【ワンピース】ルナーリア族の正体を徹底考察!月の神説やニカとも関係している?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ワノ国編で麦わらの一味やモモの助達と大戦を繰り広げた百獣海賊団の大看板 ”キング” が、「ルナーリア族」という種族であることが判明し話題になりました。

今回はそんなルナーリア族について、徹底的に解説・考察していきます。

ルナーリア族について判明している情報を解説


まずは、ルナーリア族について判明している情報を振り返っていきましょう。

ルナーリア族の特徴は「黒い羽根」「白髪」「褐色の肌」と「発火能力」

 

ルナーリア族とは、ワノ国編で初めて名前が明かされたワンピース上の種族です。

後述しますがルナーリア族はすでに絶滅したといわれているため、詳細な情報は判明していません。

その中で、ルナーリア族の身体的特徴は以下のように語られています。

  • 黒い羽根
  • 白髪
  • 褐色の肌
  • 発火能力

ルナーリア族とは「絶滅したハズ」の種族

ルナーリア族は一般的には絶滅したと言われている種族で、この後紹介する「キング」というキャラクターが唯一の生き残りとされています。

ルナーリア族がなぜ絶滅したのかは判明していません。

ただ、ルナーリア族は

  • 政府に知らせるだけで1億ベリーの報奨金がもらえる
  • 唯一の生き残りであるキングは少年期に政府の実験施設に囚われていた

ということもあり、絶滅の理由に政府が関わっている可能性は高いといえます。

ルナーリア族とは「自然界のあらゆる環境下で生存できる怪物」

 

ルナーリア族は百獣海賊団のクイーン曰く

「自然界のあらゆる環境下で生存できる怪物」

とのことで、実際にルナーリア族のキングは囚われていた実験施設で「耐久実験」を受けていたそうです。

また、ワノ国編での戦闘シーンではゾロやサンジの攻撃を受けてもダメージを受けていない様子が描かれていました。

ルナーリア族の生き残りである「キング」とは?

次に、ルナーリア族の唯一の生き残りと言われているキングについてみていきましょう。


カイドウ率いる百獣海賊団の「大看板」

 

キングとは「最強の生物」と呼ばれているカイドウが率いる百獣海賊団の「大看板」の一人です。

大看板とは、百獣海賊団の最高幹部でカイドウの腹心であり、懸賞金は各人10億ベリーを超え“災害”と称される実力者です。

火災のキング
名前アルベル
種族ルナーリア族
懸賞金13億9000万ベリー
懸賞金ランキング10位
悪魔の実リュウリュウの実 古代種 モデル:プテラノドン

大看板にはキングのほかに「クイーン」と「ジャック」がいます。

疫災のクイーン
名前クイーン
種族絡繰人間(サイボーグ)
懸賞金13億2000万ベリー
懸賞金ランキング12位
悪魔の実リュウリュウの実 古代種 モデル:ブラキオサウルス
旱害のジャック
名前ジャック
種族タマカイの魚人
懸賞金10億ベリー
懸賞金ランキング14位
悪魔の実ゾウゾウの実 古代種 モデル:マンモス

なお、クイーンについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

キングは世界政府の実験施設に囚われていた

すでに少し触れましたが、キングは少年期に政府の実験施設に囚われており耐久実験を受けていました。

そして、その実験施設でカイドウと出会い百獣海賊団を立ち上げたのです。

その後、ワノ国編でルフィ達と衝突して敗れ、ワノ国に来た海軍本部大将 緑牛に倒された後の詳細は判明していません。

キングの詳しい経歴やその他の情報はこちらの記事で解説しています。ぜひチェックしてみてください!

ルナーリア族の正体は「月の神」なのか?

ここからはルナーリア族の正体について考察していきましょう。


ルナーリア族の語源は「月世界の住人」

ルナーリア族の正体は語源に隠されていると思われます。

ルナーリア族という名前は英語圏で「Lunarian」と翻訳されており、ここから更に日本語に翻訳すると

  • 月世界の住人

という意味になります。

読者の皆様はご存じの通り、ワンピースの世界において「月」は非常に重要なワードです。

ワノ国編でも月というキーワードは頻出しており、ワンピースの「世界の謎」に絶対に欠かせない言葉である事が分かりますね。


おすすめの記事