漫画4巻から、劇場版の続きは原作漫画6巻から読むことをオススメします!
アニメの続きを漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!
ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

「メイドインアビス」レグの基本情報


レグの見た目や能力は?

 

レグのプロフィール

名前: レグ(名付け親はリコ?)
外観: 12歳の少年
能力: 自在に伸びるワイヤー仕込みの腕。同じく腕に仕込まれた、岩をも溶かす強力な熱線砲「火葬砲」
口癖: 「度し難い」
動力: 電流(普通の食べ物もエネルギーに変えることもできる)
出身地: アビス深層?
好きなもの:リコが作ったおにぎり

レグの見た目は、リコと同じ12歳くらいの子供であるため、リコは最初、自分と同じ探掘家見習いの子供と思ったようです。

しかし、リコが体を調べると、手足が機械でできていて、体が頑丈であったため、リコはレグをロボットだと思ったようです。

実際は、へそがあったり、人間と同じ内臓もあったり、食べ物を食べたりするなどの、生理現象も起きているので、サイボーグの可能性もあります。

自分自身に関する記憶はなく、名前の「レグ」はリコが名付けました(後述参照)

レグは、かわいい見た目に反して、強力な武器が内蔵されているうえに、体は生半可なことでは傷もつけられないほど強靭ですが、なぜか金属の部品は傷だらけです。

このことから、レグは、大変な思いをして、アビスを這いあがってきたのではないかと思われます。

いつも不思議な模様(実はエネルギーの残量が表示されている)の浮き出るヘルメットをあみだにして被っています。

臆病な一面があり、暗い所やお化けが苦手ですが、本作の主人公だけあって、戦闘描写はかっこいいです。


レグとリコの最初の出会い

リコがレグと出会ったのは、アビスの第一層です。

リコは第一層の探掘の際、同級生のナットがベニクチナワに襲われているのを見て、大慌てで笛を吹いて、周囲に知らせようとしましたが、そのためにベニクチナワに襲われかけてしまいます。

 

その時、化石樹を溶かすほどの、強力な砲撃(火葬砲)がベニクチナワに当たったため、リコは九死に一生を得ます。

リコが、火葬砲の痕跡を辿ると、そこに一人の少年が倒れていました。リコが彼の体に触れると、ロボットであることがわかりました。

 

この少年型ロボットこそレグだったのです。

レグを目覚めさせるためにリコがやったこととは?

リコは、その少年を、孤児院に連れて帰り、意識を目覚めさせるためにいろいろな実験を始めました。

その実験とは、髪の毛を燃やす、焼けた石炭を食べさせようとする、体をドリルで突いてみる、お尻に計り棒を入れてみるなど、かなりひどいことをやっています。

幸い、レグが頑丈だったので、何事もなかったようですが、極めつけは、レグの体に強力な電気を流すことでした。

孤児院が停電するほどの強力な電流を体に流してしまいましたが、5巻のエピソードによると、実際はオースの町のほとんどが停電していたとのことです。

ちなみに、レグは電気もエネルギーに変えることができるので、これほどの電流を浴びても大丈夫だったのです。


レグに宿っているもう一つの人格とは?

レグは第5巻で、イドフロントの管理者にして、白笛の探掘家・ボンドルドと戦うエピソードがありますが、戦いの前にレグは電気を吸収しすぎた原因なのか、別人のような形相になっていました。

意識もほとんどなく、まるで本能に任せて戦っているような感じです。

ナナチの尽力で、どうにか意識を戻すことができましたが、その際レグは、「僕の中に幾つもの誰かがいるような感覚があった、そのうちの一人に意識を乗っ取られたみたいだった」と言っています。

この時、レグはイメージでヘルメットを目深にかぶって、手のひらに爪をつけたレグの姿(ライザの封書に書かれてたヒトガタに酷似している)と、ライザの姿そのものが出てきます。

このセリフから、レグはどうやら多重人格であることがわかるのですが、それがなぜ、ライザと関りがあるのかはわかっていません。

レグはリコと出会ってからは、極端に人柄が変わったような様子はないので、レグの人格が変わるには戦闘のように追い詰められたときか、何か他に条件があるようです。

あるいは、今のレグは記憶を失ったために造られた人格で、本当のレグはもっと違った性格かもしれません。

「メイドインアビス」レグの正体を知る者の証言一覧

オーゼンの証言

「レグ…あの子…やはり探掘の技術は飲み込みが速かったね」

メイドインアビス第3巻オーゼンのセリフより

おすすめの記事