【鬼滅の刃】猗窩座とは?強さに執着する鬼の過去から泣ける最後までご紹介!
出典:鬼滅の刃公式Twitter
スポンサーリンク

猗窩座は炭治郎の前に初めて現れた上弦の鬼であり、凄まじい強さを見せつけました。
そんな彼の過去は意外にも泣けるものだと話題なんです。
また、猗窩座という名前にも込められた意味があるのをご存知ですか?

そこで今回は猗窩座の過去から彼の強さに至るまでを余すことなくお話しさせていただきます。

【鬼滅の刃】猗窩座とは?

まずは猗窩座がいったいどのような鬼なのかをご紹介させていただきます。

十二鬼月 上弦の参

十二鬼月とは鬼の中のエリート集団であり、鬼舞辻無惨に多く血を分け与えられた12体の鬼たちです。
十二鬼月は上弦と下弦に分かれており、上弦の壱が1番力を持っているとされています。

冒頭でも軽く触れましたが、猗窩座は炭治郎たちの前に初めて現れた上弦の鬼です。
上弦の中でも3番目に強い「上弦の参」という階級が与えられています。

弱者を嫌い、強者を好む性格

猗窩座は弱いものを極端に嫌います。
初めて炭治郎の前に姿を見せた際、突然手負いの炭治郎に殴りかかりました。
煉獄杏寿郎に理由を問われると、炭治郎を話の邪魔になると言い、弱者を見ると虫唾が走るとまで言ったのです。

また猗窩座は強者を好み、強いものには敬意を表します。
それだけではなく、同胞になり共に戦うことを持ちかけるのです。

大正コソコソ噂話より
無限城にいる時は基本的に無口で、鬼殺隊士を前にすると饒舌になるのは、人間が好きだからだと思います。
過去に猗窩座が勧誘して鬼となった人の中にも強者になれそうな人はいましたが、みんな死にました。
スポンサーリンク

【鬼滅の刃】猗窩座のかわいそうな過去

猗窩座の過去はかわいそうなものだったと話題ですよね。
ここからは猗窩座の過去に迫ってまいります。

人間だった頃の名前は狛治

猗窩座が人間だった頃の名前は狛治(はくじ)です。

後に師範となる慶蔵に「ハクジのハクはこれか、狛犬の狛かあ、なるほどな。お前はやっぱり俺と同じだな、何か守るものが無いと駄目なんだよ、お社を守っている狛犬みたいなもんだ」と言われるのでした。

病気がちな父のために前科者に

狛治の父は体が弱く病気がちでした。
狛治は父の薬を買うために盗みやスリを繰り返し、両腕には3本ずつの罪人の刺青が刻まれたのです。

慶蔵と恋雪との出会い

狛治の父は狛治が真っ当に生きていくことを願っていました。
人様から金品を奪ってまで生きながらえたくはない、と狛治が奉行所につかまっている間に自ら命を断ってしまったのです。
江戸で所払い(江戸を追い出された)の刑を食らった狛治は、貧しさ故に父が自ら命を断つことになった怒りをぶつけるかのように、襲いかかる7人の大人たちを殴り倒したのです。

その様子を見ていた慶蔵素流の道場を持つ慶蔵は感心し自分の道場の門下生になるよう言い、自分にもかかってくるように言いました。
殴りかかる狛治でしたがあっという間に慶蔵に気絶させられてしまうのでした。

こうしてなかば強引に門下生となった狛治に任されたのが、体の弱い慶蔵の娘、恋雪(こゆき)の看病だったのです。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事